将来AIによってなくなる仕事11選!なくならない仕事と必要なスキルを3つご紹介

こんにちは、Kumaです

今の仕事が将来なくならないか、不安に思っていませんか?

確かに、今の仕事の将来性がなかったりAIが得意としている仕事だと、将来仕事を失ってしまうかもしれません

今回は将来無くなる可能性の高い仕事や無くなりづらい仕事、それらの特徴や違いをごしまご紹介しました

今の仕事が将来なくならないか不安な方、将来性がある仕事で長く勤めたいと考えている人はぜひ最後まで読んでみてください

AIによって将来なくなる仕事ランキング

以下の仕事はAIによって代替されやすく、将来的に無くなる可能性が高いで

あなたの仕事に当てはまるものはありますか?

  • 一般事務員
  • 銀行員
  • 警備員
  • 建設作業員
  • スーパー・コンビニ店員
  • タクシー運転手
  • 電車運転士
  • ライター
  • 集金人
  • ホテル客室係・ホテルのフロントマン
  • 工場勤務者

一般事務員

一般事務の仕事はAIが得意とする決まった定型作業が業務の多くを占めています

  • 同じ仕事をミスなく処理することが求められる
  • AIは同じ処理を繰り返すことが得意
  • クリエイティビティが求められないから人の必要性がない

RPAという手段が少しずつ広がってきているので、事務員がAIに代替される未来は少しずつ近づいていると言えます

銀行員

金融とITの融合やフィンテックの普及により、銀行員の仕事は減っていくでしょう

  • 数字の処理はAIやITが得意な領域
  • 資産運用や融資の審査もITで処理できるようになっている
  • ニーズのヒアリングなど高度な接客以外はAIに代替される可能性が高い

銀行員すべてが淘汰されるわけではないものの、AIとのすみわけが発生することは間違いないでしょう

警備員

すでに空港やオフィスビルで警備員ロボットが導入されています

  • 大手警備会社自身が警備ロボットの販売を始めている
  • ロボットだけでなく監視カメラの技術も向上している
  • AIが発達すれば監視カメラとロボットの連携も取れる

まだ警備ロボットに課題は残っているが、すでに労働のロボット代替が始まっている良い例でしょう

建設作業員

重機を無人で動かす技術が発展しており、少しずつ建設作業員の必要人数が減ってきています

  • AIで重機の簡単な作業はできるようになってきている
  • 遠隔で重機を扱う技術も発展してきている

重機を無人で動かすことができれば、建設作業に必要な人の数も必然的に減っていくでしょう

スーパー・コンビニ店員

スーパーやコンビニではレジ係を無人化する動きがすでに始まっています

  • 元々人手不足だったから早急に解決する必要があった
  • 今では無人コンビニが東京駅近くにもある

今はまだ実験的な動きかもしれません

しかし、今後スタッフの無人化が進めば、確実にスーパーやコンビニの店員の数は減っていくでしょう

タクシー運転手

自動運転技術がさらに進歩すれば、タクシー運転手の需要も減っていくでしょう

  • 多くのグローバル企業が自動運転技術の研究開発に取り組んでいる
  • Googleのグループ会社も取り組むほど世界的な動き
  • 法律的な整備が進めば本格的に自動運転が社会的に導入可能

すでに技術的な面は進歩しているため、法律整備が技術に追い付けばタクシー運転手の需要が急激に減るはずです

電車運転士

電車運転は車の自動運転よりハードルが低く、すでに自動運転でのサービス提供が開始しています

  • 東京のゆりかもめや大阪のニュートラムは既に自動運転
  • 山手線でも自動運転のテストが行われた
  • 事故が起きることもあるので完全自動化には時間がかかるかも

ただし、横浜の交通システムで自動運転システムによる電車の逆走事故が起きています

顕在化されたリスクの解決が急がれているため、電車の完全自動運転化はもう少し先になるでしょう

ライター

特にデータや根拠を元に文章を書くライターはAIに代替されやすいでしょう

  • Articooloというアプリならキーワードを入力して記事が自動作成できる
  • 日本では日経新聞の記事作成でAIが活用されている
  • 文学もAIが書けるようになってきた

ただし、読解力の技術力にまだ向上の余地があるため、完全なAI移行はもう少し先になりそうです

集金人

クレジットカード支払いや銀行口座の引き落としが普及してから、集金人という仕事の需要はかなり減っています

  • 技術の普及前はガス料金や水道代を徴収する人がいた
  • 今はカード支払いや口座引き落しができるので人を使う必要がない
  • すでに集金人という仕事は無くなりつつある

一定の人は何かしらの方法で料金を踏み倒すこともありますが、以前と比べると集金人の数は減っているでしょう

ホテル客室係・ホテルのフロントマン

ホテルの客室係やホテルのフロントマンが行う作業は概ね決まっていることもあり、AIに代替されやすいでしょう

  • チェックイン・アウト作業はAIがなくても可能
  • 掃除も決まった時間に決まった作業をすれば良い
  • 「変なホテル」などすでにホテル業務をIT化しているケースもある

すでに仕事のAI代替が始まっている今、ホテル業界全体に必要な従業員の数は減っていくでしょう

工場勤務者

最近はメーカーの商品を作る機械が増えているため、工場で必要な人手が減っています

  • ライン作業はやることが決まっているのでIT化しやすい
  • 日本は工場の自動化技術を輸出するほど技術力が高い
  • 人間よりもミスが少ない

将来的には工場の自動化が進むため、今よりも工場勤務者が減るでしょう

AIに代替される仕事の特徴

AIに代替されやすい仕事はいずれも提携作業が多いものばかりです

  • 決まったことを繰り返しやるのはAIが得意なこと
  • 人間は同じ作業でもミスすることがある
  • 人件費より機械の方が安いから経営者も機械を好む

経営者としては、可能な限りAIやITに仕事を任せてコストを浮かせたいんです

すでにITやAIに奪われた仕事

以下の仕事は、すでに仕事のAI化が進んでいます

  • レジ係(スーパーのセルフレジ)
  • ホテルの受付(変なホテル)
  • レストランスタッフ(Volks)
  • コンビニ店員(無人コンビニ「Touch and Go」)
  • 工場勤務者(Fanuc社などの機械を作る機械)

実際にこれらのサービスを受けたことがある人も増えており、「人じゃなくても良いよね」という認識を持つ人が増えています

将来AIが普及してもなくならない仕事

AIが進化しても、以下の仕事はAIに代替されにくいでしょう

  • マネジメント系
  • クリエイティブ系
  • ホスピタリティ系
  • クラフトマン系
  • テクノロジー系

マネジメント系

会社や事業の意思決定、もしくはそれをサポートする仕事はAIに取られづらいでしょう

  • 経営者
  • 営業職
  • コンサルタント
  • 工場・店舗の運営

意思決定や判断はAIよりも人間が得意としている部分であるため、これらの仕事は今後しばらくはなくならないでしょう

クリエイティブ系

AIはクリエイティブに0から1を作ることが苦手なため、以下のような仕事はAIに取られづらいでしょう

  • 事業開発プロデューサー
  • 発明家
  • 映画監督
  • デザイナー

AIは類似するものや良いとこ取りをする作品は作れてもゼロから何かを作れないので、0から1を作れるスキルを持っていればAIに仕事を奪われづらいはずです

ホスピタリティ系

どんなにAI技術が進んでも、人間の気持ちを伴う悩みは直接解決人間に解決してほしいという需要はなくなりません

  • 介護職
  • カウンセラー
  • 医者・看護師・介護士
  • カウンセラー

いずれも人間の気持ちに気を遣わなければなりませんが、AIが苦手としている分野のためもうしばらくAIは進出しにくい分野だと言えます

クラフトマン系

鉄職人やガラス職人など職人の技術はAIで再現しづらいでしょう

  • 職人の技はまだ言語化や数値化がされていないものがある
  • 人間の感覚器官は想像以上に繊細で機械では再現できないものもある

仮に技の言語化や数値化ができても機械での再現に時間がかかるため、職人の技を必要とする仕事はまだなくならないでしょう

テクノロジー系

AIを使う側の仕事やAIをより便利にする仕事はクリエイティブな要素や意思決定要素を含むため、AIが進出しづらい分野だと言えます

  • データサイエンティストやITエンジニアの需要は今後もしばらく増える
  • AIを使う側の仕事もAIが進出できない分野
  • 簡単なエンジニアリングならAIにも可能なので住み分けを意識

テクノロジー系の仕事でもAIは進出してくる可能性があります

スキルを身に付けつつ、AIとの住み分けを考えながら仕事をすることでAIに仕事を奪われる心配をせずに仕事に打ち込めるでしょう

【コラム】コロナで求人が増えた業界と減った業界

コロナをきっかけに完全に無くなった仕事はありますが、需要が増えたり仕事や減ったりした仕事はあります

コロナで求人が増えた業界

引きこもり需要や健康に対する意識の高まりから以下の業界で需要や求人が増えました

  • IT業界(オンラインでのビジネスや娯楽需要が増えた)
  • 物流業界(ECの需要高まりにより)
  • 医療業界(コロナをきっかけに健康を意識する人が増えた

新しい生活様式で成長した会社での求人が増えたんです

コロナで求人が減った業界

お客さんに対して直接サービスを提供することが多い業界の需要や求人の数はコロナをきっかけに激減しました

  • 宿泊・飲食業界(外出できない時期が長く続いた)
  • 観光業界(人の旅行による移動が激減)
  • 百貨店などの小売り産業(緊急事態宣言で営業自体ができなかった)

ただし、これらの中でもサービス提供の方法を新しい生活様式に合わせて変化できた企業や店舗は倒産せず、売り上げアップできたこともあります

情勢に合わせて立ち回りを変えられる力を持っていれば、多少情勢的に不利でも逆境を乗り越えられると言えます

AIの発達で格差拡大の可能性がある

カナダの大学院では、AIの拡大により貧富の差が拡大するとも言われています

  • AIが普及しても使えるとは限らない
  • AIを使うためのスキルや資本がなければAIで資本を増やせない
  • スキルを身に付けなければ給料が低い単純作業しかできなくなる

早いうちからAIに仕事を奪われないための準備をしなければ、生活を楽にできるどころか今のあなたの生活さえ維持できません

今からでもAIを使う側としてスキルを身に付けることで、逆に年収を各段に上げることができます

以下のスクールなら、たった3ヶ月で将来AIを扱う側の人間として活躍できるはずです

未経験からAIエンジニアとして転職したい場合は授業料が無料になるので、エンジニアに興味があるなら一度は話を聞いてみると良いかもしれません

無料相談から始められるので、具体的にどんな方法でAIを使えば良いのか相談してみましょう

>>【無料】AI領域のスキルを身に付けたいならAIジョブカレに相談!

20年後にはAIによって仕事が半分なくなる?

オックスフォード大学の研究では、20年後には人間のおよそ50%がAIや機械によって代替されている可能性が高いそうです

  • 様々な説があるものの、一定の割合で仕事は代替される
  • それと同じくらい新しい仕事も生まれるかもしれない
  • 仕事がAIに代替されたことでどう行動するのかが大事

AIによって仕事を奪われることで絶望する必要はないんです

AIにできない仕事やAIをどう扱えば良いのかを考えることで、仕事やお金の心配をせずに済む可能性が高いでしょう

転職のプロが回答!将来AIに奪われる仕事は本当にある?

転職コンサルタントによると、80%以上もの人が「10年~20年以内にAIに代替される仕事がある」と答えています

  • 今給料が高い仕事でも将来なくなる可能性がある
  • 経理や事務など、会社によっては高給でも要注意
  • もっている知見を他の形で活かせないかを検討すべし

今経理や事務の仕事をしている場合でも絶望する必要はありません

仕事での知識や経験を活かしてAIが不得意なとしている意思決定や人間の気持ちによりそう形でサービス提供ができれば、将来性の高い仕事ができるはずです

新たな仕事も生まれつつある

AIやITの普及が始まっているからこそ、30年前は想像もできなかった以下のような仕事の需要が急激に高まっています

この他にも、AIやITの普及によって省略できる作業があるからこそ、AIが苦手なクリエイティブな仕事や職人的な作業に取り組めます

AIやITの普及をネガティブに捉えるのではなく、「普及したら何ができるのか」に目を向けたいですね

AIに奪われない仕事につく2つの方法

AIに仕事を奪われる心配をしなくても済むよう、以下の対策を今から取ると良いでしょう

  • AIに代替されないスキルを身に付ける
  • AIに代替されない仕事につく

AIに代替されないスキルを身に付ける

AIに代替されないためのスキルを今から身に付けることで将来の仕事やお金の心配をせずに済みます

特に以下のスキルを身に付けて磨くことができれば、むしろAIを使う側に回れます

  • ITエンジニア
  • データサイエンティスト
  • デジタル・Webマーケター

ITエンジニア

ITエンジニアのスキルを身に付ければ、ITサービスやシステムを作る側に回れるため仕事の心配をせずに済むでしょう

  • ITサービスで従来の仕事の取り組み方に革命を起こしている
  • 79万人ものIT人材が足りておらずITエンジニアの需要が高まっている
  • 1,000万円以上の年収を見込みやすい

少なくとも2030年までは需要が増えていくと言われている上、仮にAIがプログラミングができるようになっても全てが代替されるわけではありません

人間によるチェックやプログラムの改善は必要となるので、エンジニアとしての知見や経験をプログラミング以外の形で活かせるはずです

10年後20年後に「今の仕事で生活維持できるかな」と心配したくないなら、今から行動するべきです

幸い、ITエンジニアとして活躍するためのスキルは、IT未経験でも身に付けられます

今なら無料相談からできるので、あなたの知見とITエンジニアをどう組み合わせれば高い価値を出せそうか相談してみてください

データサイエンティスト

データサイエンティストになることでAIに指示を出すスキルが身につくため、最短でAIを使う側の人間になれます

  • データサイエンティストはAIを使ってデータ分析と示唆を出すことが仕事
  • お客さんのヒアリング、データの収集から分析、提案までワンストップで実施
  • 経営や事業運営に必要な意思決定をサポートできる

AIを使う仕事ができるだけでなく意思決定やそのサポートをする仕事でもあります

そのため仕事の性質的にもAIに代替されづらく、将来的にも価値の高い仕事になりやすいんです

ITエンジニアはサービスやシステムを作る仕事です

それに対して、データサイエンティストは具体的なデータを使って経営や事業のコンサルや提言をする仕事です

第三者視点で多くの会社をサポートしたいのであれば、データサイエンティストの仕事が向いているかもしれません

確かにデータサイエンティストの需要は急増しています

その一方で、データサイエンティストとして活躍できるスキルを持っている人はまだ足りていません

そのため、未経験からでもスキルをもっていれば採用してくれる会社も一定数あります

今からデータサイエンティストのスキルを身に付けることで、供給が過剰になる前にデータサイエンティストとして活躍できるチャンスが掴みやすくなるでしょう

以下のスクールなら無料で相談するところから始められます

AIを扱ったりデータサイエンティストとして活躍することでどんなチャンスがあるのか聞いてみることから始めてみてください

>>【無料】AI領域のスキルを身に付けたいならAIジョブカレに相談!

デジタル・Webマーケター

デジタル・Webマーケターのスキルが身につけば、新しい生活様式に対応したマーケティングスキルを身に付けることができます

  • コロナ以降の生活様式ではオンラインの購買が圧倒的に増えた
  • デジタル・Webマーケティングの市場は6,000億円以上まで成長する見込み
  • 未経験求人が多く転職してスキルを実践で身に付けやすい

ITエンジニアやデータサイエンティストよりも未経験に優しい求人が圧倒的に多いため、一番チャレンジしやすいかもしれません

デジタル・Webマーケターにはただ広告を流したりSNSアカウントで投稿するなど、作業だけでは仕事は成り立ちません

実際にマーケティングの企画から運用方法の提案など、幅広い知識とスキルが必要で、これらの仕事はAIにも代替されづらい企画の仕事だと言えます

10年後、それ以降でも仕事として成り立つ可能性が高いため、将来性も仕事やお金に困りづらいでしょう

未経験から挑戦できる仕事ではありますが、会社によってはマーケティングスキルをある程度知っていることが求められます

  • スキルまで身に付けて転職活動に踏み切る人は非常に少ない
  • 他の候補者がやっていない事をアピールできれば採用されやすい

デジタルWebマーケティング興味があるなら、実際マーケティングスキル身につけるところから始めましょう

未経験から挑戦できる職種でも、先に勉強していないからこそ選考に落ちてしまうこともあります

以下の記事ではWebマーケティングに興味をもったらやるべきことをご紹介しているので、参考にしてみてください

AIに代替されない仕事につく

将来性の高い仕事に転職することで、最短で将来性の高い仕事で働くことができます

特に以下の要素を含む仕事に転職できれば、今の生活水準を落とさず将来も仕事に困りづらいでしょう

  • 業界が着実に成長している
  • 市場価値が高まるため転職先が多い
  • AIに代替されづらい

具体的にどんな仕事であれば将来性があるのか詳しく知りたい方は、以下の記事も読んでみてください

ただ、わざわざ将来性のある仕事を調べずとも、エージェントはどんな仕事であれば将来性が高いのかを知っています

  • 多くの会社やビジネスの採用活用をサポートしてきた実績
  • どんな知見やスキルが将来性のある仕事に必要か知っている
  • あなたの経験やスキルをどんな業界で活かせるのかを分かっている

もちろん、自分で将来性のある仕事を調べて応募することもできます

しかし、エージェントを経由して企業に応募することで、以下のメリットを得られます

  1. 職務経歴書の準備を手伝ってくれる
  2. エージェントがあなた自身を企業に売り込んでくれる
  3. 会社ごとに面接準備を手伝ってくれる

エージェントは将来性のある仕事を提案してくれるだけでなく、転職に必要な職務経歴書や面接の準備も手伝ってくれます

あなた一人で転職活動をすると落ちてしまう面接でも、エージェントが改めて営業してくれることで採用してもらえることもあるんです

将来性のある会社を受けても、一人で転職活動をしていたがために選考に落ちてしまうこともあります

そうなる前に、エージェントに相談して転職理由から一緒に考えてもらい、相性の良い会社や求人を紹介してもらいましょう

以下の記事ではおすすめのエージェントをご紹介しているので、まずは3社のエージェントに会って、あなたに合いそうな会社や求人を教えてもらいましょう

【元プロが比較】おすすめ転職エージェントランキングと利用の流れを解説 未経験の業界・職種に転職するのにおすすめな転職エージェント比較16選!

まとめ

今回は将来無くなる可能性の高い仕事や無くなりづらい仕事、それらの特徴や違いをご紹介しました

将来なくなる可能性の高い仕事には事務員や銀行員、スーパーやコンビニ店員など、定型的な作業が多い仕事が多いでしょう

AIが苦手とするクリエイティブな仕事やマネジメント関係の仕事であればAIに仕事を取られる可能性が低く、将来性があると言えるでしょう

AIに代替されづらい仕事につくためにも、まずはAIに代替されづらいスキルを身に付ける必要があります

特に以下の3つの仕事に関係するスキルを身に付けることができれば、大幅な年収アップも見込めます

今の生活水準を維持できなくなる前に、早いうちから勉強を始めたりスキルを身に付けることがおすすめです

もし最短で将来性の高い仕事につきたいのであれば、エージェントに相談して将来性の高い会社や仕事を紹介してもらうことがおすすめです

以下の記事ではおすすめのエージェントをご紹介しているので、まずは3社のエージェントに会って、あなたに合いそうな会社や求人を教えてもらいましょう

【元プロが比較】おすすめ転職エージェントランキングと利用の流れを解説 未経験の業界・職種に転職するのにおすすめな転職エージェント比較16選!

こちらもおすすめ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です