人付き合いが苦手な人だから目指すべき仕事TOP5とは?何から取り組むべきか解説

こんにちは、Kumaです

人付き合いが苦手で今の仕事がなかなかうまくいかない、どうしたら仕事でうまくいくんだろうと悩んでいませんか?

会社で働いてると少なからず人と関わらないといけないので、人付き合いが苦手だと他の人よりも苦労してる気持ちになりますよね

今回は人付き合いが苦手なあなたの仕事がうまくいかない理由と、そんなあなたにぴったりな仕事を探す方法をご紹介します

人付き合いが苦手なあなたが今の仕事でうまくいかないのは何故?

特に日本では職場に人間関係を重視する人が多く、人付き合いをベースにビジネスをする文化があるので、人付き合いが苦手な人には厳しい環境なんです

  • 日本は1つの民族から成長した国で常識、や察することを大事にしてきた
  • 息が合わなかったり阿吽の呼吸が成り立たなかったりする人は排除する傾向にある

人付き合いが苦手な人は察することが苦手で、言われないと理解できないと考えることが多いんじゃないでしょうか?

空気を読む、察するということが億劫で疲れてしまう人にとっては仕事がしづらい環境なのかもしれません

最近は人付き合いが苦手でも稼げる仕事が増えてる!

最近は人付き合いが苦手でも、ITの発達によってパソコン1台で稼げる仕事が増えています

  • ITエンジニアやWebデザイナー、動画クリエイターなど場所を選ばずにできる仕事が普及
  • Web上に動画や写真、テキスト情報を載せたいという需要が増えてる
  • 動画や記事などの成果物を納品できれば良いケースが多い

Web系の仕事なら、どこから仕事をしても問題ないケースが多いです

Webにアクセスできるからこそ成り立つんですね

人と関わらない仕事を選ぶメリット

人と関わらんじ仕事を選ぶメリットには以下のものが挙げられます

  • 職場の人間関係で悩む必要がなくなる
  • マイペースに好きな場所で仕事ができる
  • 苦手な作業は全て外注できる

職場の人間関係で悩む必要がなくなる

人と関わらない仕事を選ぶことができれば、人間関係のストレスに苦しむ必要がなくなります

  • 会社で働いていると合わない人やお客さんと関わらないといけないことも多い
  • コミュニケーションが苦手な人からすると同僚や先輩とのコミュニケーションも疲れる

無理に人間関係を築いたり保とうとしたりすると無意識にストレスが溜まってしまい、心穏やかに過ごせなくなるかもしれません

マイペースに好きな場所で仕事ができる

人と関わらない仕事は黙々と作業をしたり成果物のみで評価されることもあるので、マイペースに好きな場所で働けることが多いです

  • ITエンジニアや動画クリエイター、Webデザイナーなどがこの特徴に当てはまる
  • 一番集中できる早朝や深夜に仕事をしても何も言われない
  • 自分に一番適したライフスタイルを実現できる

人と関わらない仕事は周りに合わせて生活する必要がなくなるので、生活する上でのストレスを最大限排除できるんです

苦手な作業は全て外注できる

特にフリーランスとして仕事をする場合は苦手な作業を外注するという選択肢も取れるので、得意なことや好きなことだけに集中できます

  • 強みや好きなことだけを活かして仕事ができるので個性を活かしやすい
  • 会社員として働いてると苦手をつぶすために頑張らないといけない
  • 好きな時に好きな挑戦ができる身軽さがある

やりたくないことや苦手なことを仕事でやらないといけないのは、創造以上に負担がかかるんです

人と関わらない仕事を選ぶデメリット

逆に人と関わらない仕事を選ぶことで、以下のような弊害もあります

  • 人と話さない仕事が特別高収入なわけではない
  • いざとなった時に頼れるのは自分だけ

人と話さない仕事が特別高収入なわけではない

高収入を得るには規模が大きな仕事や事業に関わることが鉄則ですが、人と話さない仕事は1人で完結するので超高収入を目指せるわけではありません

  • 大規模プロジェクトで大金が動く仕事は、何百人、何千人という人が関わる
  • 人と関わらない仕事は1人で出せる程度の価値しか出せない
  • 満足でこいる年収を明確にして、1人で働いたらその年収を満たせるか確認する必要がある

スティーブジョブズは確かにすごい人ですが、1人でiPhoneやMacを開発したわけではありません

どうしても1人で出せる価値には限界があるからこそ、収入にも限界があることを頭の片隅に入れておきましょう

いざとなった時に頼れるのは自分だけ

1人で働いていると、仕事で失敗したりケガや病気をした時でも全て自分で責任を取らなければなりません

  • 会社員は仕事で失敗したら上司が責任を取ってくれる
  • ケガや病気をしたら会社が有休を出してくれるので収入が保証されてる

人と関わらない仕事は自分以外に頼る人がいないので、何かあった時には自分でなんとかしなければならない、ということを覚えておきましょう

今の仕事より向いてる適職を探したいなら踏むべき2つのステップ

以下の2ステップを踏めば、人付き合いが苦手で今の仕事より向いてる適職を探し出すことができます

  • 自己分析をして強みや適職を分析する
  • 適職に最短で転職する

自己分析をして強みや適職を分析する

人付き合いが苦手あなたが活躍できる適職をするためにも、まずは自己分析をしてあなたの強みを活かせる適職を分析する必要があります

  • 今の職場は人付き合い以外にもあなたが苦手としていることがあるはず
  • 苦手なことをしていると頑張っても成果が出づらく、仕事に苦手意識を持ちやすい
  • 強みを活かせる仕事なら、今の頑張りで成果は確実に出るはず

あなたの強みは何ですか?

もしあなた自身の強みがまだ分かっていないのであれば、まずは自己分析をして強みを分析するところから始めましょう

私も働き始めた当初は自分の強みが分からず、どう頑張れば良いのかわからなかったので上司や先輩に怒られてばかりでした

自分では頑張っているつもりでも、求められていたことが全然できておらずミスばっかりしていたんです

最初の会社からは逃げるように転職しましたが、結局自分の強みがわかっていないので次の会社でも似たような状況に陥りました

活かせる強みがわからないと、頑張りようもないんです

そこで私は半年以上もの時間をかけて自己分析をして、自分の強みや向いてる働き方を明確にしました

その結果、今は自分の強みを活かして仕事ができていますし、自分が挑戦したいと思っていることもがんばれています

年収も当時から150万円程度上がっているので、自己分析をしておいて本当に良かったと感じています

あなたも、強みを活かして苦手な人付き合いのいらない仕事をしたいなら、どんな強みを活かしてどんな適職に取り組むかを明確にしましょう

とはいえ、半年もかけて自己分析をするなんてめんどくさいし、「その間に別のところ転職してるわ」なんて人もいると思います

最初に自己分析を始めた時、私はネットや本の情報を参考に自己分析を始めていました

ただ、それらだけでは自分の強みも何もわからず、正直無駄な時間を過ごしたなと感じています

一番おすすめなのは、キャリアコーチに自己分析を手伝ってもらうことです

一人で自己分析をしたら半年以上かかる自己分析でも、キャリアコーチを頼ることでたった2ヶ月で自己分析が終わってしまいます

特にポジウィルなら自己分析だけでなく、適職に挑戦する上で必要な職務経歴書の準備や面接の対策まで手伝ってくれます

今なら45分間、無料でキャリアを見つめ直すためのキャリアコーチングをしてくれるので、無料相談だけでも得意なことや適職の糸口が見つかるかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある人は一旦無料相談の日時調整をしておきましょう

>>【無料】45分間のキャリアコーチングを受けてみる

強みを活かせる適職に最短で転職する

強みを分析したら、その強みを活かせる職場にいち早く転職することで、早いうちから活躍できるようになるはずです

  • 強みを活かせない職場で仕事はうまくいきづらい
  • 今の仕事にこだわらなくてもあなたの居場所はある
  • エージェントを頼ればネットに載ってない非公開求人にも応募できる

働きながら転職先を探すのであれば、エージェントを頼ることがおすすめです

自分でネットなどから求人を探すのも良いのですが、働きながら20も30もの求人に応募して選考の準備をするのはかなりめんどくさいです

しかも、ネットに載っている求人は競争率が高いことが多く、応募してもなかなか通らない、なんてこともよくあります

エージェントなら、転職活動で必要な以下の全てを手伝ってくれます

  1. 求人探し
  2. 職務経歴書の作成
  3. 求人の応募管理
  4. 選考ステップごとの企業フォローアップ
  5. 内定時の交渉

一人で求人に応募したらこれらを全部やらないといけないので、器用にマルチタスクができない限りはかなり手間取ってしまうでしょう

特にエージェントは採用するべきかなやんでる企業に対してあなた自身を売り込んでくれます

面接後のフォローによって合否が覆ることもあるので、本当に採用されたい!と思っている企業に応募する際はエージェントに協力してもらって選考通過率を上げましょう

私の知り合いには、エージェント経由で企業に応募し、未経験の職種に転職する上で150万円以上の年収アップを叶えた人がいます

その人はなんとエージェント100社以上に会って協力を仰ぐエージェントを見つけたそうです

100人以上ものエージェントに会えば、信頼できるエージェントが見つかるのは間違いありませんね

とはいえ、働いているのにエージェント100社と話すほど暇じゃないし、なによりめんどくさい、と感じる人が多いと思います

100人は確かに数字として大きいですが、5から10程度のエージェントに一度話をしてみることで、本当に信頼できるエージェントは1つぐらい見つかるはずです

以下の記事ではエージェントをいくつかご紹介しているので、エージェントに相談したいと思ってる方は参考にしてみてください

人付き合いが苦手でも今の仕事を続けたいなら取るべき6つの対処法

もし人付き合いは苦手でも、何かしらの事情で今の仕事を続けようと考えているのであれば以下の6つの対処法を実践すると良いでしょう

  • ネガティブな感情や思いを吐き出す前に深呼吸をする
  • 不満がある場合は理性的に伝える
  • 特に気が合う人を探して仲良くする
  • 苦手な人とは距離を取るようにする
  • 謙虚な気持ちを持って人と接する
  • 思い切って同僚や先輩に話しかけてみる

ネガティブな感情や思いを吐き出す前に深呼吸をする

仕事で苛立ったり怒りを感じたりした時は深呼吸をして一息つきましょう

  • ネガティブな気持ちや感情を顔や言葉、行動に出すと周りから孤立しやすくなる
  • 最低限人と関わらないと会社の仕事は回らない
  • せめて嫌われないために、笑顔を心がけるようにする

あなたの表情に恐怖や壁を感じてあなたと関わることをやめようとする人は必ずいます

最低限働きやすい環境を作るためにも、嫌な気持ちになった時はまずひと呼吸置いて、お茶かコーヒーでも飲んで落ち着くようにしましょう

不満がある場合は理性的に伝える

仕事をする上で不満や要望がある場合は定期的に伝えるようにしましょう

  • 不満がたまって突然爆発することもある
  • 貯まりたまったものが爆発しても周りの人は理解してくれない
  • 「急に起こり始めた、怖い」なんて思われたら職場で働きづらくなることも

他人と仕事をしている以上、不満は出てくるし、正直人間関係自体が煩わしいと感じますよね

それでも、今の仕事で働き続けるのであれば、ある程度感情のコントロールをする術を身につけておきましょう

特に気が合う人を探して仲良くする

もし職場で1人でも気が合う人がいるなら、意識的にその人と仲良くしておきましょう

  • 友人と呼べる人が職場に1人いるだけで仕事に対する満足度は20%以上も上がる
  • 全員に好かれようとするのは無理、少なくとも20%もの人には何をしても嫌われる

「全員とうまくやらないと!」と思って行動しても、正直無理です

うまくいかない人は必ずいます

なので、最低限気が合いそうな人とは定期的にランチをしたり話すようにして関係をいじしていくことがおすすめです

実際、私も今の仕事でよく話す先輩がいますが、その人のおかげで今の仕事に対する満足度は上がっていると実感しています

苦手な人とは距離を取るようにする

仲の良い人とは定期的に話しつつ、苦手な人とはできるだけ距離を置いて仕事をするようにしましょう

  • 苦手な人とうまくやろうと思っても気持ちが消耗するだけ
  • 最低限、仕事での関わりは保ちつつ、できるだけ関わらないようにする

気の合わない人と仲良くなろうとしても、何かとストレスが溜まるだけです

苦手な人とは距離を取るようにして、ストレスを少しでも減らすことに注力しましょう

謙虚な気持ちを持って人と接する

仮にある程度地位が高かったり実績を出していたりしても決しておごらず、謙虚な姿勢を持つことで人間関係を円滑にしたり嫌がらせを回避できたりします

  • 意地を張ったり虚勢を張ったりする人にちょっかいを出したくなる人は一定数いる
  • 虚勢を張ってることがばれると周りの人からそういう目で見られる

あなたが思っているよりも、自分を大きく見せる行為自体はバレやすく、良いことは多くありません

意外とありのままの自分や弱みを見せる方が、好かれるケースが多いんです

思い切って同僚や先輩に話しかけてみる

人に対して恐怖心や遠慮する心もあると思いますが、思い切って同僚や先輩に話かけてみることで人間関係が円滑になることがあります

  • 思っているよりも、人は話しかけられることが好き
  • 話しかけたら怒られたりうっとおしいと思われることが怖いこともある
  • 余裕がありそうな時を見計らって思い切って話しかけてみると意外と話が弾んだりする

あなたが思っているよりも、人は怖くないものかもしれません

もし今の職場で仕事を続けるのであれば、せめて怖くないと思える人と働きたくないですか?

それを確かめるためにも、まずは少しずつでも話しかけるところから始めるとい良いかもしれません

【絶対避けろ】人付き合いが苦手な人就職を避けるべき3つの仕事

もしこれから仕事を買えるのであれば、以下のような仕事は避けて就職先を選びましょう

  • 他人とのコミュニケーションが重要な仕事
  • 不特定多数の人と関わらないといけない仕事
  • 職場に女性が多い仕事

営業や接客、プロジェクトマネージャーなど何かと人との調整が必要な仕事は、人付き合いが苦手な人にはストレスが溜まりやすいものです

もちろん最低限のコミュニケーションを取ったら仕事が円滑に進みます

ただ、コミュニケーションを武器にしないといけない仕事を選んでしまうと、あなたの苦手なことを中心に仕事をしなければなりません

成果が出しづらいことが多いので、できるだけ避けておくことがおすすめです

また、職場や業界にもよるかもしれませんが、一般的に女性は男性よりもコミュニケーションを重要視することがあります

人付き合いが大事な職場だとうまく立ち回れない可能性もあるので、結果的に仕事がうまくいかなかったり馴染めなかったりするでしょう

できるだけこの3つの条件に当てはまるような求人は選ばないようにしましょう

人付き合いが苦手な人が向いてる仕事TOP5

以下の5つの仕事は人付き合いを最小限に止められるだけでなく、将来的には独立も目指せるので正社員よりも人付き合いを減らす働き方も目指せます

  • ITエンジニア
  • Webマーケター
  • Webライター
  • 動画クリエイター
  • Webデザイナー

ITエンジニア

ITエンジニアは企業が使う社内システムやWebサービスの仕組みを企画・開発・運用・保守する仕事を指します

  • プログラミング言語を使ってITシステムを組み上げる
  • システムの企画や開発はAIが苦手とする分野なので仕事がなくなるリスクが低い
  • 数年間働けばフリーランスとして仕事を受託できるレベルになる

IT人材は今後も需要が高まっていくので、正社員であろうとフリーランスを目指そうと、何かしらいの仕事を探せるはずです

1人で作業する時間も長いので、人付き合いと作業する時間のバランスがあなたに合うかもしれません

まずは未経験でも挑戦可能なエンジニア求人に応募してエンジニアとしてのスキルを身に付けるところから始めましょう

とはいえ、未経験から挑戦できるエンジニア求人は少ないし、あったとしても競争率が高いので思うように選考が進まないかもしれません

最近ではTech Campのようなスクールもありますが、高いお金を払って入会したのに勉強していくにつれて「あ、プログラミング苦手かも」なんて気づいたら悲しすぎますよね

Geek Job Campなら無料でプログラミングスキルを身につけられるだけでなく、ITエンジニアとして働くための転職支援もしてくれます

実に95%以上もの人が未経験からプログラミングスキルを習得して転職できているので、フリーランスでエンジニアとして自由に働きたいのであれば頼ってみても良いかもしれません

スキルの勉強から転職まで全て無料でサポートしてくれるので、もし合わないと思ったらその時点で受講をやめてしまうこともできます

まずはプログラミングがあなたに合うのか、どんな仕事に転職できるのかだけでも聞いてみると良いかもしれません

>>【無料】プログラミングの勉強を始めてみる

Webマーケター

Webマーケターとは検索エンジンやSNS上で商品やサービスの集客や購買を促す仕事です

  • Web広告に必要な記事や広告素材、入稿など全てPC一台で完結する
  • スキルさえ身につけば人に出会わなくてもクラウドソーシングサイトで仕事を受けられる
  • Wannabe Academyなら勉強した直後から副業やフリーランスとして仕事を受託できる

一度企業に就職して3年程度経験を積めば副業やフリーランスで仕事を受託できるスキルが身につくことが多いようです

スクールなどで勉強してスキルを身に付けたとしても、求人や副業・フリーランス案件では「経験者のみ」という条件が多く、実際は仕事を探しづらいのが実情です

副業案件に関しては未経験OKな案件が全案件のおよそ10%、転職求人に関してはたったの7%程度です

会社員としてマーケターをしているうちは人付き合いをしながら仕事をしないといけませんが、数年耐えればパソコン一台で好きなところで仕事ができるようになるでしょう

ただ、もし人付き合いが必要な仕事を極力減らしたいのであれば、Wannabe Academyのような実践経験を積めるスクールに通うと良いかもしれません

Wannabe Academyならたった7か月間スクールに通いながら実践経験を積めるので、卒業するころには「Webマーケティング経験者」として仕事を受注できるんです

たった7か月程度でスキルを身に付けた直後から案件を受注して人付き合いがほぼいらない働き方をスタートできるので、理想の働き方に最短で近づけるはずです

もし最短でWebマーケターになるなら、Wannabe Academyで勉強すると良いかもしれません

とはいえ、お金を出して勉強するわけなので、正直勉強内容があなたに合っておらずスキルが身につかない、なんてことがないとも言い切れず、心配な部分もあると思います

Wannabe Academyなら無料で個人相談に乗ってくれるので、本当に7か月であなたが理想としている働き方ができるのかを聞いてみた方が良いかもしれません

少しでも気になっているのであれば、まずは相談に乗ってもらうと良いでしょう

どうせ無料なので、合わなそう、と思ったらお金を払わずに入会しないという選択も取れるので、安心して試せます

>>【無料】未経験から7ヶ月で即戦力になれるスクールに話を聞いてみる

Webライター

Webライターとは、サイト運営者から依頼されてWeb上の記事を作成する人を指します

  • 正社員としてのライターなら一人で作業する時間が長いので人との関わりは最小限
  • スキルを身に付ければクラウドソーシングサイトで仕事を受注できる
  • 年収700万円や800万円を目指せるのである程度の生活はできる

Webライターの良いところは、副業として仕事を受注する上で必ずしも企業で経験を積んでいる必要がない、という点です

Webライターは作成したいくつかの記事をポートフォリオとして提出すれば受注できる仕事も多く、1週間以内に仕事を受注できるでしょう

SEOやセールスライティングの知識があればなお良いものの、初心者として仕事を受注するのであれば必須ではありません

ハードルも低いので、Webライターに興味があるならクラウドワークスのようなクラウドソーシングサイトで早速仕事を受注してみるのがおすすめです

とはいえ、経験もないのに突然仕事を受託するのは怖い、ということもあるかもしれません

以下のサイトなら、未経験からライターを目指したい人向けにブログライターとして記事納品ができるので、特にこれからライターに挑戦したい初心者におすすめです

どのように仕事を進めるのかを確かめながら自分に合うのかを考えつつ、ライターとして稼ぐこともできるので時間を無駄にすることもなくライターとしう仕事をお試しできます

ライターの仕事に少しでも興味があるなら、とりあえず申し込んで何か書いてみても良いかもしれません

>>【未経験&初心者OK】ハンドメイドチャンネル「ブログライター体験募集」

動画クリエイター

動画クリエイターとは、動画の企画から作成、編集などを行う仕事を指します

  • YoutubeやInstagramなどSNSの普及により動画制作の需要が高まってる
  • 5Gの普及が進めば、さらに動画の需要は伸びる
  • 経験を積めばフリーランスとして仕事を受注することもできる

フリーランスとしても1,000万円以上稼げるケースもあるようなので、個人で稼ぐことを思うとかなり高収入だと言えます

今後の需要増加も見込めるので、ねらい目の仕事・スキルかもしれません

動画クリエイターとして必要なスキルを現時点でもってなくても、スクールであれば最短で勉強できます

独学だと動画や本を見ながら試行錯誤して勉強に半年から1年ほどかかる上、網羅的にスキルが身についているのかを確かめづらいというメリットがあります

Studio USのようなスクールを活用すれば最短2ヶ月でスキルを身につけて月収5万円の副業を始められることもあるようです

以下のスクールなら、スキル習得から副業やフリーランスとして働く上で必要な知識も教えてくれるので、おすすめです

LINEから無料相談ができるので、かなり手軽に相談できるようです

↓【無料】LINEから動画編集について聞いてみる↓
https://studio-us.org/

Webデザイナー

Webデザイナーとは企業や製品のホームページ、Webサービスやアプリで表示される画面のデザインを作る仕事です

  • Webサービスやアプリは年々増えており、Webデザイナーの仕事の需要も高まってきてる
  • 打合せ以外は一人で作業する時間が長いので人と関わる時間は少ない
  • 企業で数年働いた後にフリーランスとして活動する道を目指せる

未経験からWebデザイナーに挑戦できる求人も中にはありますが、未経験から挑戦すると独立するまで5年、もしくはそれ以上の期間修行しなければならないかもしれません

もちろん、会社員としてデザイナーをしても一人で作業する時間が長いので営業などの仕事よりはかなりストレスはかからないはずです

ただ、もし入社前に一通りのスキルを身に付けられるのであれば、独立するまでの時間は2年、3年程度に短縮できるかもしれません

LIGというスクールなら、半年間かけて確実にWebデザイナーとしてのスキルが身につく上、修行する就職先を探す手伝いまでしてくれます

将来副業やフリーランスとして活動することも視野にいれてることを伝えれば、最適なサポートをしてくれるはずです

スキルを身に付けた後、すぐにフリーランスとして独立はできないのか、最短でどこまで実力がつけば最大限人付き合いを減らした働き方ができるのかを聞いてみると良いでしょう

↓【無料】Webデザイナーの仕事について詳しく聞いてみる↓
https://liginc.co.jp/

人と関わるのがどうしてもストレスならパソコン1台で完結する仕事を選べ!

会社員だと、多かれ少なかれ人付き合いをしなければならないのが辛いところです

フリーランスという働き方でも人脈を維持したり仕事を獲得する上で必要な付き合いもあるかもしれません

ただ、日々の仕事は一人で作業をする時間が長いので会社員として働くよりはストレスが少ないはずです

将来的にフリーランスとしてのびのびと仕事ができるよう、まずはどんな仕事なら最大の成果を出せるのかを分析するところから始めましょう

特にポジウィルなら自己分析だけでなく、適職に挑戦する上で必要な職務経歴書の準備や面接の対策まで手伝ってくれます

今なら45分間、無料でキャリアを見つめ直すためのキャリアコーチングをしてくれるので、無料相談だけでも得意なことや適職の糸口が見つかるかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある人は一旦無料相談の日時調整をしておきましょう

>>【無料】45分間のキャリアコーチングを受けてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です