データ分析をする仕事とは?必要なスキルや未経験からデータ分析系の仕事に転職する方法を徹底解説

こんにちは、Kumaです

データ分析のスキルや仕事の需要が伸びてるという話は耳にするけど、実際にどんな仕事に活かせるのかが分からず、勉強するべきか悩んでいませんか?

データの分析能力やスキルを必要とする仕事はたくさんありますが、最近特に注目を浴びているのはデータアナリストやデータサイエンティストと呼ばれる仕事です

今回はデータ分析をするデータアナリストとはどんな仕事なのか、どんな場面や仕事で活かせるのかをご紹介します

データアナリスト(分析士)って結局どんな仕事なの?

データアナリスト、データ分析とは与えられた企業や商品のデータを分析し、その結果に基づいて次にどんなアクションを取るべきかのアドバイスをする仕事です

データ分析の流れは大まかにいうと以下の通りです

  1. 要件定義(達成したい目標は何か、どんなデータが必要かを決める)
  2. データ収集
  3. データ加工、処理
  4. データ分析
  5. 反映

また、データアナリストは以下の3種類に分けられます

  • AIエンジニア
  • データエンジニア
  • コンサルタント

AIエンジニア

AIエンジニアとは、機械学習に分析ロジックを組み立て・読み込ませた上で手元にあるデータを実際に分析するエンジニアを指します

  • 要件定義・データ分析のプロセスで手を動かす人
  • PythonやRのプログラミングスキルが必要
  • 分析のシステム構築・運用の改善がメインの仕事

データエンジニア

データエンジニアとはAIエンジニアと連携してシステムから吐き出されたデータ処理を行う職種です

  • データ収集、データ加工・処理のプロセスで手を動かす人
  • PythonやJava、Scalaなどのプログラミングスキルが必要
  • データベースの設計スキルやベースの知識、インフラやクラウドの知識があればなお良し

コンサルタント

データ分析におけるコンサルタントとは、データ分析の結果を元にクライアントに事業戦略やマーケティング戦略をコンサルする仕事です

  • 反映のプロセスで数字を実際の提案やアクションに反映させる人
  • プログラミングスキルは最低限で良いものの、経営や事業、マーケティングの知識は必要
  • 仮説設定から分析結果に基づいたアクション、その検証まで実施

お客さんがデータ分析を外部に依頼する上で相談するのはコンサルタントなので、企業やサービスの顔とも言える立ち位置ですね

データに対する造詣の他、対人スキルがあるとなお活躍しやすいでしょう

データアナリストとデータサイエンティストと何が違うの?

データアナリストとはデータ分析に関わるすべての職種の総省であることに対し、データサイエンティストは実際にデータの要件定義や収集、加工を行う人たちを指します

  • AIエンジニアとデータエンジニアを合わせてデータサイエンティストと呼ぶ
  • コンサルタントは実際にデータを収集・加工するわけではない

データ分析サービスを提供してる会社にいるなら、社内ではデータサイエンティストとコンサルタントという形で大きく分かれて見られることが多いはずです

データ分析の仕事に求められる能力やスキルって何?

データ分析に関わる人に求められる能力やスキルには以下のものが挙げられます

  • 論理的思考力
  • データ整理スキル
  • ビックデータ解析やAIに関する知見やスキル
  • プログラミングスキルやマーケティングスキル

データという根拠をもとにロジックを展開してデータ分析をしたりお客さんにコンサル・提案したりするので、論理的思考力はベースとして必要なスキルです

また、コンサルタントはお客さんとのコミュニケーションや提案力が重視されるので、お客さんが困っている事業戦略やマーケティングの知識は必須と言えるでしょう

データ分析に関わる仕事の年収って高いの?

dodaによると、データアナリスト・サイエンティストの平均年収は517万円だったそうです

  • 日本全体の平均年収は420万円程度なので平均よりは高いことがわかる
  • AI・データエンジニアなら年収2,000万円を目指せる求人もある
  • コンサルタントもスキル・キャリアップ次第で同レベルの年収を目指せる

保有しいてるビッグデータの活用に困る企業が多い中、データ分析の需要は少しずつ増えてきています

その需要に併せてデータ分析関連の仕事の需要は伸びているので、これからデータ分析の世界に足を踏み入れてみるのも良いかもしれません

データアナリストに向いてる人の特徴

データアナリストに向いてる人には以下の3つの特徴をもってる人が多いです

  • 数字やデータを見るのが好き
  • 知的好奇心が強い
  • 几帳面で細かい作業が好き

数字やデータを見るのが好き

データ分析に関わる仕事は数字と向き合う時間が長い仕事なので、数字やデータを見るのが好きな人ほど活躍しやすくなります

  • 好きこそものの上手なれ、数字が嫌いな人が気づけない情報に反応できる
  • エクセルが得意で同僚に頼られることが多いなら素養はあるかも
  • 数字を見て「この数字は〇〇を意味してるんじゃないか」と考える癖がある人も向いてる

数字と向き合うことが好きで、数字の奥にある意味や現象に興味を持てるならデータアナリストとして活躍しやすいでしょう

知的好奇心が強い

知的好奇心が強く、仕事関係なしに情報を集めたり勉強するのが好きな人もデータ分析関係の仕事に向いてるでしょう

  • データアナリストでも統計学やマーケティングスキル、経営・事業運営の知見も必要
  • データ分析の知識だけでは活躍の幅が狭いので幅広くスキルや知識を溜め込む必要がある
  • PythonやRなどのプログラミングスキルは日進月歩で進化するのでキャッチアップが必要

例えばおしゃれや趣味のために、常に雑誌やSNSで情報収集するのが好きな人なら、データ分析関係の仕事でも常に最新情報を仕入れられるでしょう

そんな人なら、データ分析関係の仕事でも活躍できるはずです

几帳面で細かい作業が好き

数字の打ち間違い一つにも注意を向けられる人なら間違った分析や意思決定をを回避できるため、データ分析関係の仕事で活躍できる素養をもっていると言えます

  • データ分析は数字が命、ちょっとした打ち間違いでも分析結果に大きな影響がある
  • 数字のミスが理由でクライアントから信頼を失ってしまうこともある
  • ミスが許されない仕事だからこそ、几帳面だったり細かい作業が好きな人が活躍しやすい

プラモデルの色にこだわったり服の形や色、ファッションの組み合わせにこだわりがある人ならデータ分析の仕事でも活躍しやすいんじゃないでしょうか?

データアナリストに向いてない人の特徴

逆に、以下の特徴を持ってる人はデータ分析関係以外の仕事を探した方が良いかもしれません

  • データよりも直感を頼りがち
  • 仕事とプライベートを完全に分けたい
  • 細かい作業が苦手

データアナリストとは意思決定をする根拠を導き出して提案する仕事であり、サービスです

根拠となるデータを無視した提案や仕事のための勉強時間を最小限に抑えたい人だと、データ分析関係の仕事を始めても逆に苦労するかもしれません

細かい作業が苦手な人は、1日中数字を見たり細かい資料を作る段階でつまづいてしまって、上司や先輩から怒られることが増えると思います

データ分析やデータサイエンティストに憧れるけど、向いてない人の特徴をもってるなあ、と感じる人はデータ分析以外の仕事を検討してみることをおすすめします

とはいえ、「別にこれといって興味を持ってるものってないんだよね」という人もいると思います

そういう人は、まずは自己分析をして強みや適職を分析するところから始めましょう

私も、最初は「この仕事カッコよさそう!」という理由で転職したことがありますが、転職してから「この仕事向いてないわ・・」と気づいてしまいました

当然良い結果はなかなか出ず、上司や先輩から怒られてばかりでした

「ずっとこのままは嫌だ」と思って、自分の強みや適職を探すために自己分析を始めました

半年以上の時間がかかりましたが、なんとか強みと適職がわかり、今では自分の得意なスキルを活かしながら無理なく働けています

年収も150万円もアップできてるので、自己分析をして良かったと感じています

もしあなたもどんな仕事を選ぶべきか悩んでいるなら、まずは自己分析をして強みを分析するところから始めましょう

ただ、正直半年以上もの時間をかけて強みを分析するなんてめんどくさいし、時間がかかりすぎ、だと感じる人もいるはずです

ポジウィルのようなキャリアコーチに相談しながら自己分析をすれば、たった2か月程度で自己分析を終わらせることができます

それどころか、別の仕事の方が向いてる、と分かった時には求人探しや職務経歴書などの書類を作るところまで手伝ってくれます

半年以上もの時間をかけるなんて、正直もったいないです

効率的に強みを活かして理想の働き方を実現するためにも、まずはキャリアコーチに相談しながら強みを分析してみましょう

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

>>【無料】ポジウィルでまずは45分間のコンサルを受けてみる

データ分析・アナリストの将来性って高いの?

データアナリストの将来性は高く、少なくとも向こう10年20年は需要は落ちないでしょう

  • DXの流れが激しく、2020年代は企業のあり方の転換期
  • 企業が保有するビッグデータを活用したニーズは増えてるけどデータを扱える人が少ない
  • 働きながらITスキルや統計学、マーケスキルなどを伸ばし続けられるかがポイント

需要は今後高まり続けていく一方でデータ分析に専門性をもった人はまだまだ足りていません

もしデータ分析や関連するスキル・知見を勉強し続けながらAIエンジニアやデータ分析コンサルタントとして働けば、間違いなく重宝される人材になれるでしょう

すでに年収2,000万円の年収を叶えられるデータ分析関係の求人が出回っているぐらいなので、将来的にはあなたにもそんなチャンスが掴めるはずです

データアナリストになる上で必要な資格はあるの?

以下のような資格を取得しておけば統計学やITスキルを持っている証明になるので、データアナリストになる選考に有利になるでしょう

  • 統計検定
  • ORACLE MASTER
  • OSS-DB技術者認定試験
  • 情報処理技術者試験

とはいえ、データアナリストになる上で必要な資格は特にありません

AIエンジニアになるのであればPythonなどのプログラミングスキルを先に身につけることが先決です

また、コンサルタントになりたいのであれば、今現時点で受けられる求人を探した方が、却って早くデータ分析に関わる仕事に就けるでしょう

未経験からデータ分析に関わる仕事に転職する方法

未経験でも、以下のいずれかの行動を取ればデータ分析関係の仕事への道は開けるはずです

  • AI・データエンジニアになるならデータ分析のスキルを身につける
  • コンサルタントになるなら今の経験値で応募できる企業を探す

AI・データエンジニアになるならデータ分析のスキルを身につける

実際に分析するデータの要件定義をしたり分析自体を自分の手で行いたい、ということであればAI・データエンジニアに必要なAIスキルを身につけましょう

  • エンジニアの仕事経験がないと未経験からAIエンジニアとして採用してもらえない
  • まずはPythonやRなどプログラミングスキルを身につけて職場やコンテストで実践してみる
  • 職場でスキルを使ったりコンテストである程度の成績を残せれば採用してもらいやすい

これまでプログラミングの勉強なんてしたことがないし、無理じゃない・・・?、と思うかもしれません

最近では、未経験からAIエンジニアになる上で勉強できるスクールが増えており、未経験からでもAIエンジニアに必要なスキルを身につけられます

特にAIジョブカレPROなら、無料でスキルを身につけられるだけでなく、AI・データエンジニアになるための転職までサポートしてくれます

未経験からAIエンジニアやデータサイエンティストになるまで一気通貫でサポートしているからこそ、未経験から挑戦するからこそ不安に感じるポイントや疑問も理解しています

勉強を始める前に解消しておきたい疑問や不安なこと、わからないことってたくさんありますよね

もし不安なら、まずはあなたが本当にAIエンジニアとして活躍できそうなのか、どんな勉強から取り組めば良いのかをプロに相談した方が良いかもしれません

AIジョブカレPROなら無料で相談にも乗ってくれるので、AIエンジニアに興味あるけどわからないことが多いな・・・という方はカウンセリングから始めてみましょう

>>転職すれば完全無料!AIジョブカレPROに相談してみる

コンサルタントになるなら今の経験値で応募できる企業を探す

もしデータ分析サービスのコンサルタントになりたいのであれば、これまでの経験値から応募できるデータ分析企業を探してみましょう

  • コンサルタントは営業経験やカスタマーサクセスの経験があれば未経験でも挑戦できる
  • IT業界の経験とマーケティングに興味があれば採用してもらいやすい
  • IT業界に特化したエージェントなら非公開求人も持っているのでチャンスを取りこぼさない

データ分析関係の求人数はまだ多いとは言えず、探すのに一苦労なのが正直なところです

データ分析系の会社はIT業界に属しているので、特にIT業界に特化しているエージェントに協力を仰ぐことで効率的に応募できる求人を探せます

一人で転職活動をしていると、以下の行程をあなた一人で全て行わないといけなません

  1. 履歴書・職務経歴書の作成
  2. 応募する求人の条件絞り込み
  3. 求人の検索・応募
  4. 面接の準備
  5. 書類・面接の状況管理
  6. 内定受諾後の条件や働き始めのタイミングの交渉

よほどの余裕がない限り、これらをすべてあなた一人でやるってめんどうではありませんか?

エージェントならこれらのうち、ほとんどを手伝ってもらったり代わりにやってくれたりします

今の仕事が忙しくても、面接で話したり希望条件を伝えるなど、最低限の作業だけでベストな転職ができるんです

あなたの負担を最小限に、データ分析コンサルになる最大限のチャンスを掴むためにも、エージェントを使って転職活動を進めましょう

私の知り合いには未経験の仕事に転職する上で100人以上ものエージェントと会い、一番信頼できるエージェントに転職サポートを依頼した人がいます

その人は未経験で挑戦したかったコンサルの仕事に無事転職できた上、年収も150万円以上もアップできたそうです

本人は書類を作ることなく面接に挑むだけでよかったそうなので、本人はほとんど面接に話しにいくだけで挑戦したかったコンサルになれたそうなので、かなり理想的ですよね

100人ものエージェントに会えば、信頼できるエージェントに出会えるのはうなずけます

とはいえ、100人ものエージェントに会うのって正直大変ですし、100人もの人と会う前に早く転職したいと思うかもしれません

なので、まずは5人程度のエージェントと話してみて、信頼できるエージェントがいないか確認するところから始めてみると良いかもしれません

データ分析関係の会社はIT業界に属しているので、GeeklyのようなIT業界に特化したエージェントを頼るのはマストです

その他のエージェントを探すなら、以下の記事でご紹介してるエージェントなら信頼度は高いはずなので、手始めとして相談しにいってみてください

>>IT業界に特化したエージェントGeeklyに相談する

データ分析って流行ってるっぽいし面白そうかも?思ってるあなたへ

データ分析という名前や響きがカッコ良いから興味を持ってる、という方は勉強を始める前に自己分析をして得意なことや適職を先に明確にしましょう

  • 「カッコよさそうだから」「おもしろそう」という理由で挑戦するのは悪いことじゃない
  • 勉強を始めて実際に転職した後に「向いてなかった」と後悔しても遅い
  • 最初から向いてる仕事に挑戦すれば、不必要な寄り道をせずに済む

あなたはどんなことが得意ですか?

得意なことがわからなければ、適職も導き出すことができず、当てずっぽうで仕事を選ぶことになるので仕事がうまくいきづらくなります

もし得意なことがわからないのであれば、まずは自己分析をして得意なことや適職を明確にする必要があります

私も働き始めた頃は自分の得意なことがわからず、気づかずに向いてない製造業の事務仕事を頑張っていましたが全然成果が出ず、怒られてばかりでした

そんな状況から脱却するために全く別の業界にIT系の営業に挑戦しましたが、これもうまくいかず、前職と同じように怒られてばかりだったんです

このまま怒られながら仕事を続けるのは嫌だと思い、自分の強みや適職を知るために自己分析に取り組みました

その結果、半年以上かかって自分の強みや適職を明確にすることができました

自己分析をする前と比べると、今では自分の強みとしているスキルを活かした仕事で働けているので以前よりも無理をしている感覚はありません

年収も150万円程度上がっているので、自己分析をしておいて良かったと実感しています

あなたは、データアナリストやコンサルタントが適職だと自信を持って言えますか?

もしそうでないなら、先に自己分析をして強みや適職を明確にした方が良いです

とはいえ、半年もかけて自己分析をするなんて正直めんどくさいし、それだったらさっさとデータ分析に必要な勉強をしたり転職活動をした方が良いと感じるかもしれません

ポジウィルのキャリアコーチに手伝ってもらいながら自己分析をすればたった2か月であなたの強みや適職を分析できます

向いてる仕事や適職に転職するための書類や面接の準備まで手伝ってくれるので、本当に向いてる仕事への転職もかなりスムーズに進むはずです

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

>>【無料】ポジウィルでまずは45分間のコンサルを受けてみる

データ分析関係の仕事ができる会社の例

データ分析サービスを提供している会社やデータ分析を強みにしている企業の例として以下の企業が挙げられます

  • 株式会社ALBERT
  • データセクション株式会社
  • 株式会社データミックス
  • 株式会社ブレインパッド
  • 株式会社プラスアルファ・コンサルティング

株式会社ALBERT

株式会社ALBERTはAIを活用したデータ分析サービスを提供する企業で、データ分析サービスだけでなくデータ分析ができる人材育成にも力を入れています

  • 2005年に創業、SBIグループやトヨタにもサービス提供
  • 自動運転に必要な画像認識のビッグデータ分析や産業用ロボットのAI化の実績
  • スグレスやタクミノメなどのAIプロダクトも運用
  • 「分析力」をコアとしていて、データ分析力を強みとしている

より詳しく知りたい方はホームページも覗いてみてください

↓【公式】ホームページ↓
https://www.albert2005.co.jp/

データセクション株式会社

データセクションとはソーシャルメディアの情報の収集や分析を強みとしているデータ分析企業です

  • Twitterなどのソーシャルメディアの全量投稿取得サービスを提供
  • SNS上の不適切画像の認識・自動削除サービスを提供
  • オンラインデータの収集・分析をベースとしたオーダーメイドソリューションを提供

より詳しく知りたい方はホームページも覗いてみてください

↓【公式】ホームページ↓
https://www.datasection.co.jp/

株式会社ブレインパッド

ブレインパッドはビジネス力、分析力、エンジニアリング力の全てに強みを持っている、データ分析のサービスをワンストップで提供できる企業です

  • AIを活用したマーケティングアナリティクスやCRMコンサルティングを実施
  • 各クライアント企業でもデータ活用が促進できるよう人材育成サービスも展開
  • Yahoo!やJT、Nissanへのサービス提供実績

より詳しく知りたい方はホームページも覗いてみてください

↓【公式】ホームページ↓
https://www.brainpad.co.jp/

澪標アナリティクス株式会社

澪標アナリティクスは様々な業界のビジネス課題にデータマイニングのコンサルソリューションを提供している企業です

  • 社内に溜まっているデータから情報やデータを引き出す分析サービスを提供
  • 長期的な情報収集・分析からスポットでのデータ分析まで対応可能
  • データ分析の上流から下流まで総合的なコンサルティングができる
  • データサイエンティストがいなくてもデータ分析ができるMioCompassを展開

より詳しく知りたい方はホームページも覗いてみてください

↓【公式】ホームページ↓
https://mioana.com/

株式会社プラスアルファ・コンサルティング

プラスアルファ・コンサルティングはベストベンチャー100に7年連続で選ばれているコンサル企業で、データ分析や可視化のSaaS提供を武器にしている企業です

  • 特に人材活用、マーケティング関係のコンサルが得意
  • テキストマイニングツールでは10年連続シェア1位を達成
  • アンケートやSNSなどのデータ可視化に力を入れているデータ分析企業

より詳しく知りたい方はホームページも覗いてみてください

↓【公式】ホームページ↓
https://www.pa-consul.co.jp/

データを扱う仕事が好きなら向いてるかも

ともあれ、エクセルでデータ集計をしたり情報提供のために資料を作るなどの業務が好きなら、Aiエンジニアやデータエンジニア、データ分析コンサルタントの素養はあるはずです

将来性の高い仕事でもあるので、今からスキルを身に付けてデータ分析の世界に飛び込めば将来思わぬチャンスを手にできるかもしれません

最短でデータ分析関係の仕事につくなら、まずはAI・データエンジニアの仕事に興味があるのか、それともコンサルタント系の仕事にあるのかを選ましょう

Aiエンジニア・データエンジニアに興味があるなら、まずはAIを扱う上で必要なPythonなどのプログラミングスキルを勉強するところから始める必要があります

>>転職すれば完全無料!AIジョブカレPROに相談してみる

もしデータ分析コンサルタントに興味があるなら、GeeklyなどのIT業界に強いエージェントに求人探しから協力してもらい、応募できる求人を効率的に探しましょう

>>IT業界に特化したエージェントGeeklyに相談する

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です