ITコンサルタントになるには?未経験から挑戦する2つの方法を徹底解説

こんにちは、Kumaです

ITコンサルに挑戦したい、転職したいけど未経験からITコンサルになる方法がわからず、足踏みしていませんか?

今の仕事がITとまったく関係がないけど、最短でITコンサルに挑戦したい、という方もいるはずです

今回はITコンサルタントの仕事内容や他のITの職種との違い、未経験からITコンサル担当になる方法をご紹介します

全然ITと関係のない仕事をしているけどITコンサルに挑戦したい方、最短でITコンサルタントになりたい方は最後まで読んでみてください

ITコンサルタントに転職するにはどうすれば良い?

ITコンサルタントになるには、以下の2つの方法が考えられます

  • 未経験からITコンサルタントに挑戦できる求人に挑戦する
  • SEやインフラエンジニア、プログラマーなど技術職からステップアップする

未経験からITコンサルタントに挑戦できる求人に挑戦する

未経験から最短でITコンサルタントになりたいのであれば、未経験可能な求人に応募すると良いでしょう

特に前知識を必要とせず、入社が決まってから研修や知識のインプットなどを実施してく流れになるケースが多いようです

IT人材が不足している今の状況だからこそ、未経験でもチャンスを作ってくれる環境が多いんです

多少IT関係の仕事を経験しているのであれば有利になるケースも多い他、高学歴、管理系の仕事や多くの関係者を巻き込んだ仕事の経験があれば有利に選考を進められるはずです

これらのいずれかに当てはまる経歴を持っているのであれば、未経験からITコンサルタントの求人に応募してみると良いでしょう

アクシスコンサルティングならコンサル企業と強いパイプを持っているので未経験から応募しても書類選考に通過しやすいです

相談から実際の転職支援まですべて無料なので、ITコンサルに興味を持ってるのであれば話を聞いてみましょう

>>【完全無料】アクシスコンサルティングにITコンサルタントになる方法を相談する

SEやインフラエンジニア、プログラマーなど技術職からステップアップする

今の仕事がITとまったく関係のない職種である、もしくはチームで仕事をするよりも個人で仕事をすることが多い方は、先にプログラミング関係の仕事に転職することがおすすめです

未経験でITコンサルタントに挑戦することもできますが、高学歴で経験している会社は大手企業など、輝かしい経歴を持っている方が選考に通りやすい傾向にあります

競争率も高く、多少応募しても書類選考で落ちてしまうことも多くあるでしょう

そこで、先にプログラミングスキルを身に着けてエンジニアとして先に働くことでシステム構築の現場を経験してからITコンサルタントに挑戦することでITコンサルタントになる確率を上げられます

先にスキルを身に着けて現場を経験することで以下のメリットを得られます

  • 実際にシステム構築をする上で必要な工数やスケジュールを肌で理解できる
  • ITスキルという将来性の高いスキルを身に着けられる
  • ITコンサルとして働き始めた際にお客さんから信頼を得やすい

ITコンサルとして働く際、場合によってはクライアントから納期を短くするよう要求されたり、無茶な仕様を依頼されることもあるでしょう

エンジニアとして働いた経験を持っていれば、依頼されている内容が現実的なのか、本当に納期が間に合うのかなど、瞬時にわかるでしょう

実際に手を動かしてシステムを作った経験があるからこそ、クライアントにも自信を持って対応できるようになるんです

未経験でエンジニアとして働いたこともないコンサルタントだと、実際に対応できるのかわからず、クライアントに押し切られる形で無理な依頼を受けることになるかもしれません

トラブルの元になったり、思うように活躍できない日々が続いて思うように昇格や昇給ができない可能性もあります

エンジニアを経験してからITコンサルタントに応募すれば、年収も上がりやすく、選考通過率も各段に上がります

せっかくITコンサルタントという仕事に挑戦しても、年収アップを叶えられないともったいないでしょう

平均年収よりも年収が高い傾向にある職種である以上、確実に年収を上げたい、と思いませんか?

そのためには、まずITスキルとしてプログラミングを習得し、エンジニアとして数年働いてみることがおすすめです

以下のスクールなら、プログラミングのスキル習得から実際の転職活動までフルサポートしてくれるので、わざわざ頑張ってエンジニアの求人を探すこともありません

まずは無料相談をして、何から始めたら良いのか教えてもらいましょう

>>【完全無料】Geek Job キャンプでITエンジニアからITコンサルを目指す

ITコンサルタントの仕事内容とは?

ITコンサルタントとはは「クライアント企業のIT関連分野全般におけるアドバイス業務、及び、システム導入支援を行うコンサルタント」を指します

クライアントが感じているIT関連の課題解決をサポートする上でクライアントからのヒヤリングや課題策定、導入や本番稼働確認など、業務は多岐にわたります

それらの業務の中で特に以下の3つの価値を発揮することに注力しています

  • ビジネスモデルの変革による経営の付加価値向上
  • 業務効率化や情報基盤整備による企業体質の強化
  • IT戦略立案やシステム構築の支援

ビジネスモデルの変革による経営の付加価値向上

サービスとITをどのように組み合わせれば価値と売上を最大化できるのか、企画の部分から実装、運用までサポートするのがITコンサルの役割のひとつだと言えます

売上が落ちているサービスを改善する上でITの活用は必須です

特にクライアントがサービスやITを通して顧客と関係値構築をするCRM(Customer Relationship Management)や製品の調達・製造から販売までのサプライチェーンの最適化(SCM)まで、幅広く対応するケースも多くあります

業務効率化や情報基盤整備による企業体質の強化

ITシステムを導入したり更新することで社内の業務効率化やスムーズな情報共有の仕組みを作ることで企業の文化や体質を改善することも価値として求められます

すでに社内システムが導入されている会社でもそれが使われていなければ導入の意味がなく、いつまでも非効率的な業務フローに沿って仕事をせざるを得ません

効率化を進めなければ良質な会社経営はできなくなり、コロナなどの不況に陥った時に煽りを受けやすくなるでしょう

クライアントはITシステムを導入することで業務フローを改善したり、情報共有のプラットフォームを作ることで必要な情報がすぐに手に入る仕組みを作ることができます

ビジネスをする環境が悪化しても安定的かつ効率的にに業務を回せれば不況など関係なく、強い経営を実現できるでしょう

IT戦略立案やシステム構築の支援

ITを使って社内業務を効率化したりサービス提供の方法を改善する上でどんな方針を取るべきなのか、全体の戦略立案から構築をする上で社内の方針を統一するという役割もあります

新しいことを始める際、様々な部署や人が関わってくる以上反対意見や方針の違いが必ず出てくるものです

プロジェクト全体の管理と推進をするITコンサルタントとして、各関係者の人たちと情報共有をしたり交渉をすることで全体の方向性や進め方の認識を合わせる必要があります

これが叶わない限りプロジェクトは進まず、クライアント企業としてもコンサルフィーを無駄に支払うという損失を出すだけです

大きな予算を無駄にしないためにも、戦略立案からシステム構築や導入の支援、社内の情報や方向性の統一まで幅広く価値を出す必要があるんです

経営コンサルタントと比較

経営コンサルとの一番の違いは、ITを軸にクライアント企業に対してコンサル支援をするのかどうか、ということです

経営コンサルが経営や事業運営という切り口からクライアント企業の最適な経営や事業運営をサポートするのであって、必ずしもITを活用してサポートするわけではありません

一方、ITコンサルではITを軸に具体的な業務改善や社内の文化改変、サービス提供の新たな方法や戦略を提案する、というコンサルが主な仕事です

コンサルの仕事内容について以下の記事でもご紹介しているので、併せて読んでみてください

ITコンサルタントとSEの違いとは?

(出典:https://www.executive-link.co.jp/column/792/)

ITコンサルタントとSEではシステム開発・導入をする上で担う役割自体が違います

SEは実際にシステムの要件定義から構築、テストや運用までの中身をベンダー側からサポートすることが主な仕事です

ITコンサルタントはベンダーに構築を依頼し、エンドのクライアントとのプロジェクトに関する調整や交渉など、よりエンドクライアントに近い立場で仕事をすることになります

そのため要件定義より前のクライアントヒヤリングからITコンサルタントの仕事は始まっている他、関わってくる他の組織やステークホルダーとの調整役を主な役割としています

ITコンサルタントに必要なスキル・知識とは?

ITコンサルタントになる上でもっておくべきスキルや資格は以下の通りです

必要なスキル

スキル面では、ITコンサルとしてクライアントとのコミュニケーションや抽象的な課題を具体的な打ち手まで落とし込む課題解決力が必要です

  • IT戦略立案力
  • 課題解決力
  • マネジメント力
  • コミュニケーション力

多くの関係者と関わりながらプロジェクトを成功に導かなければならないため、経営や事業レベルで抱えている問題を理解しているだけではプロジェクトは前に進みません

プロジェクトに対して反対している部署やチームがなんで反対しているのか、問題や課題を抽出することで始めてIT導入やアップデートのプロジェクトは前に進みます

チームや従業員単位で話を聞いて問題を解決する上で、課題解決力やITの知識だけでなく、対人能力も一定のレベル必要なんです

各スキル単位で自分磨きをしたいのであれば、動画でスキマ時間に講義を聞けるUdemyを活用することがおすすめです

ロジカルシンキングやマネジメント力、課題解決力など多くのスキルを検索して学べるので、時間がない中でもスキルを伸ばしたい方はぜひ登録してみてください

今から登録すれば90%オフで教材を購入できるので、まずは1つ買ってみましょう

>>【90%オフ】Udemyで興味があるスキルを勉強してみる

必要な知識

ITコンサルとして働くのであれば、IT知識や経営・業務に関する知識は必須です

  • IT知識
  • 経営・業務知識

ITシステムの話をする場面はかなり多いため、ITの知識は必ず身につけておく必要があります

また、ITシステムを使って経営や業務に関する課題を解決するため、これらの分野のベースとなる知識をインプットしておく必要があります

ただし、経営の仕方や業務の進め方は企業によって大きく異なる部分であるため、毎回新しいプロジェクトにアサインされる度にクライアント企業について勉強しなければなりません

そういう意味では経営や業務に関する知識はプロジェクトを経験していく上で自然と、少しずつ知識が身についていくでしょう

IT知識については、もちろんITパスポートなどの勉強をすることも有効ですが、実際に手を動かしてプログラムを組んだりシステムを実装、使ってみることで理解が深まります

将来ITコンサルタントとして活躍して年収1,000万円を最低でも超えたいのであれば、まずはプログラミングの知識から身に付けると良いかもしれません

Geek Job キャンプなら無料でITエンジニアに必要なプログラミングスキルを身に付けられるだけでなく、ITエンジニアとして働くための転職活動まで支援してくれます

すべてのサポートを無料で受けられるので、お金がなくてもITエンジニアに挑戦できるのが最大のメリットです

一度話を聞いてみて合わなさそうだと思ったらそこで断ることもできるので、情報収集の気持ちでまずは話を聞いてみると良いかもしれません

>>【完全無料】Geek JobキャンプでITエンジニアからITコンサルを目指す

ITコンサルタントになる上で資格って必要なの?

ITコンサルタントになる上で資格は必須ではありません

ただし、以下の資格を勉強しておけばITや経営・事業運営に関する知識を身に付けることができるため、ITコンサルタントにこれから挑戦したい方は勉強してみても良いでしょう

特に、SAPやOracleの需要は年々高まっており、最近では案件に対してこれらERPに関する知識を持ったコンサルタントが足りていない状況です

SAPやOracleなどはERPソフト(Enterprice Resource Planning)という分類で、人や金の事業における配置をマネジメントしやすくするためのソフトを指します

多くの企業が導入している上、定期的に更新作業が必要なため、将来的にも需要が急激に減ることはなく、仕事を得やすい分野です

SAPやOracleの勉強をしておくことで、将来性の高いITコンサルタントを目指せるかもしれません

  • ITストラテジスト試験
  • プロジェクトマネージャ試験
  • ITコーディネータ
  • ITIL®認定資格
  • 中小企業診断士
  • 経営士
  • EAP
  • SAP
  • Oracle

ITコンサルタントに転職する上で準備しておきたい4つのこと

ITコンサルタントに転職する上で、以下の4点を準備しておくことがおすすめです

  • 業界情報を収集する
  • ITコンサルタントとしてのキャリアプランを立てる
  • 必要なスキルを身につける
  • ITコンサルタント求人向けの志望動機と自己PRを作成する

特に未経験からITコンサルタントに挑戦するのであれば、「なんでチャレンジしたいのか」「本当にITコンサルタントとして活躍できそうなのか」という点を見られます

IT業界に関する業界研究や職務内容を理解しておくことはもちろんのこと、事前につけられるであろうPMOの知識やITシステムの知識やスキルをインプットしておくと良いでしょう

また、ITコンサルタントとして何に注力したいのか、将来はどんな事を実現したいのかを明確にしておくと良いでしょう

なぜITコンサルタントになりたいのか、どんな経験をITコンサルタントとして活かせそうなのかを伝えることができれば、採用してもらえる可能性を上げることができます

年収アップ以外の志望動機が必要となりますが、中には「それ以外特になりたい理由がない」という方もいるでしょう

そんな時は、エージェントに相談しながら志望理由を作るか、自己分析をして本当の志望理由を探すことが必要になります

自己分析をすることで志望動機を作るだけでなく、将来どんなITコンサルになりたいのか、何を実現したいのかを整理することができます

無理のない働き方でITコンサルとして活躍したい、年収を上げたいという方は自己分析から取り組んでみると良いかもしれません

ITコンサル企業の例

ITコンサルサービスを提供している企業には以下のような例があります

この他にも外資系、内資系、大手中小など様々な会社があるので、あなたが働きやすいと感じる社風の会社を探しながら転職活動をすると良いでしょう

もしすでに興味をもっている企業があるなら、その会社をピンポイントに受けてみると良いかもしれません

受ける際は、直接ホームページから応募をするか、エージェント経由で応募をしてエージェントにもあなた自身を売り込んでもらうことがおすすめです

未経験からITコンサルタントになる上でおすすめのエージェント3選

未経験からITコンサルタントに転職する上で頼りになるエージェントは以下の3社でしょう

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは外資系やIT系のコンサルファームに強みを持っているエージェントです

BIG4やアクセンチュア、アビームといった外資系総合ファームからの信頼も得ており、未経験からでもITコンサルに挑戦したい場合でも頼りになるはずです

IT経験者やコンサル経験者をサポートすることが多いエージェントですが、持っている求人の77%は非公開求人のため、未経験からITコンサルに挑戦できる求人ももっているかもしれません

私もお世話になったことがありますが、達成したいゴールから逆算して現実的なプランをしっかりと提案した上で求人を提案してくれるため、納得感を持って面接に挑めました

ITコンサルティングファームと一口に言っても、その中でも様々なファームがあります

20代で年収1,000万円を達成した事例もあるため、あなたがITコンサルタントとして目指したい姿や年収を達成する上で、彼らは達成可能なプランを伝えてくれるはずです

未経験からITコンサルタントへの転職サポート実績もあるため、あなたの経歴をどのようにアピールすれば良いのか、先に準備するべきことなど、手厚いサポートを受けられるでしょう

ITコンサルタントに転職する上で一番ノウハウを持っているエージェントを頼るのであれば、アクシスコンサルティングを頼ることがおすすめです

アクシスコンサルティングはコンサル企業と強いパイプを持っているので未経験から応募しても書類選考に通過しやすいです

相談から実際の転職支援まですべて無料なので、ITコンサルに興味を持ってるのであれば話を聞いてみましょう

>>【完全無料】アクシスコンサルティングにITコンサルタントになる方法を相談する

Geekly

GeeklyはIT・Web系の会社に強みを持っているエージェントです

非公開求人は10,000件ほど扱っており、大手企業から中小企業まで幅広く紹介してくれることが特徴です

少数精鋭でコンサルをしているため、手厚いサービスを受けられる可能性が高いでしょう

Geeklyを経由して転職をした結果、75%もの人が年収アップを叶えられたエージェントでもあるため、キャリアアップ・年収アップにコミットしてくれるエージェントだと言えます

IT業界に強いだけでなく、ITコンサルの求人も取り扱っており、非公開求人も多いことから未経験でITコンサルに挑戦できる求人を持っている可能性が高いでしょう

ITコンサルだけでなく、IT関係の仕事で経験を積もうと考えている方も、目指しているキャリアパスを伝えることであなたが歩むべきキャリアプランの提案からしてくれるはずです

まずはあなたが将来どんな仕事をしてどんな姿でいたいのか、Geeklyに伝えるところから始めてみましょう

>>IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

マイナビITエージェント

マイナビITエージェントは、マイナビグループが運営するIT専門のエージェントサービスです

一番の特徴はIT業界出身のエージェントが多く所属しているという点です

業界で実際に働いたことがあるからこそ、実際にITコンサルタントとして働く上で必要なことや重要なこと、本当にあなたに合いそうなのかという部分も含めてコンサルしてくれます

未経験の職種や業界に転職する上で、生の声を聞いておくことで実際に働き始めた後のイメージを持ちやすくなることでしょう

「実際にITコンサルタントとして働いたら、どんな生活になるんだろう?」
「本当に年収って上がりやすいのかな」

こんなことが気になる方こそ、マイナビITエージェントを活用することがおすすめです

>>マイナビITエージェントに相談してみる

まとめ

今回はITコンサルタントの仕事内容や他のITの職種との違い、未経験からITコンサル担当になる方法をご紹介しました

ITコンサルタントはITシステムの導入やアップデートをサポートすることで企業の業務効率化や文化の革新など、より良い経営や事業運営をする基盤づくりをする仕事です

未経験からITコンサルタントになるには、未経験可能な求人に応募するほか、先にプログラミングを習得して数年エンジニアとして働くことがおすすめです

学歴も職歴もない、という状況でもエンジニアとして数年活動すれば、年収が高いITコンサルタントへのチャレンジが可能になります

今なら無料で相談できるので、未経験からスキルを身につけてエンジニア転職までサポートできるスクールに相談してみましょう

>>【完全無料】アクシスコンサルティングにITコンサルタントになる方法を相談する

>>【完全無料】Geek Job キャンプでITエンジニアからITコンサルを目指す

あわせて読みたい記事!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です