30代の未経験転職は厳しいけど乗り切れる!この9点を抑えれば大丈夫

こんにちは、Kumaです

30代になったら未経験の仕事に挑戦することは難しいし、転職したくても選考通過率が低いからチャレンジできないと思っていませんか?

確かに、テレビCMが言うほど自由に転職活動はできませんし、未経験の仕事に応募すると20代の頃と比較すると選考通過率もかなり落ちます

転職活動が厳しい、無理なのかな・・と思ってしまうかもしれませんが、ポイントさえ抑えれば30代でも未経験の仕事にチャレンジできるはずです

今回は30代でも未経験の仕事に挑戦できる理由や、未経験職種・業種に転職する上で抑えるべき9つのポイントをご紹介します

転職活動でつらい思いをしている方、今からでも未経験の仕事に挑戦したい方はぜひ最後まで読んでみてください

目次

30代でも未経験職種への転職は可能!

以下の理由により、30代でも未経験の仕事に挑戦できます

  • 異業種・異職種でも活かせるスキルはある
  • 実績を作れていることが条件

異業種・異職種でも活かせるスキルはある

30代になると業務経験をしっかり積んでいる人が多いため、どの業種やどの職種でも使える汎用的なスキルを持っているケースが多いんです

  • 特に課題設定・解決力、マネジメント力、社内外対応力が重要
  • 目指したい職種と今の職種の共通点を探す
  • それらの共通点で活かせるスキルをアピールする

専門スキルはもっていなくても、社会人としての汎用的なスキルを持っていれば、チャレンジを受け入れてくれる企業もあるんです

実績を作れていることが条件

今の仕事で実績を作れていれば、未経験でも採用してくれる企業は圧倒的に増えます

  • 企業は「成果を出せる人」を求めている
  • 「今の仕事で成果を出せてるなら新しい仕事もやり抜いてくれるだろう」と考える
  • 成果がないと「成果が出ないまますぐに辞めるのかな」と思われることも

正直、何かしらアピールできる成果がないと採用されづらく、採用されても入社後に苦労する会社であるケースが多いでしょう

30代から未経験の仕事への転職が厳しい理由

そもそも、30代から未経験の仕事に転職するのが厳しい理由には以下の2つが挙げられます

  • 即戦力を求められやすいから
  • 未経験OKな求人は少ないから

即戦力を求められやすいから

30代になると社会人経験が長い人がほとんどなため、入社してから即戦力になってくれることを期待されます

未経験職種だと即戦力になりづらい
20代なら若さと体力が売りになるのでポテンシャルで採用されるケースが多い
30代になると出した実績を転職先でも出すことが求められる

実績をもとに転職先が決まるのが20代転職との違いなんです

未経験OKな求人は少ないから

30代になると、応募できるポテンシャル求人が激減します

  • 30代前半までならポテンシャル求人に応募できるケースも
  • 35歳がポテンシャル求人のボーダーだったりする
  • 30代向けの求人のうち、未経験OKなものは34%程度

30代になると未経験でも応募ができる求人自体、かなり減ってしまうためチャンス自体もかなり減ってしまうんです

実際の30代の転職事情

30代になるとある程度の人が転職を一度は経験しているケースが多いようです

30代で転職を経験している人の割合

30代のうち、53%が少なくても人生に1度は転職を経験しています

  • 30歳を節目に一度は転職を考える人がほとんど
  • 転職を経験している53%のうち半数は未経験の業種に転職している
  • 30代後半になると転職をする人の数がガクッと減る

転職に興味があるなら、選考通過率が比較的高い30代前半のうちに経験しておきたいですね

https://bearsdiary.xyz/2021/12/11/%e3%80%90%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%9130%e4%bb%a3%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0/

30代のよくある転職理由は?

順位転職理由
1位給与が低い・昇給が見込めない
2位昇進・キャリアアップが望めない
3位スキルアップしたい
4位労働時間に不満(残業が多い/休日出勤がある)
5位尊敬できる人がいない
6位個人の成果で評価されない
7位会社の評価方法に不満があった
8位社員を育てる環境がない
9位離職率が高い
9位社内の雰囲気が悪い
出典:https://doda.jp/guide/reason/#movingPosition02

30代の転職理由として一番多く挙げられたのは給与アップやキャリアアップでした

  • 上位の転職理由は20代の転職理由ランキングとあまり変わらない
  • 30代で急上昇したのは「個人の成果を評価されたい」という理由
  • 20代に頑張っても評価されなかったと感じる人が増える

求人数を見ても、別の仕事や会社にチャレンジできる最後のチャンスが30代だと感じる人が多く、特に30歳という節目で転職を考える人が多いんです

30代後半になると転職状況が厳しいかも

年齢転職して年収アップした転職して年収は現状維持転職して年収が減少
30~34歳41.126.731.9
35~39歳37.427.233.7
出典:https://www.mhlw.go.jp/toukei/itiran/roudou/koyou/doukou/21-2/dl/gaikyou.pdf

30代後半になると、未経験の転職どころか年収・キャリアアップの転職を出来る人も減ってしまいます

  • 転職をすることで年収が上がらない人の割合が4%も増えた
  • 転職で年収が上がることが転職成功の1つの指標
  • 年収が下がって仕事への満足度が今以上に下がるなら転職失敗

家族や今の仕事のプロジェクト進捗など、転職を躊躇する理由は色々ありますよね

それでも、今チャレンジしなければ後から後悔する可能性は高いでしょう

10年後、20年後で「あの時、チャレンジしていれば、どんな人生だったかな・・」と思う人多いと聞きます

もしまだ30代前半なら、早めに動いてどんなチャンスがあるのか調べるだけでも、挑戦するべきか否か判断する材料を増やせます

まずは、今の状態でどんな仕事に挑戦できるのか調べるところから始めましょう

https://bearsdiary.xyz/2021/12/11/%e3%80%90%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%9130%e4%bb%a3%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0/

コロナ禍で30代の転職希望者が増えている

コロナ禍になってからというものの、2019年以前よりも転職したいと考える人が増えているようです

  • コロナで倒産する会社が多かった
  • 自分の会社がいざ倒産した時のために行動を起こす人が多かった
  • リストラの可能性もあるので、自分の身を自分で守りたいと考える

情報収集をしていると、思いのほか良い求人に出会ってしまうこともあります

ただ準備をするだけ、と思っていてもキャリアップの機会を見つけて転職する人が増えているんです

30代の異業種・異職種への転職に成功した割合

30代から異業種への転職に成功した人の割合は意外にも多いんです

30代で別の業界に転職できた人の割合

30代から異業種への転職をする人のうち、60%近くもの人が成功しています

  • 以前の職種の経験を活かして業界をずらす人が多い
  • 職種の経験をアピールすれば活躍するイメージを持ってもらいやすい
  • 引き継げるスキルや経験則もあるので即戦力に近い採用になる

業界だけ未経験の場合、業界知識や商品知識がなくても前の仕事から引き継げるスキルや思考、行動が多いはずです

特に成長している業界では「業界未経験歓迎!」という求人が多いため、転職成功率がかなり上がります

業界をずらして転職したいという方は、将来性が高い、成長している業界を狙ってみると良いかもしれません

https://bearsdiary.xyz/2022/01/28/%e5%b0%86%e6%9d%a5%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%97%e3%81%a6%e5%85%a5%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/

30代で別の職種に未経験から転職できた割合

30代で未経験で新しい職種に転職できた人の割合は比較的低く、28%程度でした

  • 未経験職種だと過去の経験や実績を適用しづらい
  • 入社してから成果を出すまで時間がかかってしまう
  • 採用企業は30代の転職者には早い段階で成果を出してほしいと考える

30代の転職者にはあくまでも早いうちから成果を出してほしいと考える企業が多く、未経験採用のハードルがかなり上がるんです

30代で転職するメリットとデメリット

今から転職を検討するのであれば、転職をするメリットとデメリットを把握しておくと、後悔のない選択をしやすくなります

30代で転職するメリット

30代で転職をするメリットには以下のようなものが挙げられます

  • 過去の実績や経験を元にマネージャー職などキャリアアップしやすい
  • 経験職種・業界なら特に給与アップも狙える
  • 未経験業界・職種にチャレンジできる最後のチャンスでもある

キャリアを1つ上のレベルに動かしやすいタイミングであると同時に、キャリアを別フィールドに移せる最後のチャンスでもあるのが30代の転職なんです

30代で転職するデメリット

今から転職するデメリットとしては、以下のものが挙げられます

  • 一時的に給与が下がってしまうことがある
  • 未経験職種のチャンスが20代ほど多くない
  • 家庭を持っていると挑戦を理解してもらえないことも

30代になると、あなたの転職があなた自身だけの問題ではないかもしれません

どんなに挑戦したいことがあっても、家族が認めてくれないとチャレンジできないでしょう

どうしても興味があるのであれば、慎重に相談しながら転職活動を進めていくことがおすすめです

30代から未経験職種の転職をすると年収が下がるかも

未経験の業種は年収維持やアップできる可能性はありますが、未経験職種だとほとんどの場合は年収が少し下がるでしょう

  • スキルや実績を活かせないポイントが多い
  • 仕事の経験値によって給料を決める企業がほとんど
  • 経験値とスキルが少ない以上、給与ダウンは免れない

新しい仕事にチャレンジしたいのであれば、ある程度の年収ダウンには目をつぶった方が転職を成功させやすいでしょう

20代と30代の転職の大きな違い

20代と比べると、30代の転職は時間がかかるケースが多いでしょう

  • 20代よりも採用コストが高い分企業は採用に慎重
  • スカウトの数が20代よりも減るので応募できるチャンスも減る
  • 30代の転職サポートに慣れたエージェントを活用することで手間を減らせる

エージェントを活用すれば定期的にフォローアップや売り込み活動をしてくれるので、あなたの採用を検討してくれる可能性が上がります

30代で転職のチャンスが減っているからこそ、エージェントに相談してできるだけ多くのチャンスに触れましょう

https://bearsdiary.xyz/2021/12/11/%e3%80%90%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%9130%e4%bb%a3%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0/

30代で未経験の仕事に挑戦したい場合にやっておくべき9つのこと

30代から未経験の仕事に挑戦したいのであれば、以下の9つのポイントをできるだけカバーしておくと転職成功の確率が上がります

  • 希望条件に優先順位をつけること
  • 経験者が少ない職業を探すこと
  • 無理なく続けられている作業を整理しておくこと
  • 転職セミナーやイベントで情報収集すること
  • 未経験職種・業界だからこそ勉強はしておくこと
  • しっかり業界・職種・企業研究をすること
  • あなた自身の強みや弱みの分析をしておくこと
  • 徹底的に書類・面接の対策を行うこと
  • 未経験転職に強いエージェント利用すること

希望条件に優先順位をつけること

未経験の仕事に挑戦する場合、譲れるポイントと譲れないポイントを明確にしておくことで必要以上に落選するリスクを抑えられます

  • 未経験の仕事への転職は全てを理想通りには進めない
  • 年収、休み、仕事内容のどれかを妥協しないといけないことも
  • 何を一番優先させて、何を妥協するのかを決めることでスムーズに選考が進む

未経験の職種・業種への転職は、諸条件を含め、あなたの望みが全て叶うことはほとんどないでしょう

譲れないポイントとそうでないポイントを明確にして、譲れないポイントを死守できる転職にしましょう

経験者が少ない職業を探すこと

経験者が少ない職業を探すことで、未経験者でも選考を通過しやすくなります

  • 経験者が少ない仕事は社内の教育制度がしっかりしている
  • ライバルが少なく、内定を獲得しやすい
  • 工場の生産管理やビル施設の管理、Web関係の仕事など

経験者が少ない仕事には、仕事自体がレアであるケースと、業界が伸びていて経験者が需要に対して足りていないケースの2つがあります

特に需要が高まっている仕事だと将来的にも収入を作りやすくなっているので、長期的にも働きやすい仕事でしょう

経験者が少ない職業、特に成長している業界に転職することで新しい挑戦をしやすくなるはずです

https://bearsdiary.xyz/2022/01/28/%e5%b0%86%e6%9d%a5%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e6%a5%ad%e7%95%8c%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0%e3%81%a8%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%81%97%e3%81%a6%e5%85%a5%e3%82%8b%e6%96%b9%e6%b3%95/

無理なく続けられている作業を整理しておくこと

無理なく続けられる作業を整理しておくことで、未経験の仕事の中からあなた自身に合う仕事を選びやすくなります

  • 面白そうと思う仕事にも、必ず嫌な作業や業務は存在する
  • 嫌な業務や作業が致命的に嫌であれば辞めるきっかけになりやすい
  • どうしても嫌な作業を避けることができれば挑戦に挫折しづらい

せっかく新しい仕事に挑戦しても、「やっぱ嫌だったわ」と感じてしまう可能性もゼロではありません

そんな状況を避けるためにも「この作業だけは絶対にしたくない」というものを先に決めておきましょう

仕事探しの時に「この仕事に興味あるんですけど、〇〇の作業ってありますか?」と確認して嫌な作業を避けられるはずです

転職セミナーやイベントで情報収集すること

ネットだけでなく、実際に興味のある業界や職種で働いている人から直接情報を仕入れることで信憑性の高い情報を入手できます

  • 実際に働いている人の業務内容を聞いて興味を持てるか確認できる
  • あなた自身が持っている疑問を現役の人に聞ける
  • 特にその仕事で「しんどい、嫌な作業」の情報は得づらい

面白そうな仕事や作業を知ると同時に、その仕事の嫌な部分とも向き合うことでミスマッチの少ない未経験転職が実現できます

直接会ったりオンラインなどでセミナーを受講するなどして、生の情報と触れる機会を作りましょう

未経験職種・業界だからこそ勉強はしておくこと

未経験の職種・業種に挑戦するのであれば、必要となる知識を事前に勉強を始めることで挑戦への意欲をアピールできるようになります

  • 企業は研修・教育をしなくて良いならしたくない
  • 未経験の仕事に挑戦する場合でも、勉強して多少知識を持っている人を優先する
  • 「興味あるっていう割に知識ないんだね」と言われて採用見送りになるケースも

未経験OKな求人だからといって本当に何の知識もなく応募すると「やる気ないのかな」と思われるケースもゼロではありません

実務経験がないからこそ、知識である程度のビハインドを補填して採用される可能性を上げましょう

しっかり業界・職種・企業研究をすること

未経験の業種・職種は、しっかりと仕事内容や業界の状況・トレンドを調べておくことで入社後のミスマッチを防げます

  • 採用担当が話している内容が100%正しいとも限らない
  • ネット情報や他社のセミナー情報を参考にする必要がある
  • 業界・職種の研究、企業研究ができればアピールにもなる

企業の採用担当は、あくまでもあなた自身を採用することが目的です

業界が抱えている課題や問題を100%伝えてくれるとは限らず、入社してから「え、こんな状況だったの?」なんて驚くこともあるでしょう

未経験の職種や業種に挑戦するということは、今の安定した状況を放棄するというリスクを取るということでもあります

受ける会社だけでなく、他社のセミナー情報やネット情報などと合わせて業界・仕事を理解しておき、最大限リスクヘッジをして転職の成功を狙いましょう

あなた自身の強みや弱みの分析をしておくこと

未経験の仕事に挑戦するからこそ、活かせる強みや弱みを分析しておくことで何をアピールすれば良いのかが明確になります

  • 未経験の職種や業種だとこれまでの経験を100%活かせるわけではない
  • 活かせる強みを伝えることで採用企業も安心して未経験人材を受け入れられる
  • 強みが伝わらないと「未経験だし、活躍してくれないだろうな」と思われる

あなたは、自身が持っている強みや弱みを理解していますか?

これらを他人に伝えられない状況だと面接でもあなたの良さが伝わらず、せっかくチャンスを得られても内定までたどり着けないでしょう

未経験の職種・業種に挑戦するからこそ、強みや弱みをしっかりと分析しておく必要があるんです

私も一時期、仕事をしながら本やネットの情報をもとに自分の強みや弱みを分析していましたが全然うまくいかず、半年間も時間を無駄にしてしまいました

その間選考を通過することはなく、段々「そもそもこれが自分のやりたいことなんだったっけ?」と思うようにもなったんです

そこで、私はプロに自己分析を手伝ってもらい、強みと弱みを明確にすることにしました

その結果、たった2か月で自分の強みが明確になり、未経験の職種への面接でもスムーズに内定を獲得できたんです

30代の転職活動は応募できる求人数が20代より減るからこそ、1つ1つのチャンスを活かせなければそもそも挑戦するための内定すら書く時できません

まずは自己分析であなたの強みと弱みを分析して、未経験の仕事から内定をもらう一歩を踏み出しましょう

特にポジウィルは自己分析を手伝ってくれるだけでなく、向いてる仕事や適職に転職するための書類や面接の準備まで手伝ってくれます

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

↓【無料】まずは45分間のコンサルを受けてみる↓
https://posiwill.jp/career/

徹底的に書類・面接の対策を行うこと

応募書類や面接の準備は徹底的に行い、1つ1つの選考通過率を最大限アップしておきましょう

  • 第一志望の会社があるならその会社用の書類を作っても良いぐらい
  • 面接の回答も各企業ごとに作成しておく
  • 応募企業がどんな人材を求めているのかエージェントに確認する

応募する会社が求める人材に合わせてあなた自身をアピールできれば、よほどカルチャーのミスマッチがない限りは選考に通過するはずです

エージェントにはこまめに情報をアップデートしてもらい、最大限合格するための準備を行いましょう

未経験転職に強いエージェント利用すること

未経験の職種や業界に転職するのであれば、30代の未経験転職に慣れているエージェントを頼ることがおすすめです

  • 30代の転職は経験者の転職の方が多い
  • 未経験転職に慣れていないエージェントだと選考通過率が低い
  • チャンスが限られているからこそ、未経験転職に慣れているエージェントを頼るべし

適当なエージェントから応募してしまうとエージェントのフォローが足りず採用見送りになってしまいやすくなります

30代の未経験OKな求人はかなり少ないので、1つ1つのチャンスをモノにするためにも未経験転職に慣れているエージェントを頼りましょう

以下の記事では特に30代の未経験転職に慣れているエージェントをご紹介しているので、最低でも3つのエージェントには相談しましょう

その中から一番仕事をしてくれそうな、頼れるエージェントを選べば未経験からの転職も成功しやすいはずです

https://bearsdiary.xyz/2021/12/11/%e3%80%90%e6%9c%80%e6%96%b0%e7%89%88%e3%80%9130%e4%bb%a3%e5%90%91%e3%81%91%e3%81%8a%e3%81%99%e3%81%99%e3%82%81%e8%bb%a2%e8%81%b7%e3%82%b5%e3%82%a4%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0/#toc13

未経験でも30代から目指せる職業ランキングTOP3

特に以下の仕事は需要がかなり伸びており、一度スキルを身に付ければ長期的にこれらの職種で食べていけるはずです

  • ITエンジニア
  • デジタル・Webマーケター
  • Webデザイナー

ITエンジニア

ITエンジニアとは、ITシステムやWebサービスなどの仕組みを作り上げる仕事や人を指します

  • スマホやパソコンがないと今の社会は回らないので需要はほとんど落ちない
  • 現時点でプログラミングができるIT人材が足りておらず各企業は採用・教育に必死
  • 未経験求人が多いのでプログラミングスキルを身に付ければ今からでも挑戦できる

ITエンジニアの中でも保守運用を担当するような仕事であれば初心者でも挑戦しやすく、採用のハードルは低いでしょう

保守運用の仕事をしながらプログラミングスキルを磨いて、少しずつサービスの開発に挑戦したりITコンサルタントに挑戦すれば、年収も上げやすくなります

ただ、未経験からITエンジニアに挑戦するには、ある程度の知識とスキルが必要になります

独学で勉強することもできますが、プログラミングスキルの独学で勉強した時に挫折する人が多く、勉強を始めたたった10%程度の人しかスキル習得ができていません

分からない点があった時に質問ができず、疑問が解消されないまま勉強を続けていくうちに理解が追い付かなくなってしまうんです

ただ、以下のスクールで勉強すれば、未経験からでも実際にエンジニア系の職業に転職できた人の割合は90%以上です

今後需要が衰えることがない仕事とスキルを身に付けて、今から新しい職種に挑戦しませんか?

少しでも勉強やスキル習得に不安があるなら、まずは無料で相談に乗ってもらい、本当に勉強を続けてスキルを身に付けられるのか、確かめてみましょう

ITエンジニアに挑戦できそうか無料で相談してみる

デジタル・Webマーケター

デジタル・Webマーケターとは、Googleなどの検索エンジン、InstagramやFacebookなどのSNSを活用したマーケティングを行う職種です

  • コロナ禍をきっかけにオンラインで購買をする人が激増した
  • BtoBのサービスでもオンラインマーケティングが増えている
  • 業界的に人手不足で未経験OKの求人が多い

特にこれまで営業職を経験しているのであれば、広告営業という職種からデジタル・Webマーケティング業界に入りやすいでしょう

数年経験したあと、実際に広告内容を考える広告プランナーや実際に広告を運用する側に挑戦できたりします

ITエンジニアと同様、需要が落ちるどころか慢性的に人手が足りていないので、未経験からでも挑戦しやすい仕事です

知識やスキルを先に身に付けておけば、企業や人との相性次第ではほぼ採用してもらえると言っても過言ではありません

未経験で挑戦できるからこそ何も勉強せずに応募する転職者もいますが、そういう人たちは意外にも選考通過率は低く、20代でも挑戦することにすら失敗しています

先にマーケティングの知識を身に付けて、ほぼ即戦力として未経験OKな求人に応募できれば採用される確率はかなり高いでしょう

特に以下のスクールであれば、マーケティングスキルが身につくだけでなく、実際の仕事探しまでサポートしてくれます

未経験から勉強して転職に成功した人が多いので、信頼できるスクールです

勉強や仕事についていけるか不安な方は、まずはどんな仕事なのかを相談ベースで教えてもらい、実際にやっていけそうか判断してから勉強してみると良いかもしれません

今なら無料で相談に乗ってくれるので、まずはどんな勉強からスタートするのか質問するところから始めましょう

未経験からWebマーケティングの勉強を始める方法を無料で聞いてみる

Webデザイナー

Webデザイナーとは、AmazonやGoogleのサービスを実際に使う時の画面デザインなどを考えて実装する人や職業です

  • どんなサービスや会社でもWebページやサービス画面が必要
  • 開発チームにデザイナー担当は必ずいる
  • Webサービスが増えてきている今、需要も伸びている

IT系のサービスが増えてきているからこそ需要が高まっており、未経験から挑戦しやすい仕事でもあります

フリーランス案件も多く、企業で経験を積んだあとは独立して自由な働き方を叶えることもできます

好きなカフェで仕事ができたり、ワーケーションで地方やリゾート地などで仕事をすることもできます

自由に移動ができるので、安くいろんな場所に行ってみたい方にはぴったりの生き方ができます

特に芸術的なセンスがあると言われる人であれば、活躍しやすい仕事かもしれません

ただ、Webデザインと聞くと「そんなセンスないし、無理だよ」と感じるかもしれません

しかし意外にもそんなことはなく、勉強して経験を積めば、今デザインに詳しくないあなたでもWebデザイナーとして活躍できるんです

そんなWebデザイナーには、どんな知識が必要だと思いますか?

以下のスクールであれば今なら無料で相談に乗ってくれる上、Webデザイナーになる上で必要な知識も教えてくれます

まずは無料で相談に乗ってもらい、どんな勉強から始めることになるのか教えてもらいましょう

Webデザイナーに必要な知識を無料で教えてもらう

30代の転職で役立つ資格ランキング

30代で確実にキャリアアップする転職をしたいのであれば、以下の資格を勉強しておくと良いでしょう

  • 宅建建物取引士
  • 中小企業診断士
  • MBA(Masters of Business Administration)

いずれも会社のキャリアップに直接つながる資格だったり、需要が落ちない仕事をする上で必要な資格です

その他、転職やキャリアアップに役立つ資格を以下の記事でご紹介しているので、あわせて読んでみてください

https://bearsdiary.xyz/2022/02/22/%e5%b0%86%e6%9d%a5%e6%80%a7%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%8b%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b018%e9%81%b8%e7%a8%bc%e3%81%90%e4%b8%8a%e3%81%a7%e8%b3%87%e6%a0%bc%e3%81%af%e4%b8%8d/#toc15

30代で未経験の転職を成功させる上で最初にやるべきこと

30代で未経験の職種や業種への転職を成功させたいのであれば、最初に自己分析をして強みと弱みを明確にしておく必要があります

  • 強みや弱みをベースに新しい仕事にチャレンジしないと転職してから後悔する
  • 「実は向いてなかったんだ」と気づいても転職した後だと遅い
  • 自己分析をすれば事前に失敗を防げる

せっかく今の安定した仕事を辞めて新しい仕事に挑戦するのに、今よりも悪い状況に陥ってしまってはあなたの努力が水の泡となります

状況が悪化すれば、転職を考えたこと自体を後悔することになるでしょう

一度合わない仕事についてしまうとなかなか辞めることができず、辞めたとしても経歴に傷がついてしまうので転職前と同じ待遇で仕事を探すことに苦労するでしょう

そんな状況を避けるためにも、自己分析をしてあなた自身の強みと弱みを明確にして、あなたに合う仕事を選んでチャレンジしなければなりません

ネットや本の情報を参考にしても良いのですが、半年、もしくはそれ以上の時間がかかってしまい、非常に非効率です

自己分析をしている間に応募できる求人がどんどん減ってしまうかもしれません

自己分析のプロに相談しながらあなたの強みや弱みの分析をすれば、2か月程度であなたの得意な事やどんな事に挑戦したら成功しやすいのかが明確になります

特にポジウィルは自己分析を手伝ってくれるだけでなく、向いてる仕事や適職に転職するための書類や面接の準備まで手伝ってくれます

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

↓【無料】まずは45分間のコンサルを受けてみる↓
https://posiwill.jp/career/

30代転職はつらいかもしれないけど、頑張れば乗り越えられる

確かに、30代になると応募できる求人数は減ってしまいます

未経験から応募できる求人も20代よりかなり減るので、応募できる求人や会社の幅が一気に狭くなります

つらい思いをするかもしれませんが、あなたの強みや弱みを分析すれば未経験の職種選びに成功しやすく、選考通過率も各段に上がるはずです

まずはあなたの強みや弱みを分析するためにも、自己分析のプロに今のあなたの状況を伝えて、未経験の仕事に挑戦する上でなにから始めるべきか相談してみましょう

特にポジウィルは自己分析を手伝ってくれるだけでなく、向いてる仕事や適職に転職するための書類や面接の準備まで手伝ってくれます

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

↓【無料】まずは45分間のコンサルを受けてみる↓
https://posiwill.jp/career/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です