ITエンジニアとは簡単に言うとどんな仕事?未経験からなる方法をわかりやすく解説

こんにちは、Kumaです

ITエンジニアに興味があるけどどんな仕事なのかよくわからない、イメージがつかないということはありませんか?

ITエンジニアと言っても、SEやプログラマーなど、様々な種別があるため、正確に理解することに苦戦することもあるでしょう

今回はITエンジニアとは何か、その種類と仕事内容、ITエンジニアになる方法をわかりやすくご紹介します

ITエンジニアに興味があるけど仕事内容のイメージがつかない方、未経験からITエンジニアになりたい方はぜひ最後まで読んでみてください

ITエンジニアとは?その職種の種類と仕事内容をわかりやすく解説

ITエンジニアとは、ITに関わるエンジニアの総称です

プログラミング言語やシステムを活用して企業内の情報管理に使うITシステムや誰でも使えるウェブサービスなどを設計から構築、保守まですることがメインの仕事でしょう

ITエンジニアには大きく分けて2つの種類があります

開発系エンジニア

開発系エンジニアとは、パソコンやスマホ、自動車や船、電化製品などの製品を設計から試作品の開発、シミュレーションまで実行するエンジニアを指します

新しい電子デバイスの開発をするエンジニアと覚えておくとわかりやすいかもしれません

開発系エンジニアには以下のような職種があります

  • システムエンジニア(SE)
  • プログラマー
  • ウェブエンジニア
  • アプリケーションエンジニア
  • ソフトウェアエンジニア

システムエンジニア(SE)

システムエンジニア(SE)とは、システムの要件定義、設計、テスト、稼働など、プロジェクト全体を管理するエンジニアを指します

プロジェクト全体の立ち上げから設計構築、運用保守までを管理するという意味では責任の範囲が非常に広い仕事だと言えます

システムを開発する上でITコンサルタントと連携することは必須となるため、エンジニアの中でもコミュニケーション力を多く求められる仕事でしょう

プログラマー(PG)

プログラマーとは、SEが設計したものを実際にプログラムを組んで作り上げるエンジニアを指します

実際に手を動かしてシステムを構築する人、というイメージです

様々なプログラミング言語を活用して、いかに効率的なシステムを組み立てることができるか、というのが腕の見せどころです

Webエンジニア

Webエンジニアとは、YoutubeやAmazonなど、ウェブ上で使えるサービスの開発をするエンジニアを指します

フロントエンジニアとサーバエンジニアの2つがあります

フロントエンジニアはウェブサイトのデザインやUI/UXを開発していくエンジニアで、私たちが日頃使うアプリの見た目や使いやすさに直結する部分を構築します

サーバエンジニアはウェブ上で行われた操作の内部処理を実行するための環境を開発するエンジニアで、私たちの操作に基づいて情報を処理するシステムを構築しています

Webエンジニアになることで様々なWebサービスの開発に関われるという面白みがある仕事だと言えるでしょう

アプリケーションエンジニア

アプリケーションエンジニアとは、スマホやPCで使う、業務効率化を図るアプリを作るエンジニアを指します

例えばあなたが使うChromeやTwitter、Instagramなどのアプリも、アプリケーションエンジニアによって構築・運用されています

生活の身近にあるサービスを作りたいと考えている人にとってピッタリの職種だと言えます

ソフトウェアエンジニア

ソフトエンジニアとは、スマホのOSやスマート家電のソフト開発するエンジニアを指します

iPhoneのiOSやAndroid、最近話題のスマート家電に搭載されているレシピ提案機能やエアコンの強弱自動調整機能などのソフトを開発しています

すでに成長が始まっている分野で、私たちの生活を大きく変えていく可能性をもっている分野であるため、時代をこれから引っ張っていくエンジニアと言っても過言ではありません

その他の開発系エンジニア

その他の
開発系エンジニア
内容
テストエンジニアシステムやソフトウェアなどのIT製品が正しく動作するのかを
検証・評価するエンジニア
ブリッジエンジニア日本企業と海外企業の橋渡しを行うエンジニア
AIエンジニアAI(人工知能)技術を使ってプログラム開発やビッグデータ解析をするエンジニア
組み込み系エンジニア家電製品や通信機器の内部に組み込まれたシステムの開発をするエンジニア

その他の開発エンジニアにはシステムを構築するだけでなく、クライアントや企業間のコミュニケーションを取り持つ役割をもっている職種もあります

これまであなたが得てきた経験やスキルとかけ合わせて、あなただけのポジションを作ることができれば理想的ですね

インフラエンジニア

インフラエンジニアとは、ITシステムを動かすデータベースやサーバーネットワークの設計、構築、運用保守をするエンジニアを指します

パソコンでウェブを使うための通信やサーバーのシステムを設計・開発・運用保守まで実施するポジションが多いでしょう

扱うシステムによって、以下のようにエンジニアの種類があります

  • ネットワークエンジニア
  • サーバーエンジニア
  • データベースエンジニア
  • セキュリティエンジニア
  • クラウドエンジニア

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアとは、ウェブのネットワーク環境の設計や運用をするエンジニアを指します

WiFiやテザリング、NTTの通信回線などのネットワークで快適にWebサービスを使用できるように通信環境を整えている仕事です

私たちの生活にITが深くまで入り込んでいるからこそ、今や文字通り「インフラ」の維持をする仕事になっています

サーバーエンジニア

サーバーエンジニアとは、ウェブサーバーやメールサーバーの設計・運用をするエンジニアを指します

どのウェブサービスも、サーバーという大きなメモリデバイスに情報が保存されており、Webサービスを使う際は基本的に毎回そのサーバーにアクセスしています

このサーバーが不良を起こしてしまうと探しているウェブページの情報が呼び出せず、閲覧できません

オンラインバンクもサーバーに情報を管理しているため、会社によってはお客様のお金を管理する上で肝となる部分を運用することになるので、責任が大きくなりやすいでしょう

データベースエンジニア

データベースエンジニアとはウェブシステムやソフトでデータを保存するデータベースの設計・運用をするエンジニアを指します

そもそもデータベースとは多くのデータを一定のルールに従って整理・保存されているデータの塊のことをいいます

企業で使うシステムであれば、お客さんのデータをデータベースに保存して、必要に応じてそのお客さんのデータを読み込んで過去の履歴を確認したり書類を保存するでしょう

このデータベースを保存する箱を用途に合わせて設計・開発・運用することで各企業内で事業や業務を運営の最適化が一番の役割と言えます

セキュリティエンジニア

セキュリティエンジニアとは、システムやソフトをサーバー攻撃から守るための設計や運用をするエンジニアを指します

最近では不正アクセスやランサムウェア、標的型攻撃による情報流出が増えています

在宅で働く人が増えている状況でも、自宅のWiFiはオフィスのものほどセキュリティレベルは高くないため、ハッカーからすると攻撃対象が増えている状況です

そのためセキュリティサービスの需要が年々高まっているため、セキュリティエンジニアとして働くチャンスを今後広げやすいでしょう

クラウドエンジニア

クラウドエンジニアとは、AzureやAWSなどのクラウドサービスを活用してインフラ環境の構築・設計・運用をするエンジニアを指します

PC上で使えるサービスを提供する際、多くの企業はこれまでソフトウェアを販売して各PCごとにダウンロードすることでサービスを使ってきました

あなたが使うエクセルやパワポもそのうちのひとつです

しかし、最近はPC上の機能をひとつのサーバーに保存し、必要に応じてそのサーバーにアクセスすることでソフトを使えるようになっています

これがクラウドサービスと呼ばれています

Google Driveなど、オンラインでエクセルやパワポのような機能が使えることが良い例です

オンラインでPCやスマホのソフトや拡張機能を快適に使えるよう、クラウドを設計・開発・運用保守をしているのがクラウドエンジニアなんです

その他

ITエンジニアのスキルは、開発系エンジニアやインフラ系エンジニアの他に以下のような職種で役立てることができます

  • セールスエンジニア
  • フィールドエンジニア
  • サポートエンジニア
  • 社内SE
  • 院内SE

セールスエンジニア

セールスエンジニアとはエンジニアの知識を持った営業の人を指します

ソフトやクラウドなどのITサービスを営業、導入するフェーズではクライアントにサービスの仕組みの説明や導入をする際の協力を仰がなければなりません

エンジニアとしての業務経験や知識をもっていながら、コミュニケーション力もある人がITサービスやソフトの営業できれば、クライアントにストレスなく導入を検討してもらえます

フィールドエンジニア

フィールドエンジニアとは、クライアント先のハードウェアの設置・導入・点検をするエンジニアを指します

クライアント先に常駐するケースも多く、実際にサービスやシステムが正しく稼働しているのか、稼働していない場合のトラブルシューティングを担当しています

システムの設計や開発というよりは、運用や保守という役割が強い職種です

サポートエンジニア

サポートエンジニアとは、ITシステムやソフトの電話口サポートを実施する人を指します

エンジニアとして最低限の知識をもっていないと務まらない一方で、必ずしも手を動かして直接システムに手を加えたりすることは少ないようです

導入したシステムやソフトに関する質問や不具合があった際、クライアント対応をするのが主な役割と言えます

社内SE・院内SE

社内SEや院内SEとは自社や自分の医療機関のシステムを運用・保守するエンジニアを指します

あなたの会社に、あなたが業務に使うPCの使用環境をセットアップしてくれたり、PCの不具体が発生した時に解決してくれる人がいるはずです

その人たちの総称が社内・院内SEなんです

PCやネットワークの知識をもって、従業員がスムーズに業務を運用できるようIT環境の総合的なサポートをするのが社内・院内SEなんです

ITエンジニアって年収は高いの?

職種平均年収
システム開発/運用467万円
セキュリティエンジニア(脆弱性診断/ネットワークセキュリティ)445万円
パッケージ導入/システム導入439万円
サーバーエンジニア438万円
ネットワークエンジニア433万円
制御系ソフトウェア開発425万円
スマホアプリ/ネイティブアプリ系エンジニア413万円
Webサービスエンジニア413万円
テクニカルサポート411万円
SE/プログラマ404万円
デバッグ/テスター367万円
ヘルプデスク345万円
出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_04

ITエンジニアの平均年収はピンキリで、採用される企業や職種によって大きく変わります

日系の中小企業だと給料は高くなりづらく、300万円台、400万円台の年収で働く人が多いでしょう

大手IT企業や外資系企業だとエンジニアの扱いは打って変わり、年収が600万円以上のケースが多いようです

私の友人は外資系IT企業に就職しましたが、新卒で働き始めた時は年収1,000万円、数年して転職した後も800万円稼いでいました

会社によってエンジニアの扱いは大きく変わるため、最初は年収が低くても、ゆくゆくはエンジニアを大事に扱う企業で働きたいものですね

Geek Job キャンプ
・金欠の20代だからこそ無料でITエンジニアを目指せる
・勉強は全て無料!
・20代のエンジニア転向に特化
・ITエンジニアとしてスキルを身に付ければITコンサルとしても活躍できる
>>Geek Job キャンプで無料で勉強を始めてみる

ITエンジニアって実際きついの?やめとけと言われる理由

ITエンジニアは以下の理由により、総合的にに忙しくなりやすいようです

  • 人手不足
  • ITコンサルと役割分担しても業務量が多い
  • 案件に対して技術不足なケースもある
  • 客先常駐が多い

最近は「急いでDXを進めないと!」という風潮が高まっており、多くの企業が社内の情報管理を電子化しようとしています

PCで業務をすることが多いものの、契約書や経費精算用の書類など、意外と電子化されていないものがまだまだ多いです

これからその電子化を進めようとする流れが強いため、社内システムの開発や導入の需要が高まっています

ITエンジニアは総じてそのシステムに関わる仕事であるため、多くの案件をこなす上でも今後も忙しくなりやすいでしょう

また、特にSEに言える話ではありますが、業務量がそもそもかなり多い、というケースもあります

現在はITコンサルタントとSEの住み分けが明確になって業務量が抑えられていますが、ITコンサルの仕事も全てSEが担っていた時代は徹夜することもしばしばあったそうです

そのため、ITエンジニアはかなり忙しい、というイメージを強く持たれています

働き方は会社によって変わるため、面接をしながらそれぞれの会社の様子を見ていくと良いでしょう

ITエンジニアに向いてる人の3つの特徴

以下の特徴を持っている人であれば、ITエンジニアとして活躍できる可能性が高いでしょう

  • ITに興味があること
  • 技術トレンドに敏感であること
  • コミュニケーション能力に自信があること

プログラミング言語やITの技術自体、日進月歩で進化しています

トレンドを追っていることでプログラムや提案の時に良いアイデアが浮かんだりするでしょう

ITに興味がなければトレンドを追うこと自体が面倒ですし、エンジニアとしての腕が上がりづらいはずです

もし「給料高そうだし、今後のキャリアアップはITっしょ」と考えているのであれば、ITの勉強をする前に自己分析をした方が良いかもしれません

あなたが本当にITエンジニアとして活躍できるのか分析すれば、向いていない仕事で疲弊することもありません

本当はITじゃない分野の方が活躍できる可能性もあるので、流行りに乗る、という理由だけでエンジニアというキャリアを選ぶのは避けた方が良いでしょう

自己分析をしてからITエンジニアになっても遅くありません

まずは自己分析をして、あなたが本当にITエンジニアが向いているのか、分析してみましょう

ITエンジニアになる5つのメリット

ITエンジニアになると、以下のようなメリットを得られます

  • スキルや実績が目に見えやすいこと
  • 働き方が自由なことが多いこと
  • 需要があるので仕事に困らないこと
  • 収入源を増やしやすいこと
  • 起業や独立がしやすいこと

ITエンジニアはどんな仕事にどう関わったのか伝えやすく、伝えればエンジニアとしてのレベルを理解されやすいため、将来エンジニアとして転職する際もスムーズに進むでしょう

最近では需要が高まっている上、Web環境さえ整っていればどこから働いても良い、という業界の文化もあります

もしワーケーションしたい、田舎から自由に働きたい、と考えているのであれば、あなたが望む働き方ができるかもしれません

さらに、エンジニアとしてのスキルや経験があれば、個人でも仕事を以来されやすく、会社以外の収入源を作りやすいでしょう

クラウドワークスやLancersなどのクラウドソーシングサイトで継続的に仕事を受けることができれば、起業することもできるはずです

働き方やキャリアの選択肢を増やせる仕事こそ、ITエンジニアだと言えるんです

ITエンジニアに求められる4つの能力とは?

ITエンジニアには以下のような能力が求められます

  • プログラミング技術
  • コミュニケーション能力
  • マネジメント能力(特にSE)
  • 文章作成能力(特にSE)

プログラミング技術が特に重要で、多くのエンジニアは1つの言語を極めることができれば、他の言語も概ねキャッチアップがしやすいようです

そのため、最低1言語、可能であれば2, 3言語マスターできると良いでしょう

その他にも、チームで働く以上チームメンバーとのコミュニケーション能力が重要視されます

SEであれば、プロジェクト進捗の確認やクライアントとのコミュニケーション業務をするため、マネジメント能力や文章作成能力を求められる場面が多いでしょう

必要に応じてプロジェクトの進度を早めたり、クライアントに状況を説明する上でメールや資料を使ったりするという意味で、SEは特に幅広いスキルが身につくと言えます

ITエンジニアになる上で資格って必要?

ITエンジニアになる上で、特に必要な資格はありません

基本的に実力主義の世界であるため、資格よりも実績やポートフォリオが重要視されるでしょう

ただし、一部のエンジニアには必要な資格もあるため、目指す職種に必要な資格がないのか、確認しておきましょう

以下に一部の資格を記載しますが、例えばSEとして働くなら基本情報技術試験という資格が必要だそうです

資格を持っておく必要はないものの、あなたのITに対する知見や経験を示す材料にはなるので、勉強しておいて損はありません

国家資格
・基本情報技術者試験(SEに必要な資格)
・応用情報技術者試験(基本情報技術者試験の一つレベルが上のもの)
・情報セキュリティマネジメント試験(ITのセキュリティの知識や技術を証明するための資格)

民間資格
・Oracle認定Javaプログラマ:Javaに関係する資格のなかで最も有名な資格
・Cisco技術者認定:ネットワークの設計や運用、関連技術などの能力を証明する資格

未経験でもITエンジニアになれるの?

未経験でもITエンジニアになることはできます

エンジニアは経験年数よりも実績を重視しているため、ITエンジニアとして会社に働いたことがなくても何かしらの開発を個人レベルでやっていれば採用してもらいやすいでしょう

ただし、プログラミングのスキルもなく全く素人から未経験でITエンジニアに挑戦するのは難しいでしょう

基本的にはスキルありきで未経験での転職が可能だという事を覚えておきましょう

未経験からITエンジニアになるにはどうすれば良いの?

未経験からITエンジニアになりたいのであれば、まずはプログラミング言語を習得してポートフォリオを作ると良いでしょう

ポートフォリオとは、あなたのITスキルで作り上げた作品を指します

以下の例をみて、どんなポートフォリオが考えられるのか、確認してみましょう

自己紹介のウェブサイト:http://manato.ca/
ベジタリアン向けの検索エンジンサイト:http://vegeres.herokuapp.com/
(出典:https://web-camp.io/magazine/archives/64387)

このような「あなたの作品」を作ることで企業にアピールする要素を作ることができます

プログラミング言語に慣れていないと「うわ、結構難しそう・・・」と感じるかもしれません

昔であれば、あなた自身でプログラミング言語の書き方を自身で調べて勉強し、手探り状態で作品を作らないといけなかったでしょう

途中で「やっぱ無理だ」と諦めてしまう人も多くいたはずです

しかし、今ならプログラミングスクールに通うことで、あなたが諦めずにプログラミング言語を習得できるはずです

私も一度体験しに行ったことがありますが、質問があったらすぐに聞けるので、勉強のしやすさを感じました

過去にプログラミングを勉強したものの続かなかった人、興味あるけど何から始めれば良いのかわからない方こそ、将来のチャンスを広げる上で活用できるサービスでしょう

今のまま、将来活かせるかもわからないスキルで生活する姿とプログラミングのように「確実に役立つスキル」を勉強して将来活躍できる姿、どちらを目指したいですか?

まずはあなたが具体的に何から取り組むべきなのか、無料で相談しにいきましょう

Geek Job キャンプ
・金欠の20代だからこそ無料でITエンジニアを目指せる
・勉強は全て無料!
・0代のエンジニア転向に特化
・ITエンジニアとしてスキルを身に付ければITコンサルとしても活躍できる
>>Geek Job キャンプで無料で勉強を始めてみる

まとめ

今回はITエンジニアとは何か、その種類と仕事内容、ITエンジニアになる方法をわかりやすくご紹介しました

ITエンジニアは大きく開発系エンジニア、インフラ系エンジニアに分けることができます

いずれも未経験から目指せるものの、事前にITスキルを身に付けておく必要があります

実力主義の世界で認められれば認められるほど給料を増やしていくチャンスが広がるものの、ポートフォリオがないとそのスタートラインに立つことすらできません

まずはあなたがどんなエンジニアを目指すべきなのか、何から始めれば良いのか、無料で相談してみてください

Geek Job キャンプ
・金欠の20代だからこそ無料でITエンジニアを目指せる
・勉強は全て無料!
・0代のエンジニア転向に特化
・ITエンジニアとしてスキルを身に付ければITコンサルとしても活躍できる
>>Geek Job キャンプで無料で勉強を始めてみる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です