ITコンサルタントは激務の割に年収は低い?年収ランキングと転職する方法を解説

こんにちは、Kumaです

ITコンサルという仕事に興味があるけどどんな会社を受ければ良いのか、実際に年収をいくらもらえるのか気になっていませんか?

ITコンサルタントといえば、今後需要が伸びることがあっても減ることはない仕事だと言われています

年収が高くなりやすいことも含めて、今のあなたにとって魅力的な仕事かもしれません

今回はITコンサルタントの平均年収や企業のランキング、ITコンサルタントになる方法をご紹介します

ITコンサルタントという仕事に興味を持っている方、未経験からでもITコンサルタントに挑戦したいと考えている方はぜひ最後まで読んでみてください

ITコンサルの平均年収っていくら?

全体男性女性
ITコンサルタントの平均年収585万円620万円491万円
出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_04

ITコンサルタントの平均年収は600万円に近い数字となっており、一般的な平均年収と比較しても高い金額が出ています

ただし、これまであなたがITに関わる何かしらの経験を持っている場合、600万円よりも高い年収を期待することができます

年齢別の平均年収や役職別の平均年収も併せて確認しておきましょう

【年齢別】ITコンサルの平均年収

20代448万円
30代660万円
40代829万円
50代854万円
出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_04

20代からITコンサルタントとして働き始められれば、一般的な平均年収より高い年収をもらえるでしょう

未経験でも400万円台、もしくは500万円台の年収をもらえるケースが多いことから、転職するだけですぐに年収があがる、ということもあるかもしれません

ITの技術は日進月歩で進化しており、ある程度の頻度で情報をキャッチアップしておく必要があります

そのため、興味を持ったのであれば早いうちに勉強を始めたり転職に踏み切ることで、いち早くITコンサルタントとして活躍できる可能性が高まります

【役職別】ITコンサルの平均年収

役職年齢給与コンサル歴
コンサルタント22~35歳400万~900万円0~7年
マネージャー27歳~900万~1400万円2年~
シニアマネージャー30歳~1400万~1900万円5年~
パートナー実績による2000万円~実績による
出典:https://www.executive-link.co.jp/column/4788/

ITコンサルタントとして経験や知見を磨き、パートナーまで上り詰めることができればかなり高い年収を見込めます

年功序列を取り入れる会社もゼロではないものの、実力主義の風土を持った会社が多いため若いうちから昇進が可能です

中には20代でマネージャーに上がり、年収2,000万円以上稼いでいる人もいるそうです

実力次第で年収を上げられるため、これから年収を上げたいと考えている方にとっては特に魅力的な仕事かもしれません

ITコンサルタントとして働ける年収が高い会社ランキング一覧

ITコンサル企業売り上げランキング
1位 野村総合研究所5288億円
2位 シグマクシス1402億円
3位 アビームコンサルティング932億円
4位 ​​​​フューチャーアーキテクト453億円
5位 ベイカレントコンサルティング​​330億円
出典:https://www.recme.jp/careerhigh/entry/it-consulting-ranking#IT-3

ITコンサルタントとして働ける会社は多くあり、日系や外資系関係なく年収が高い傾向にあります

ITコンサルティングを実施する企業の売上ランキング企業の他に、以下に日系や外資系のコンサルファームをご紹介します

いずれの企業でもIT人材が足りておらず、発生する案件数に対してコンサルタントが足りていない状況が続いています

ITコンサル未経験でも経歴と経験がマッチすれば採用される可能性はあるので、興味をもっているのであれば思い切ってチャレンジすると良いでしょう

ITコンサルタントとして働ける日系企業ランキング

日系企業平均年収
野村総合研究所1,235.2万円
ベイカレント1,031万円
クニエ928万円
アビーム815万円
日立コンサルティング806万円
参考:https://www.vorkers.com/

「日系企業は年収が低い」というイメージをもっているかもしれませんが、日系企業でもITコンサルタントとして働くのであれば年収が高くなりやすいでしょう

平均年収が1,000万円を超える企業もあるほか、この企業ランキングに載っていない企業における最低年収が400万円や450万円というケースがほとんどです

いずれも企業規模が大きく、大手企業のITコンサルティングを担当している企業ばかりなので、コンサルフィーが高くなりやすく、業界内でも高年収を実現しやすいのでしょう

ITコンサルタントとして働ける外資系企業ランキング

外資系企業平均年収
デロイト923万円
PwC900万円
KPMG887万円
ガートナー876万円
アクセンチュア855万円
EY840万円
キャップジェミニ829万円
IBM750万円
参考:https://www.vorkers.com/

Big4と呼ばれる大手監査事務所を始めとする企業がランクインしており、日系大手のITコンサル企業同様に大きな案件を扱うケースが多いようです

全国の平均年収が400万円台である中、いずれも700万円もしくは800万円以上の平均年収を誇っているため、今あなたが働いている企業よりも年収アップしやすいはずです

IT人材が不足している今、バックグラウンドがマッチすれば未経験でも採用してくれるケースが多いので一度はチャレンジしてみると良いでしょう

【例】アクセンチュアでITコンサルタントとして働いた場合の年収レンジ

職位年代平均年収
アナリスト新卒~20代中盤まで400万~500万
コンサルタント20代中盤~500万~700万
アソシエイトマネージャー20代中盤~30代前半700~900万
マネージャー20代後半~30代前半900~1,500万
シニアマネージャー30代前半~30代後半1,500~2,300万
プリンシパル/アソシエイトディレクター30代後半〜1,800~2,500万
マネジングディレクター30代後半~2,500~10,000万
出典:https://www.maneo.jp/media/job-accenture-salary/#h5o-24

アクセンチュアで働く場合は最低年収が400万円、成果を出して出世できればその分だけ年収はあがります

なお、アクセンチュアでITコンサルタントとして働く場合、昇給や昇格がしやすいビジネスコンサルタントとして働き始めることがおすすめです

以下の記事でアクセンチュアで働く場合の平均年収や転職して入る方法までご紹介しているので、ITコンサルに興味を持っている方は併せて読んでみてください

そもそもITコンサルタントの仕事内容って何?

(出典:https://www.executive-link.co.jp/column/792/)

ITコンサルの仕事は「クライアント企業のIT関連分野全般におけるアドバイス業務、及び、システム導入支援を行うコンサルタント」を指します

クライアントが課題に感じている事をITで解決するサポートをするため、クライアントからのヒヤリングや課題策定、導入や本番稼働確認など、業務が多岐にわたります

ITシステム導入やアップデートの実行を任される場合はSEと連携して案件を担当するため、SEとのコミュニケーションが非常に重要になるでしょう

ITコンサルタントが激務って本当?

ITコンサルタントの業務内容は多岐に渡るため忙しくなりやすいですが、比較的安心して働ける環境に変わりつつあるようです

そもそもITコンサルタントの仕事が激務だと思われている理由は、実際に徹夜が多い仕事だったことが理由です

ITコンサルタントとSEの仕事内容の表で住み分けが明確になっていますが、以前はSEの方がITコンサルタントの仕事内容をもカバーしていたため、業務量がかなり多かったんです

SE側の仕事だけでなくITコンサル側の仕事も全て手がけるとなると、納期直前にはマンパワーが足りないケースが多く、業務時間を伸ばすしかありませんでした

現在もプロジェクトの進捗状況によって忙しさが変動するようですが、徹夜をしなければならない、というケースは減っているため、安心して仕事に取り組める環境に変わりました

SEがITコンサルの仕事内容を担当していた時期があり、納期優先だったので徹夜が当たり前だった

ITコンサルタントの年収が高い理由は何?

ITコンサルタントの年収が高くなりやすい理由には、以下3つの要因が考えられます

  • IT人材の不足
  • プロジェクトマネジメントスキルの需要高騰
  • コンサル案件の単価が高いこと

ITシステムを整備したいという需要が増えており、ITコンサルタントが手がけるべき案件数が増加していることに対して、担当できるコンサルタントの人数が追いついていません

ただ人がいれば良いというわけではなく、ITに関する一定の知識と大きい組織で働いた経験をもっているとマッチ度が高く、活躍しやすい傾向にあるようです

特にITの知識を持った人が少なく、各大手企業ではIT人材になるための教育を従業員に施していますが、現状としては焼け石に水でしょう

さらに、各ITシステム導入の案件単価は高く、1な件あたり数百万円だと言われています

企業規模が大きければ大きいほど案件に必要な期間と予算額が増えてしまうようで、企業や業界によっては億単位のお金が動きます

コストは人の労働力がメインであるため原価は安く、利益率が非常に高いことも特徴です

需要が高く、単価と利益額が高いことから、ITコンサルタントの年収は高くなりやすいんです

ITコンサルタントの年収は外資系企業の方が高い?

外資系コンサル日系コンサル
アナリスト430万円~800万円350万円~600万円
コンサル500万円~1400万円500万円~800万円
マネージャー700万円~2000万円800万円~1900万円
パートナー1300万円~1300万円~
出典:https://become-itcon.com/itconsultant/salary/#Big4%E3%81%AE%E5%B9%B4%E5%8F%8E%E6%AF%94%E8%BC%83

ITコンサルタントとして働くなら、外資系企業の方が年収が高いでしょう

昇進すれば日系コンサルでも高年収を狙うことができますが、年収のベースラインが高いのが外資系企業の特徴です

一番低い職位でも500万円あたりの年収からスタートすることに対して、日系企業であれば350万円からスタートしなければなりません

外資系企業のパートナーにもなれば、一部の外資系企業を除けばおよそ1500万円以上の年収を目指せる上、年齢ベースではなく実力ベースでのみ昇格が発生します

実力をつければ、30代でパートナーになり、世間一般よりもはるかに高い年収を得ることもできるんです

早く実力をつけて年収を稼ぎたいのであれば、外資系コンサルファームへの転職を検討すると良いでしょう

【コラム】コンサルタントの年収が高い企業ランキング

コンサルティング業界全体での年収が高い企業TOP5には以下の企業が挙げられます

  1. アクセンチュア(855万円)
  2. デロイトトーマツコンサルティング(844万円)
  3. PwC(807万円)
  4. 野村総合研究所(804万円)
  5. 日本IBM(753万円)

いずれも実力主義を社内文化に取り入れる文化が強く、実力があれば20代や30代から昇進したりマネージャーに挑戦できる企業です

それ故に年収も上げやすく、平均年収が上がるのでしょう

以下の記事ではコンサルタントの仕事や職種別の年収ランキングをご紹介しています

コンサルタントの仕事に興味を持っている方はぜひ読んでみてください

ITコンサルになった後に考えられるキャリアパスとは?

ITコンサルタントとして経験を積んだ後、以下のようなキャリアパスに進める可能性があります

  • 経験のある業務専門のITコンサルタントになる
  • プロジェクトマネジメントに特化したITコンサルタントになる
  • セキュリティの知見を深めセキュリティアドバイザーになる
  • ITコンサルタントとして独立する

経験のある業務専門のITコンサルタントになる

特定の業界や分野に精通したITコンサルタントとして専門性を高める、というキャリアが想定できます

ITコンサルタントとしてIT関係の專門性を高めることはもちろん必要ですが、業界や分野ごとに頻出する課題や傾向、考え方を理解している必要があります

課題抽出に必要なヒヤリングをする際、業界の風習や慣習、考え方を理解できていないと適切な提案ができず、コンサルタントとしての信頼を失ってしまうでしょう

毎回ヒヤリングの際に時間をかけて状況や課題感を聞く人と、クライアントが1を行ったら10理解してくれる、業界に精通したプロだとどちらを信用するでしょうか?

業界の事情や課題に精通しているITのプロだからこそ、クライアントから信頼をもらいやすく、会社からも高価値だと思われて高い年収を支払ってもらえるんです

プロジェクトマネジメントに特化したITコンサルタントになる

ITコンサルタントからプロジェクトマネジメント(PMO)のプロになるという道もあります

ITコンサルタントというとシステムの要件定義や実際に手を動かす作業をしているイメージを強くもっている人もいるでしょう

しかし、SEやコンサルタントのチーム、クライアントなどプロジェクト全体のコミュニケーションを円滑に進める上でPMOの存在は欠かせません

実際、SEが全ての役割を担っていた時はクライアントコミュニケーションまで全てを行っており、実作業を含めると終電がすぎても作業をせざるを得ませんでした

それだけ、PMOの役割は重要で、時間をかけて実施しなければならない部分なんです

PMOとしての知識を極めることができれば分野や業界関係なくITコンサルの知識を活用できるため、様々な分野に関わりたい、という方にはもってこいの職種かもしれません

セキュリティの知見を深めセキュリティアドバイザーになる

ITコンサルタントとして経験を貯めれば、最近需要が伸びてきているセキュリティ分野に特化したコンサルタントも目指せます

多くの企業がITシステムを活用して情報を管理している今、不正アクセスで企業から情報を抜き取って情報を闇市などで販売する人もいます

情報を盗まれた、と知られれば企業としての信頼度も落ちてしまうため、多くの企業ではITシステムのセキュリティにも目を向け始めているんです

ただし、急にセキュリティを上げようとしても、ITの知見が薄い事業会社がすぐにセキュリティ強度を上げられるわけではありません

ITコンサルタントとしての知見を持った上でどのようなシステム設計をすればセキュリティ強度を上げられるのか提案できる人こそ、これから需要が伸びると考えられます

ITコンサルタントとして独立する

あまり高いお金をかけたくない中小企業をターゲットに、独立してITシステムの導入や更新をかけるサポートをするという道もあります

一見ハードルが高いように見えますが、ITコンサルタントとして働いていながら副業として個人のITコンサルタントとして活動する人もいます

会社で給料を受け取りながら、副収入が会社からの収入を超えるケースもあるそうなので、将来は自由に働きたい、と考えているのであれば考えられるキャリアパスでしょう

ITシステムの導入や運用、保守という仕事は今後なくなるとは考えづらいため、仕事がゼロになる心配もありません

個人でコネクションを作ったり営業活動ができる、自由に働きたい、と考えるのであればITコンサルタントとして独立すると良いでしょう

ITコンサルタントとして独立したら年収はいくらを目指せるの?

ITコンサルタントとして独立してフリーランスとして働いた場合、月平均単価は80万円、年収にすると960万円の年収を得られます

中には月150万円という高単価案件もあるため、年収1,000万円を超えやすいと言えます

案件によっては週に3日、4日だけオンラインで稼働していれば良いという案件もあるため、労働対賃金のコスパが良いと言えるでしょう

週に3日、4日働いて年収1,000万円を目指せるという意味で、ITコンサルタントとして独立すれば自由な暮らしを得ることができるんです

ITコンサルって将来性のある仕事なの?

ITコンサルタントという仕事は将来性が高く、仕事としてなくなりづらいでしょう

どの企業もITシステムを導入しており、システムの運用や保守をする人が最低限必要です

ITコンサルタントとして働くことができれば運用や保守の際にも知見を活かせるので、活躍できる場はどこかしら発生するでしょう

現代のビジネスにおけるインフラを支える仕事であるため、ITコンサルタントという仕事の需要は落ちづらく、将来性があると言えるんです

ITコンサルタント以外に将来性がある仕事が何があるのか知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください

ITコンサルタントに求められるスキルとは?

ITコンサルタントに求められるスキルは、大きく分けると以下の2つでしょう

  • 論理的思考能力(ロジカルシンキング)
  • コミュニケーション能力

クライアントからヒアリングして課題を抽出したり、実際にITシステムの施策提案をする際、ロジカルシンキングやコミュニケーションスキルが必要でしょう

施策提案の内容を詰めたり実際に伝える際はロジックが通っていないとクライアントに納得してもらいづらく、プロジェクト自体が進まない自体に陥ってしまうかもしれません

採用の時点からロジカルシンキングの力は特に重要視されており、ケース面接という事例ベースの面接試験で論理的思考力を見られます

提案を練り上げた上で提案を実際に発表する際、わかりやすく情報を伝えること、相手が課題に考えている事を改めてヒアリングする上でコミュニケーション力は欠かせません

チームワークが重要視される仕事でもあるため、ロジカルシンキングやコミュニケーションスキルは活かせるはずです

未経験からITコンサルタントになるにできる2つのこと

未経験からITコンサルタントになるには以下の2つの行動を取ると良いでしょう

  • ITコンサルタントに必要な知識を勉強する
  • ITコンサルタントに未経験から転職する

ITコンサルタントに必要な知識を勉強する

ITのバックグラウンドが全くないのであれば、ITの資格やスキルを勉強するところからスタートすると良いでしょう

未経験からでも応募できるITコンサルタントの求人はありますが、全くのIT未経験だとどうしても選考通過率が低いというのが現状です

未経験OKとは言え、全くのIT素人だと入社してからのキャッチアップが大変なので、ある程度のIT経験を求められる傾向にあるんです

そのため、全くIT未経験の方は以下のような資格の勉強をして、一定レベルのITスキルや知識をつけることがITコンサルタントへの一歩になるでしょう

  • 基本情報技術者
  • ITコーディネータ
  • CompTIA Project+
  • ITILファンデーション

ITコンサルタントに未経験から転職する

勉強する時間がもったいないと感じる方は、未経験でも応募できるITコンサルタントの求人に応募することがおすすめです

IT経験がほとんどなくても、企業を選ばなければ選考を通過できるIT企業はあります

それらの企業を探し出すことができれば、完全未経験からITコンサルタントに転職することも可能でしょう

ただ、そのような求人を3つも5つも探すのは大変ではありませんか?

特に仕事をしながらだと疲れてしまい、求人を探す時間が取れなかったり、仕事で疲れて調べること自体が億劫になるかもしれません

ITコンサルタントの求人を出来るだけ多く、楽に調べたいのであれば、エージェントに求人を集めてもらうと良いでしょう

エージェントにあなたの経歴や希望を伝えれば、それらの条件に合った求人を5か所以上提案してくれるんです

ITコンサルタントになりたい、と伝えれば、あなたの経歴でも通過しやすいITコンサルタントの求人を多く探してもらえるはずです

あなたは、ITコンサルタントになってどんなことを叶えたいですか?

年収アップを目指せる仕事、将来性のある仕事を目指したいのであれば、ITコンサルタントで叶えることができるはずです

まずはエージェントに3社ほど相談して、できるだけ多くの情報を集めるところから始めましょう

ITエンジニアからステップアップする

確実にITコンサルタントにステップアップしたいのであれば、ITエンジニアから挑戦すると良いでしょう

ITコンサルタントに未経験で挑戦できる求人もありますが、高学歴・IT経験者にポジションを取られてしまうということが多いかもしれません

会社を選ばなければITコンサルタントとして働けるチャンスもありますが、小さな会社だと無茶な要求をされることが多く、現場感をもっていないと折衷案の提案すらできません

社内でも社外でも活躍する上で、実際にシステム構築をしているプログラマーの現場への理解は必須です

確実に活躍する基盤を作るためにも、まずはITエンジニアとして実際のシステム構築にかかわってからITコンサルタントになることがおすすめです

もし、すでにITエンジニアとして働いているのであれば、その経験を生かしてITコンサルタントにジョブチェンジすれば、活躍しやすいでしょう

もしITとは関係のない仕事をしているのであれば、まずはITエンジニアとして力をつけましょう

以下のスクールなら、エンジニアとして必要なプログラミングスキルだけでなく、エンジニアとして働く場所を探す手伝いもしてくれます

今なら無料で相談できるので、あなたのキャリアであれば具体的にどれぐらいでITコンサルタントとして活躍できそうなのか聞いてみましょう

Geek Job キャンプ
・金欠の20代だからこそ無料でITエンジニアを目指せる
・勉強は全て無料!
・0代のエンジニア転向に特化
・ITエンジニアとしてスキルを身に付ければITコンサルとしても活躍できる
↓Geek Job キャンプで無料で勉強を始める
https://camp.geekjob.jp/

まとめ

今回はITコンサルタントの平均年収や企業のランキング、ITコンサルタントになる方法をご紹介しました

ITコンサルタントの平均年収は高く、およそ600万円という数字でした

大手のITコンサルタントファームは日系でも外資系でも高年収を叶えやすいため、経歴とマッチするのであれば狙いたいところです

それだけでなく、ITコンサルタントとして経験を積んで長期的に年収アップを目指すのであれば、エージェントに相談して最短でITコンサルタントになる方法を教えてもらいましょう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です