将来も稼げる資格ランキング18選!生き残る国家資格の特徴とは?

こんにちは、Kumaです

資格取得マン
資格取得マン

どんな資格の勉強すれば将来の役にたつのかな

資格取得サン
資格取得サン

国家資格は将来性考えるといると思うけど、どんな資格をどこで取ればいいのかな

資格を勉強したいと思ってもどんな資格を勉強するべきか悩んでしまって勉強を始められない、という人も多くいます

現在出回っている資格が全て将来も役立つとは限りませんし、必要なスキル自体も変わってきます

Kumaは目的を持たずに国家資格を勉強してしまったせいで勉強に身が入らず、資格取得に失敗してしまいました

もっとこういう点を注意しておけば違ったのかな・・・なんて後悔もありますが、あなたには同じような後悔をしてほしくありません

今回は将来性のある資格の特徴やランキング、取得のポイント将来も仕事を常に困らないために今からできることをご紹介します

この記事を読めば将来も稼げる国家資格や資格取得ぜ挫折しづらいマインドを手に入れられるので、ぜひ最後まで目を通してください

将来も生き残る将来性が高い国家資格の特徴とは?【男性女性共通】

数ある国家資格の中でも業務独占資格と呼ばれる資格は将来性が高く、長期的に稼げる仕事につける可能性が高いです

  • 業務独占資格とは、その資格がないと業務ができない資格
  • 国家資格は難易度が高いので参入障壁が高く、ライバルの数がかなり少ない
  • 一定のニーズが継続的に発生するので稼げる環境が整ってることが多い

実際は国家資格に限らずどの分野にも言えることですが、今後仕事が生き残る資格には以下のような特徴があります

  • 市場価値が高いこと
  • 専門性が高いこと
  • 希少性が高いこと

市場価値が高いこと

市場価値が高まっているということは、その業界が伸びているということを指します

伸びている業界、これから伸びる業界に関連する資格を取得しておくことで、その業界に後々入りやすくなるでしょう

資格がなければ業務ができない仕事もあるため、これから給料が上がるであろう伸びる業界に有利な資格を勉強することで、あなた自身が将来性のある人材になれるはずです

専門性が高いこと

専門性が高い資格を持っているということは、他人が簡単にあなたのポジションに進出することができず、持っている資格の分野において各企業から求められやすくなります

特に国家資格は難易度が高く、1年以上勉強しないと取得が難しいと言われているものも多くあります

中には特定の国家資格がなければ仕事ができない、というケースもあるので、専門性が高い、業務占拠資格と言われるものを取得できるとこれからも仕事に困りにくいでしょう

希少性が高いこと

希少性が高い資格をもって将来性のある仕事や業界で働くことができれば仕事に困らないだけでなく、給料も上がりやすくなります

希少性が高い資格は難易度が高く、特定の業界にしか知られていない資格であることが多いので、将来性がある業界における資格を調べる必要があります

ただし、ただマイナーで知名度がない資格とは別なので、間違ってただマイナーな資格を勉強しないよう、注意しましょう

資格には大きく3種類ある

資格には大きく分けると以下のような種類があります

  • 国家資格
  • 公的資格
  • 民間資格

国家資格

国家資格とは国の法律上定められている資格で、中央省庁または都道府県ごとの地方自治体が管轄しています

国家資格には大きく以下の3種類があります

  • 業務独占資格
  • 名称独占資格
  • 必置資格

業務独占資格

業務占拠資格とは、資格保有者以外の業務が法律上禁止されている資格を指します

医師や弁護士、看護師などがこの資格にあたります

非常に高い専門性が必要な上、私たちの人命や社会的な活動をする上でミスが許されない職種であるため、業務占拠資格のうちに含まれているんです

名称独占資格

名称独占資格は資格保有者以外が名乗ることを法律上許されていない資格を指します

社会福祉士、マンション管理士、栄養士などがこの資格にあたります

業務占拠資格と名称が似ていますが、一番の違いはその名称を名乗らなければ業務自体は実行可能という点です

例えば栄養士の仕事をする上で、資格を持っていない場合は「栄養士」と名乗ることができず「栄養管理職」など別の名前を名乗れば働くことができるんです

必置資格

必置資格(設置義務資格)とは、特定の事業を行う場合に、その事業運営をする上で事業所に資格保有者を配置しておかないといけない資格を指します

衛生管理者、通関士、危険物取扱者などがこの資格にあたります

例えば、通関士は通関業務を行う事業所に最低1名は配置しておかなければなりません

公的資格

公的資格とは、都道府県や公益法人などが所管する公的性質を帯びた資格を指します

例えば、商工会議所が主催する簿記などの検定試験、文部科学省が後援している英検などがこの資格にあたります

民間資格

民間資格とは、民間企業や個人が法律とは無関係に自由に主催された資格を指します

公的性質を帯びていないため、取得をしても信頼性や社会的評価が高まるわけではありません

しかし、学歴やバックグラウンド関係なく取得できる資格であるため、スキルをアピールできるというメリットはあります

TOEICやMOS資格、医療秘書技能検定、産業カウンセラーなどが例として挙げられます

これからの時代に役立つ資格やスキルは独学でも大丈夫?

これから需要が上がる資格やスキルを勉強するのであれば、スクールや動画講習を受けることがおすすめです

もちろん、独学で勉強して資格を取得したりスキルを身に着けて転職する人もいます

しかし、初めて勉強するのであれば一人だと効率が悪く、スクールに通っている人と同じ時間勉強しても成果が出ない可能性があります

お金がかかることではありますが、もしスクールでプロに教えてもらうことができるなら、独学ではなく教えてもらいながら勉強を進めることがおすすめです

資格取得における注意点

資格を取る際、以下のポイントに注意しておくことで効率的に資格を取得したり、実際に目指すキャリアに近づきやすくなります

  • 試験内容を細かく確認すること
  • キャリアと無関係の資格は取らないこと
  • 短期間で取得すること
  • 資格取得を「目的化」しないこと

試験内容を細かく確認すること

試験内容をしっかり確認しておかないと想定より苦戦することになります

試験によっては筆記試験だけでなく、実務試験や研修を含むものがあり、「想定よりも難しいな・・」と気づいてしまうことも少なからずあります

特に最短で資格取得を目指すなら、想定する資格の難易度によってスケジュール感がかなり変わるものです

どんな場面で使えるスキルなのか、資格取得の上で必要な項目が何かを事前に確認しておきましょう

キャリアと無関係の資格は取らないこと

目指すキャリアに合った資格を取得しないと、どんなに難易度の高い資格を取得してもあなたのキャリアには役立ちません

例え難易度の高い宅地建物取引士の資格を取得できたとしても、IT業界を志望しているなら面接で最初に「うちで宅建いかせないけど、大丈夫?」なんて心配されるのが関の山

難しい資格を取れば企業に評価されて採用されるわけではありません

挑戦したい業界や企業を明確にしてから勉強する資格を決めることで、確実に将来のキャリアで役立つ資格を取れるはずです

短期間で取得すること

資格取得はできるだけ短い期間で取ることを目指しましょう

長期間勉強をするには、思っているよりも根気が必要で、モチベーション維持が大変になるので勉強が続きづらくなります

短期間で効率的に勉強するためにも、以下のポイントを抑えておくことで最小の時間で最大の効果を得られるはずです

  • 試験日から逆算して勉強の予定を立てる
  • 1つのテキストに絞って理解できるまで繰り返し学習する
  • 過去問をいくつか解いて出題内容やその傾向を掴む
  • スマホアプリやネットを活用して隙間時間を利用する

モチベーションが落ちて勉強の効率が落ちたり諦めてしまう前に、短期集中で資格の勉強を進めましょう

資格取得を「目的化」しないこと

多くの企業は資格よりも実務経験を優先するので、資格の勉強はあくまでも分野へのアピールにとどめておきましょう

資格はあくまでもやりたい仕事を始めるためのツールのひとつです

仮に資格を取ったとしても、実際に会社でどんな活躍や行動を起こしてくれるのかという経験や知見が合わなければ採用は見送られます

資格を取得してアピールしたい気持ちもわかりますが、あくまでも分野への興味と早くキャッチアップする意欲を見せるツールであることを覚えておきましょう

2021年以降も役立つ!これからの時代に役立つ資格ランキング18選

需要が高く、将来性がある資格として大きく以下の3種類があります

  1. 業務独占資格
  2. スキルアップや能力を得られる資格
  3. 今後伸びる業界・業種に関連した資格

業務独占資格ランキング

  • 税理士
  • 司法書士
  • 社労士
  • 行政書士
  • 公務員
  • 宅建士
  • 行政書士
  • 司法書士
  • 公認会計士

業務独占資格とは、業務をする上で必要な資格を指します

この手の資格を取ることができれば、公務員を除いて、今の会社や次の会社に転職した後に独立を目指せるでしょう

資格を取得するだけで仕事が見つかるものでもあるので、特に何かを成し遂げたいわけではないけど仕事には困りたくない方、これらの資格で独立したい方にはおすすめの資格です

スキルアップや能力を得られる資格ランキング

  • 中小企業診断士
  • MOS(マイクロソフトオフィススペシャリスト)
  • キャリアコンサルタント
  • ウェブデザイン技能試験

スキルアップを叶えられる資格なので、あなたが身に付けたいスキルが身についているのかを確認する上で役立つ資格です

ただし、これらのスキルは取得すれば良いというものではなく、実際のそのスキルを活かして仕事ができる、ということが重要です

あくまで信用性を一部担保するものでしかなく、実際に業務経験を積んだり実績を積むことでスキルと資格が認められるようになります

スキルアップや能力を得られる資格を取る時は、資格を取った後にフリーランスでも社内業務でもスキルを他人に提供する実績を作りましょう

これから需要が増える仕事に関連する資格ランキング

  • 基本情報技術者
  • 応用情報技術者
  • データスペシャリスト試験
  • 情報処理技術者試験
  • オラクルマスター

今後伸びる業界や業種に関わる資格を取得できれば、この先伸びる人材需要に併せて転職活動ができるようになります

例えば、IT人材不足が叫ばれている今、SEになるのに必要な基本情報技術者という資格を持っていれば未経験でもIT企業に挑戦しやすくなります

今後はデータ分析ができる人材を求める企業が増えることが想定されるため、データ分析を勉強して資格を取れるレベルまで上げることでITで需要がある人材になれるかもしれません

将来伸びる業界や業種に合わせて資格の勉強をすることで年収アップは目指せます

実際は資格が必要というわけではありませんので、今後成長する業界に挑戦したいのであればまずは将来性のある業界や仕事に転職した方が早いかもしれません

【コラム】意味のない資格ランキングと特徴

一部の資格は取得するだけでは意味を成さず、資格で得た知識とスキルを実際に業務やサービスとして提供することで初めて知識を活かせる資格もあります

例として以下のようなスキルは、取得する意味がないわけではありませんが、他のスキルとかけあわせたり、実際にスキルとして活用することを常に念頭においておきましょう

  • 簿記
  • ITパスポート
  • 医療事務

効率的に国家資格を勉強する時に活用すべき2つのスクール

国家資格を始めとする資格を勉強するなら、ユーキャンやアガルートなどのスクールを活用しましょう

  • ユーキャン
  • アガルート

ユーキャン

ユーキャンは国家資格の取得サポートに強みを持つ通信講座で、この10年間で352,433人もの合格者を排出しています

  • 50年以上も通信教育事業を実施している老舗企業
  • 宅建士やファイナンシャルプランナーの両方で15,000人以上もの合格者を排出
  • 弱点が克服できる添削指導や動画講義などのウェブ学習が可能

通信教育の中でも老舗企業で半世紀の経験・知見と圧倒的な合格者の実績を出せています

資格取るマン
資格取るマン

勉強するなら確実に国家資格の資格を取得したいなあ

特に宅建士やファイナンシャルプランナーの資格取得には強く、これまでに以下の合格者数を排出しています

宅地建物取引士      :15,551人の合格者実績
ファイナンシャルプランナー:15,342人の合格者実績

これらの資格以外にも介護福祉士や行政書士、社会保険労務士などの資格でも高い実績を出しています

実用的な資格を確実に取得したいのであれば、ユーキャンで国家資格の勉強をしましょう

>>ユーキャンで国家資格の勉強を始めてみる

アガルート

アガルートはオンラインで完結する講義と充実したサポートが売りで、最短ルートでの資格取得を目指す資格講座です

  • 資格予備校支持率、口コミ評価、サポート体制すべてでNo.1を獲得
  • 必要な情報を必要なだけ勉強するカリキュラムを組んでるので最短期間で合格できる
  • 司法試験を始めとする様々な国家資格で高い合格率を叩き出してる

2015年からスタートしている新進気鋭の資格予備校で、特に以下の資格で高い合格率を叩き出しています

宅地建物取引士試験:合格率43.7%(通常合格率13~17%)
行政書士試験   :初受験者合格率37.9%、複数回受験者合格率46.5%(通常合格率11.18%)
社会保険労務士試験:合格率25%(通常合格率.64%)

資格取るサン
資格取るサン

仕事をしながら勉強しないとだし、正直ヤマを張って最小限の勉強がしたい・・

毎日忙しく仕事をしていると、できるだけ勉強する内容を減らしたいと思うのは当たり前のことです

とはいえほとんどの資格スクールがそれを推奨するわけではなく、みっちり勉強しなければなりません

アガルートはそんなあなたの願いを叶えて、資格予備校側でヤマを張ってくれます

最小限の勉強工数と時間で済むからこそ、仕事をしながらでも最短で資格取得まで走り抜けるんです

仕事をしながらも最短で資格を取りたいのであれば、アガルートで最短合格を目指しましょう

>>アガルートで最短ルートの国家資格取得を目指す

将来性のある業界で働くために、資格は本当に必要なの?

将来性のある業界で働く上で資格は必ずしも必要なものではありません

もちろん、資格があれば安定して仕事を得られるでしょう

しかし、資格がなくても将来役に立つスキルや経験は身に着けたり、学ぶことができます

資格にあまり固執せず、将来どういう姿になりたいのかを考えるところから始めると良いかもしれません

資格を勉強する以外に食いっぱぐれない準備をする方法ってあるの?

資格を勉強する以外に食いっぱぐれない準備をするには以下の方法があります

  • どんなスキルや資格をそもそも勉強したいのか分析する
  • スキルを勉強する
  • 将来性のある仕事や業界に転職する

どんなスキルや資格をそもそも勉強したいのか分析する

資格を勉強する前に、あなたが本当に勉強したいと思っていることを自己分析することがオススメです

もちろん、「これから需要があるから勉強する」というモチベーションで勉強することは素晴らしいことです

しかし、興味が持てないこと、不得意なことをどんなに勉強しても、なかなかうまくいかない、というのが現実です

例えば、元々数学や化学など理系科目は大の苦手なのに、数学オリンピックに出場して優勝できるでしょうか?

苦手で嫌いな数学を勉強しているあなたと、数学が好きで仕方がない、得意で問題を次々と解いていってしまうAさん、どちらが数学で成功しそうでしょうか?

いずれも、答えは明白ですよね

まずはあなたがどんなことが得意なのかを理解しておくことであなたが成功しやすい分野がわかります

その分野に関連する資格を勉強すれば、効率的に勉強できて資格を取れるだけでなく、その道で成功して年収も上げられるはずです

私自身、通関士を勉強していた時期がありましたが、全く興味が持てず勉強も全然はかどりませんでした

その代わり、元々得意だった英語を軸に転職活動をしたところ、早いうちに転職先が決まっただけでなく年収も数年前と比べて100万円ほど上がったんです

社会人になってから半年以上自己分析をしていたこともあり、どんなスキルを活かせる環境なら仕事を楽しめるのかわかっていたので、転職先を決めるのにもあまり苦労しませんでした

資格を取って将来は稼ぎたい!けど、実際は興味を持てる資格がなくてどの資格を勉強するべきか悩んでいませんか?

もしそうなら、資格を勉強する前に自己分析をしてあなたの得意なことや向いてる仕事・分野を分析して、どんな仕事ならあなたが本当に将来的に稼げるのか分析する必要があります

とはいえ、社会人で働きながら半年以上も自己分析をするなんて、正直めんどうだし気が遠くなるかもしれません

ポジウィルという自己分析をコンサルしてくれるサービスなら、あなたが向いてる仕事や得意なことをたった2か月で分析できます

プロを頼ることで半年以上の長い時間をたった2か月に短縮できるなら、プロを頼る価値はあると思います

特にポジウィルなら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、あなたの得意なことを分析する糸口が見つかるはずです

興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

>>【無料】まずはポジウィルの45分間のコンサルを受けてみる

正直、ここまで読んでも「自己分析って正直めんどくさいなあ・・」と感じている人もいるとも思います

「そもそも今から自己分析しないといけない理由って何?」と思ってるかもしれません

以下の記事では最短30分程度で向いてる仕事を分析できる診断ツールや、そもそも「社会人でも自己分析って必要なの?」という疑問に対する答えを記載しているので、一度読んでみてください

スキルを勉強する

資格を必ずしも勉強することはありませんが、特定のスキルを身に着けることはできます

スキルを身に着ける上で試験日を待たないといけない、ということはありません

最短スケジュールでスキルを習得できれば以下のメリットを享受できます

  1. 年収が上がりやすくなる
  2. 転職の際にキャリアップしやすくなる
  3. 需要が高いスキルなら食いっぱぐれなくなる

資格は信用力をつけられる反面、すぐに年収アップにつながらないことが多いのが難点です

資格取得マン
資格取得マン

せっかく頑張って資格を取れたのに年収は上がらなかったなあ

せっかく1年も2年もがんばって勉強したのに年収やキャリアアップにつながらなければもったいないです

以下の記事ではこれから身に付けるスキルとしておすすめなものを記載しているので、これから年収アップやキャリアアップを目指したいのであれば一読してみてください

20代で転職したいけどスキルがないと厳しい?身に付けるべき3つのスキルとは?

将来性のある仕事や業界に転職する

資格を取る時間と労力をかけず、将来食いっぱぐれないようなスキルで仕事をしたいのであれば、将来性のある仕事や業界に転職することが最短の道です

資格を勉強する上で、どうしても時間も労力もかかってしまいます

少なくとも半年、長いと数年勉強することで取れる資格も少なくありません

その時間を待っている間、あなたは確実に年を重ねて、今の仕事で経験を積みながら次の仕事に実際に挑戦を始めるまで時間が過ぎていきます

あなたが数年間資格を勉強している間に、あなたが挑戦したい仕事で経験を積んでいる人は大勢いて、思うような成長と経験を確実に進めています

あなたが目指す目標に、その資格は本当に必要でしょうか?

もしあなたが将来食いっぱぐれたくない、と考えて資格を取ろうとしているのであれば、将来性がある仕事で働くことでその姿を叶えることができます

どんな仕事に挑戦したら良いのか分からない場合は、エージェントに相談して、あなたが今から挑戦できる将来性のある仕事を教えてもらうと良いでしょう

エージェントであれば、あなたの経歴を聞いた上で、あなたと親和性の高い仕事や業界を教えてくれます

私の知り合いには100社以上ものエージェントと会ってから頼るエージェントを決めた人がいます

その人は未経験の仕事に挑戦するために頼りになるエージェントを探していたのですが、100人以上の人から話を聞いた結果、狙い通りの職種に転職できた上、150万円も年収アップできたそうです

100人ものエージェントに会えば、頼りになるエージェントに出会えるでしょう

とはいえ、働きながら100人ものエージェントに会うのは大変だし、正直めんどくさいですよね

一旦は5社程度のエージェントと話してみて、もしそれでも頼りにならないエージェントにしか出会えないなと感じたら追加で会っていくことがおすすめです

まとめ

今回は将来性のある資格の特徴やランキング、将来も仕事を常に困らないために今からできることをご紹介しました

将来性のある資格には市場価値が高い、専門性が高い、そして希少性が高いという特徴があります

これから資格を勉強して将来のキャリアに備えたいのであれば、ユーキャンやアガルートで国家資格を勉強するのが一番安心です

特にユーキャンは50年以上も通信教育事業を実施している歴史と宅建士やファイナンシャルプランナーの両方で15,000人以上もの合格者を排出した実績があります

他にも受けられる国家資格はいろいろあるので、まずはどんな資格を勉強できるのか探すところから始めてみましょう

>>ユーキャンで国家資格の勉強を始めてみる

あわせて読みたい記事!

【元プロが比較】おすすめ転職エージェントランキングと利用の流れを解説 【最新版】将来性のある仕事15選とそれらの仕事につく方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です