営業が稼げるおすすめ業界ランキング!営業の仕事内容と平均年収を徹底解説

こんにちは、Kumaです

どんなに仕事を頑張っても給料が上がらなくて「このままで良いのかな・・・」と悩んでいませんか?

どんなに成績が良かったとしても所属している会社や業界によっては努力が報われず、年収が上がりづらいでしょう

今回は営業で年収が高くなりやすい業態や営業で年収1,000万円、2,000万円を超える方法をご紹介します

今後も営業として働きたいけど年収が上がるのか不安な方、経験を積みたいけど年収もゆずれない、という方はぜひ最後まで読んでみてください

営業職の業界別平均年収ランキング

MR713万円
投信/投資顧問566万円
医療機器メーカー563万円
医薬品メーカー558万円
リース(金融)525万円
電子部品メーカー525万円
証券511万円
機械/電機メーカー495万円
IT/通信478万円
銀行464万円
出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_05

営業職で特に年収が上がりやすい業界は医療や金融、IT系と機械関係が上がりました

  • いずれも単価が高くなりやすく利益も確保しやすい
  • 利益を確保しやすい業態では社員にお金を還元しやすい
  • 利益率が薄い業態、単価が安い業態は給料が低め

逆に福祉やサービス業、小売などは単価が上がりづらかったり利益が薄くなりがちです

これらの業態で働いても年収は上がりづらく労働環境が過酷であるため、年収アップを狙うのであれば避けるべきでhそう

インセンティブの割合が大きい業界ランキング

以下の業界ではインセンティブ制度が整っている会社が多く、がんばった分だけ稼げることが多いでしょう

  • 不動産業界
  • 証券・保険業界
  • 人材業界
  • IT業界

不動産業界

不動産業界の平均年収はおよそ430万円ですが、インセンティブが発生する営業職であれば平均年収以上に稼げることが多いでしょう

  • 平均年収は他の業界とさして変わらない
  • 営業職ならインセンティブで固定給分稼げることも
  • 単価が高い不動産であればあるほどインセンティブ金額が高い

不動産の中でも、戸建ての家やオフィスビルのテナント営業、不動産投資の業界は特にインセンティブが高いはずです

不動産業界で稼ぎたいのであれば、単価が高い不動産を扱う会社で働くと良いでしょう

証券・保険業界

証券や保険業界は平均年収が高めで、460万円程度だと言われています

  • 1回の取引で数億円の金額が動く
  • インセンティブが乗ればボーナスで数百万稼げることも
  • 働き方改革が進んでいて19時以降残業禁止な会社もある

証券や保険の業界は労働環境が非常にきついことで有名ですが、最近では改善されつつあります

支店で働く営業員たちは残業を制限されていることもあり、毎日夜まで働くと言うことは以前より減っているはずです

人材業界

人材営業の中でもエグゼクティブサーチ系の営業はインセンティブが高く給料を上げやすいでしょう

  • 主にマネージャーレベル以上クラスの人の転職をサポート
  • 1案件の売り上げの内、一定割合をボーナスでもらえる
  • 20代から年収1,000万円、30代以降で2,000万円稼ぐ人も

定期的に売り上げを立てれば、固定給だけでなくボーナス支給額も増えます

そのため仕事が合って成果を出せれば年収1,000万円以上の年収を稼ぐ人が多いんです

IT業界

IT業界の平均年収はおよそ460万円で、他の業界より比較的高いでしょう

  • 特に企業向けのソフトや情報処理サービスの年収が上がりやすい
  • 資格を取得することでインセンティブ支給がある
  • 専門性も上がるのでベースの給料も上がりやすい

インセンティブが高い資格を取得することで社内評価を上げられると言う意味でもIT業界は狙い目かもしれません

これから転職する場合でも、先に資格を取得しておくことでスタートの年収アップも狙えます

以下の記事ではIT業界では有利になる資格をご紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください

あなたにはどの業界が合うの?

あなたにピッタリ合う業界に悩んだら、自己分析から始めるのがオススメです

  • 自己理解であなたの思考や行動のクセがわかる
  • 就活時代にやった自己分析より本質的な自己分析が必要
  • 業界選びに迷わなくなる上、年収もあげやすい

今の業界から抜け出そうにも、どんな業界にいくべきか悩みますよね

向いていない業界を選んでしまっては、せっかく転職をしても社内から評価されなかったり成果を出せなかったりして却って苦しい思いをすることになります

自己分析をすることで、あなたがどんな考え方の癖を持っているのか、どんな分野に興味をもっているのかが分かります

それらの分析結果をもとに転職する業界を決めることで、あなたにぴったりな業界がみつかるはずです

一人で、ネットや本の情報で自己分析をするのも悪くありませんが、必要以上に時間がかかります

私はその方法で半年間を無駄にした上、自分に向いている業界が全然わかりませんでした

しかし、自己分析のプロに相談しながら分析に取り組んでみたところ、たったの2ヶ月でやりたいことや得意なことが明確になりました

今の仕事でこれ以上消費するより、はやく転職先を探したくないですか?

特にポジウィルであれば、自己分析のプロに相談できるだけでなく、実際の転職活動で必要な書類や面接の準備も手伝ってくれます

確実にあなたが向いている、稼ぎやすい業界や会社に入社するためにも、まずは無料で自己分析のプロに相談してみましょう

>>【無料】ポジウィルでまずは45分間のコンサルを受けてみる

他の職種と比べた場合の営業職の年収

日本全体の平均年収がおよそ430万円だと考えると、営業職自体の年収が特別高いわけではないことがわかります

  • 営業の収入は業界や企業の特徴に大きく依存する
  • 平均年収が高い業界やインセンティブがある会社なら年収は高くなりやすい
  • あなた自身の立ち位置が一番大事

給与水準が高い業界やインセンティブの金額が高い企業で働くことができれば、営業職はむしろ夢のある仕事です

以下の記事でご紹介するエージェントであれば、未経験でもそうでなくても、営業職が稼げる会社や業界を紹介してくれます

営業として稼げる業界や会社に入りたいのであれば、エージェントに一度相談してみると良いかもしれません

相談は全て無料なので、気軽に話を聞いてみてください

【年代別】営業職の年収ランキング

20代371万円
30代494万円
40代577万円
50代675万円
出典:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/#anc_job_05

20代から30代の昇給幅が増えていることから、営業として働き始めてしばらくしてから営業としての芽が出ると考えられます

  • 20代から30代にかけて平均年収が100万円以上上がっている
  • 40代から50代では役職も上がるため年収が上がりやすい

スキルさえ身につけば、着実に年収を増やせるのが営業の仕事だと言えます

営業の職種一覧と仕事内容

営業と一口にいっても、大きく分けて以下の3種類の営業が存在します

  • 新規営業
  • 既存営業
  • 深耕営業

新規営業

新規営業とは、全く取引や関わりのない会社やお客さんに対して営業活動を行う人を指します

  • 電話やメール、飛び込みなどの手法でコンタクトを試みる
  • 面識がないため断られることが多く精神的にきつい一面もある
  • 営業という仕事のもっともスタンダードな種類

企業は新しいお客さん相手に製品を買ってもらうことで、今までよりも大きな利益を得ることを期待しています

そのとっかかりを作る仕事が、新規営業なんです

新規営業でおすすめの企業

以下の企業では営業する機会が特に多く、無形商材を売る経験も積めるため営業としてのスキルを身に付けられるでしょう

  • リクルートをはじめとする人材営業
  • ビズリーチをはじめとするWebツールの販売
  • Indeedをはじめとするオンライン集客の提案営業

既存営業

既存営業とはすでに関わりがあるお客さんに定期的にコンタクトを取ることでクライアントの長期的な課題を解決する仕事です

  • 定期的にクライアントに会って関係を深める
  • 人として信頼してもらうことで企業の悩みを話してもらう素地を作る
  • 新しい案件や仕事の相談をしてもらえれば定期的な売り上げを作れる

通常はいくつかのお客さんのクライアントを平行して担当することで、定期的にいずれかのクライアントで売り上げを作ることが求められます

既存営業でおすすめの企業

以下のような企業で働くことで、既存営業として重要な「クライアントとの関係構築スキル」が身につく、高い年収を叶えられるというメリットを得られます

  • 武田薬品工業などのMR営業
  • 伊藤忠商事や丸紅などの総合商社営業
  • パナソニックなどのメーカー営業

深耕営業

深耕営業もすでに関わりがあるお客さんとの関係やコミュニケーションを促進させる仕事です

  • 既存営業よりも深い関係を築いてより幅広くサービスを使ってもらう
  • 通常は1社や2社、多くても3社程度のクライアントを担当
  • 長期的に使ってもらうサービスが多い

既存営業よりもクライアントと深い関係を築くことで、長期的にサービスを使ってもらったり頼ってもらうことが深耕営業のミッションだと言えます

深耕営業でおすすめの企業

以下のような企業で働くことで深耕営業に必要な総合力の底上げやロジカルシンキングが身に付けられます

  • クックパッドなどのWeb系サービスを提供する企業
  • アイレップや電通デジタルなどのデジタル・Web広告を提供する企業
  • 電通や博報堂などのマスメディア広告の企業

営業の年収が高い企業の特徴3選

営業の年収が高い企業には以下の3つの特徴が挙げられます

  • 企業の規模が大きい
  • 転勤や海外赴任が発生する
  • 実力主義

企業の規模が大きい

企業規模が大きいと事業規模も大きく、同じ事業1つ動かすだけでも得られる利益額が大きくなるため給料が高くなりやすいんです

  • 中小企業が事業1つ動かすのとは桁が違う利益を得られる
  • 社員に還元しても会社が儲かるほど利益が出る
  • 仮に成績が振るわなくても別の人が成績を出せばボーナスを分けてくれることもある

ベースの給料が高いだけでなく、成果を出せばボーナスの金額も平均水準以上の金額を狙えるんです

転勤や海外赴任が発生する

特に海外転勤がある会社だと「駐在手当」がつくことが多く、大幅な年収アップが狙えるはずです

  • 駐在手当は海外駐在になった人のための金銭手当
  • 駐在手当だけで現地の生活はできることが多い
  • 家族がいると手当の金額が上がることも

私の知り合いの帰国子女は親が海外駐在をしていた時、家賃が月100万円もする家に住んでいたそうです

その家賃も会社が負担してくれていた上、別途駐在手当をもらえたそうで、かなり裕福な暮らしをしていたと聞いています

外国にいくことに抵抗がないのであれば、海外駐在のある会社を狙って海外駐在を目指してみても良いかもしれません

実力主義

あなたの頑張りが直接収入に直結するインセンティブ制度を取り入れる会社で成果を出せば、年収が上がりやすいはずです

  • 実力があれば数年でマネージャーへの昇進も可能
  • IT系やコンサル系、インセンティブ制度がある会社は実力主義が多い
  • 20代から年収1,000万円以上稼ぐ人も一定数いる

私が前いた人材系の会社では役職があがれば受け取れるボーナスの金額が上がるインセンティブ制度が導入されていました

20代から1,000万円を稼ぐ人、30代では1,500万円や2,000万円を稼ぐ猛者も多くいたため、仕事や業界さえ合えば確実にやりがいが持てる仕事だと感じました

ただし、これらのような文化をもつ会社と相性が悪ければ、会社に馴染めずに短期で離職してしまうかもしれません

転職で失敗したと感じないためにも、自己分析を徹底的に行ってから転職先を決めることがおすすめです

特にポジウィルであれば、自己分析のプロに相談できるだけでなく、実際の転職活動で必要な書類や面接の準備も手伝ってくれます

今なら無料でキャリアコーチのコンサルを45分間受けられるので、興味がある人は受けてみても良いかもしれません

以下にリンクを置いておくので、興味がある方は面談日時を設定してみてください

>>【無料】まずはポジウィルの45分間コンサルを受けてみる

営業で高年収を狙う方法

営業で高年収を狙うと言っても、あなたが狙う年収によって抑えるべきポイントが変わってきます

営業で年収1,000万円を狙う場合

年収1,000万円を目指す場合は基礎的な営業だけでなく、クライアントと徹底的に接点を作ったりアフターフォローを行うことが重要です

  • 季節の挨拶や手土産の持参、接待などでお客さんと仲良くなること
  • トラブル対応もできるだけ丁寧に対応することで信頼を獲得
  • 案件が決まった時にはお礼状や挨拶状、贈り物をすることも

営業で年収1,000万円を目指す場合はお客さんから定期的に仕事を依頼されることが必須です

そのためにも、お客さんのキーパーソンと仲良くなって信頼を獲得することで定期的に仕事を依頼されて、成績を上げることができるんです

営業で年収2,000万円を狙う場合

営業で年収2,000万円を目指すのであれば、上でご紹介したポイントに加えて、稼げる業界や企業を選んで働くことが必要になります

  • どんなに頑張って成果を出しても還元する企業にいなければ年収は上がらない
  • インセンティブ制度がある会社、かつ単価が高い商材を扱う企業で働くこと
  • 人材や不動産、金融などの仕事であれば稼ぎやすい

年収1,000万円を叶えるための営業力を身に付けた上でインセンティブ制度がある会社で働けば、年収2,000万円も夢ではないはずです

営業としてキャリアアップするなら無形商材が狙い目な理由

営業としてキャリアップ・スキルアップをしたいのであれば、無形商材を狙うことがおすすめです

  • 有形商材はモノが良ければ自動的に売れることが多い
  • 無形商材は製品の質よりも営業としての腕が求められる
  • 法人営業であれば多くの人を説得するためのロジカルシンキングも身につく

無形商材の営業として活躍できれば、有形商材を扱う上でも活躍できる可能性が高いでしょう

未経験からでも営業職で年収を上げていく方法

未経験から営業に挑戦したいのであれば、エージェントに相談して転職活動を行うことがおすすめです

  • 営業職は未経験からでも挑戦しやすい
  • エージェントに相談することで選考必要な情報を簡単に入手できる
  • 職務経歴書や面接の準備も手伝ってくれるので選考通過率がアップする

あなた一人で転職活動を行うこともできますが、営業を経験していないと何をアピールすれば良いのか悩むかもしれません

見当違いのポイントをアピールしても魅力的だと感じてもらえず、選考に落ちてしまうこともあるでしょう

せっかくこれまであなたが培ってきた経験やスキルがあっても、営業向きだと認識してもらえなければ採用はしてくれません

採用企業が営業に何を求めているのか、実際に採用担当から情報をもらっているのがエージェントです

何をアピールするべきなのか、どんな準備をすれば良いのかを教えてくれるので、あなたの選考通過率は確実にアップします

以下の記事で、これから営業に挑戦したいあなたにおすすめのエージェントをご紹介しています

まずは3社ほどのエージェントと話してみて、あなたが興味を持てそうな会社をいくつか紹介してもらいましょう

営業が強い会社に入るために

今回は営業で年収が高くなりやすい業態や営業で年収1,000万円、2,000万円を超える方法をご紹介しました

MRやIT関係、金融系などの仕事は年収が高くなりやすいほか、インセンティブ制度がある不動産関係や人材系の会社でも年収は上げやすいでしょう

年収1,000万円を目指すのであれば営業としてのスキルを活用しつつ、クライアントへの接待や季節ごとの挨拶など、接点を多くもつことで信頼を勝ち取ることが必須です

これに加えて、稼げる業界で働くことができれば年収2,000万円も夢ではありません

営業で稼ぎやすい会社に就職するためにも、まずはエージェントに相談してあなたの経歴や知見がどんな業界とマッチしやすいのか相談してみましょう

以下の記事で、これから営業に挑戦したいあなたにおすすめのエージェントをご紹介しています

まずは3社ほどのエージェントと話してみて、あなたが興味を持てそうな会社をいくつか紹介してもらいましょう

こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です