記事内に広告を含みます

20代後半の転職は厳しいの?転職を成功させる方法やおすすめの職種TOP3をご紹介

こんにちは、Kumaです

20代後半の転職は厳しいと聞いて、転職活動に踏み切るべきか否か、悩んでいませんか?

せっかく活動するなら成功させたいし、焦って変な会社に入ったらキャリアを挽回するのにかなり時間と労力がかかるので、悩みますよね

今回はそもそも20代の転職が厳しいと言われる理由や20代から挑戦するのにおすすめな仕事を3つご紹介します

20代後半の転職が厳しいと言われる理由は?

20代後半になるとポテンシャルだけで採用してもらえず、フレッシュさとやる気をだけでは選考に通らなくなります

  • 20代前半が応募できる求人は専門知識よりも若さとやる気が重要
  • 20代後半になると、やる気も大事だけど成果も重要になってくる
  • 表彰など何かしらアピールできる成果があればアピールしやすい

社会人の年次が上がっていくにつれて、あなたの実績が採用するしないが決まるようになります

20代後半になると何かしらの成果を出すには十分な期間を過ぎてると考える企業が多いため、成果のアピールを求められるようになるんです

こんな人は20代後半の転職、厳しいかも?で失敗する4つのパターン

もし次のいずれかの条件にあなたが当てはまるなら、20代後半の転職は失敗しやすいので注意が必要です

  • 今の仕事が嫌で「とにかく辞めたい!」と思ってる人
  • 自分がやりたいことや得意なことがわかってない人
  • 将来性のない業界に転職を検討してる人
  • 転職回数が多い人

今の仕事が嫌で「とにかく辞めたい!」と思ってる人

今の仕事を辞めることが目的になっている人は今の職場から離れたいという気持ちが強すぎて、次の会社で何がしたいのか、将来何をするのかが分かっていない可能性があります

  • どんな仕事をしたいのかが不明確だと、知らぬ間に向いてない仕事をしてる可能性がある
  • 辞めたいと思うことは悪いことではない
  • 「次はどんな仕事をするの?」を考えることで会社選びで失敗しづらくなる

嫌な仕事を辞めるだけなら、いつでもできます

ただ、それを繰り返してしまうと、気がついた頃には転職したくてもできない状況に陥っている可能性が多いにあるんです

そうなった頃に「〇〇な仕事がしたいのに転職回数が多くて挑戦できない・・」なんて状況になってたら悲しすぎます

辞めたいという気持ちをきっかけに、「じゃあ、次はどんな仕事がしたいんだろう?」という質問を自分に問いかけてみましょう

自分がやりたいことや得意なことがわかってない人

やりいたいことや得意なことがわからないまま、なんとなく転職をしてしまうと向いてない仕事、やりたくないと思う仕事に就いてる可能性があります

  • やりたいことや得意なことを活かせる適職なら、頑張った分だけ成果が出やすい
  • 得意なことを活かせる仕事なら出世競争でも他の人に勝つチャンスがある
  • 嫌なことがあっても「〇〇がしたいから諦めない!」というモチベーションが持てる

人とのコミュニケーションが苦手な研究者に向かって「新規営業で知らない人にひたすら電話をかけて100万円の売上を作れ!「と言って目標を達成できそうですか?

嫌な仕事や苦手な業務ばかりしていても成功するイメージを掴めることはほとんどないはずです

むしろ、研究者ならこれまで力を入れていた研究で新しい発見をしてもらった方が、営業電話なんかよりもよほど利益を生み出してくれるはずです

とはいえ、これまで積み上げてきた強みさえ分からなければ、テレアポが向いてないことにすら気づかず、仕事を続ける人もたくさんいます

自分のやりたいことや得意なkとがわかってないで転職する人は、知らぬ間に負け戦に参加しているんです

将来性のない業界に転職を検討してる人

将来性のない業界に転職しても、給料や成果が上がりづらく、必要以上に苦労してしまうでしょう

  • 成長している業界で働けばお客さんから求められるので成果が出やすい
  • 斜陽産業だとなんとか売れる方法を創意工夫しないといけない
  • 成功する確率は低く、売上が薄いので給料も安くなりがち

20代からキャリアアップし続けるなら、成果を出しやすい環境に身をおくのが定石です

転職しながらキャリアアップしていきたいのであれば、成長してる業界を狙って転職するようにしましょう

転職回数が多い人

1回や2回なら良いのですが、転職回数が3回以上の人は転職活動に苦労します

  • 1社あたり3年程度在籍してないとジョブホッパーだと思われる
  • 採用企業としては、予算をかけて採用する以上すぐに辞めてほしくない
  • 興味ある会社があっても半分は転職回数を理由に断られる

Kumaは20代で3回転職していますが、3回目の転職活動から書類選考の通過率が一気に落ちました

面接ではそれぞれの会社の退職理由と志望理由をかなり深掘りされました

ただ、短期間で仕事を辞める理由は多くの人に理解されません

どんなにロジックを組んで説明しても納得してもらえない人には理解されず、採用見送りになります

もし次の転職が3回目、もしくはそれ以降なら、運が良くない限り、よほど人が足りてない会社じゃないと採用してもらえないことを覚えておいてください

既に2回転職していて、今の会社が「まあ、好きじゃないけど辞めるほど嫌いでもない」というレベルならまずは3年続けておくのがおすすめです

やりたい事があるなら、まずは自分1人でできるレベルから始めてうまく行くのか試すところから始めましょう

20代後半の転職を成功させるためにやるべき2つのこと

以下の2つをやっておくと、20代後半の転職を成功させやすくなります

  • 得意なことを分析する
  • 転職エージェントに通過率が高そうな求人を教えてもらう

強みや向いてる仕事を分析すること

転職して後悔しないためにも、得意なことを分析して向いてる仕事を明確にしておきましょう

  • 向いてる仕事とは、強みを活かせる仕事のこと
  • 得意なことなら普通に努力するだけで普通以上の成果を出せることが多い
  • 普通以上の成果を出せれば社内評価も年収も上がるのでキャリアアップしやすい

あなたの一番の強みは何ですか?

もし少しでもこの答えに窮するのであれば、まずはキャリアコーチングに相談しながら自己分析を行いましょう

特にこれまでの経験を活かして、今よりも活躍したいのであればあなた自身の強みを明確にする必要があるんです

私自身、最初は自分の強みが分からず、気づかずに合わない会社に入社してしまって1年以内に辞めてしまったこともあります

その後、なんとか働きながらも半年以上もの時間をかけて自己分析をした結果、自分の強みや向いてる仕事を分析することができました

今は自分の強みを活かせる仕事をしながら、自分がやりたいと思っていることに挑戦できている日々で、非常に満足しています

年収も100万円以上アップできたので、物理的にも前より余裕のある生活ができています

あなたも、もし20代後半の厳しい転職活動を乗り切りたいのであれば、自己分析をして強みや向いてる仕事を明確にしましょう

とはいえ、働きながら半年以上もの時間をかけて自己分析をするなんてめんどくさすぎるし、時間がかかりすぎですよね

私も振り返ってみると「なんて時間を無駄にしてしまったんだ・・・」と感じてしまうほどです

当時は最初、本やネットの情報を使って自己分析をしていたのですが全くうまくいかず、半年たっても自分に強みなんてないと本気で思っていました

その後キャリアコーチというものに出会って自己分析を手伝ってもらったところ、たった2か月程度で自分の強みや向いてる仕事を明確にできたんです

キャリアコーチに自己分析を手伝ってもらえば、最短で自己分析を終わらせることができるので、強みを分析したいけど時間はかけたくない人におすすめです

あなたは、どんな強みを活かせそうですか?

強みを明確にするためにも、まずはキャリアコーチに相談しながら自己分析をして強みや向いてる仕事を分析しましょう

特にポジウィルであれば最初の45分は無料で相談に乗ってくれたりコンサルをしてくれるのでおすすめです

興味がある方は無料相談に乗ってもらいましょう

>>【無料】ポジウィルに自己分析の相談する

転職エージェントに通過率が高そうな求人を教えてもらう

20代後半の厳しい転職でも無事に乗り切れるよう、転職エージェントに選考通過率が高そう、かつ将来性のある仕事や求人を紹介してもらいましょう

  • エージェントなら将来性のある仕事やあなたの経歴と相性の良い求人を理解している
  • 経歴や知見と親和性が高ければ選考通過率は高い
  • 非公開求人も紹介してくれるのでネットで調べる以上の情報をもらえる

昼間は働きながら空いた時間で求人を探したり職務経歴書などの書類を作るのってかなり手間ですよね

とはいえ、これから新しい仕事に挑戦したいという気持ちもあるし、今の仕事をずっと続けたいわけでもない

そうなると、できるだけ信頼できる人の手を借りて、最短で理想の転職を叶えるのが一番です

特にエージェントを頼れば、以下のようなメリットも享受できます

  1. 職務経歴書の準備を手伝ってくれる
  2. エージェントがあなた自身を企業に売り込んでくれる
  3. 会社ごとに面接準備を手伝ってくれる

特に職務経歴書などの書類は一度作ってしまうと修正することが少ないです

アピールするべき点が企業によって多少異なるにも関わらず、そのまま書類を提出してしまうことで想定よりも通過率が下がってしまうこともあります

エージェントを頼れば、修正が必要な段階で指摘やリマインドをしてくれるので、かなり助かる存在です

面接の準備も企業や求人によって進め方が変わりますが、その部分も含めてエージェントは助けになってくれます

一人で準備をしても十分な対策が練られず、せっかくのチャンスを不意にしてしまうかもしれません

そんな事態を避けるためにも、エージェントはしっかり活用しながら転職活動をしていきましょう

私の知り合いの中には、最初の転職で100社以上ものエージェントに会って、一番良いエージェントを選んだ上で転職活動に取り組んでいました

その結果、未経験の仕事へのチャレンジであるにも関わらず150万円以上もの年収アップで狙った通りの仕事に転職できていました

100社ものエージェントに会うのはかなり大変ですが、5社程度のエージェントなら会って相談してみて、一番相性の良かったエージェントを選べるかもしれません

以下の記事ではいくつかエージェントをご紹介しているので、ここの情報も参考にエージェントを探してみてください

20代後半で転職するメリット

20代後半で転職するメリットとして挙げられるのは以下の2つです

  • 異業種・異職種に挑戦しやすい
  • ポテンシャルをみて採用してもらいやすい

異業種・異職種に挑戦しやすい

20代のうちはなら異業種や異業界の仕事に挑戦しやすいので、やりたいことに挑戦できる時期ですが

  • まだ若いので新しいスキルや風習を受け入れる柔軟さがある
  • 未経験歓迎の求人は20代までの応募を望んでる事が多い
  • 30代になると未経験は歓迎されないので専門性は20代に決めておくのが理想

やりたいことに挑戦しやすいのは20代までです

せっかく転職するから、面白くない、苦手な仕事よりも興味を持てて得意なことを活かせる仕事につきたくないですか?

ポテンシャルをみて採用してもらいやすい

なんだかんだ言って、企業から見れば20代は投資すべきポテンシャルでしかないんです

  • 20代は社会人の中で一番柔軟に考えたり知識を吸収できる
  • 自社で活躍できるような素養のある人に自社で活躍するよう教育したい
  • 30代以降になるとマインドや考え方が固定される人が多い

深い専門性やたくさんの経験が無い人の方がが、採用企業に必要なスキルやマインドを吸収できます

20代後半から成果を求める会社もあるとはいえ、自社で長く活躍できる人を育成するためにも、20代までなら採用する会社も多いんです

20代後半から未経験で挑戦するならこの3つ!

20代後半から未経験で挑戦するなら、以下の3つの仕事を選ぶのがおすすめです

  • デジタル・Webマーケター
  • 営業職
  • ITエンジニア・プログラマー

デジタル・Webマーケター

デジタル・Webマーケターとは、GoogleやFacebookなどWeb上で集客する人を指します

  • 年々Web上で買い物をする人が増えてる
  • コロナ禍でさらに需要が伸び、業界全体が成長している
  • デジタル・Webマーケティングのスキルが身につけば業界関係なく働ける

特に最近はリアルでモノを買う場合でも、事前にネットやSNSなどで調べてから最終的にリアル店舗で購入する人うが増えています

つまり、実際に購買意欲を高めているのはネット上でのマーケティングなんです

デジタル・Webマーケターになれば、どのような人たちにどのような戦略でアプローチするのか、企画から実行・運用まで行えます

特に企画の部分はAIが弱みとしている部分なので、AIに取って代られる心配もしばらくはなさそうです

未経験でデジタル・Webマーケターを募集している会社もありますが、多くの場合は倍率が高く、無事採用されるまでに多くの人との競争に勝たなければなりません

最近では先にWebマーケティングの知識を勉強して一通りのスキルを身につけてからデジタル・Webマーケターの仕事に挑戦する人が増えています

勉強した人たちも未経験OKの求人に応募するので完全未経験の人は勉強した人に選考で勝ち抜けず、3ヶ月経っても内定をもらえずマーケターへの道を諦めてしまう人もいます

その3ヶ月を苦しむ期間ではなく、力をつけて確実にマーケターとして活躍する土台作りに使いませんか?

DMMのマケキャンであれば現役Webマーケターからマンツーマンでマーケティングの勉強ができるので、確実に現場で使えるスキルが身に付きます

ただ勉強スキルを勉強することもできますが、転職コースで勉強すれば実際の転職サポートまでワンストップで行ってくれます

マケキャンで勉強した人のうち、実に98%もの人が転職に成功しているので確実に現場で使えるスキルが身につくはずです

デジタル・Webマーケティングの仕事に興味を持てそうであれば、まずは具体的にどう勉強を進めていくのかを確認すると良いでしょう

無料で相談に乗ってくれるので、本当にスキルが身につくのか、転職できるのかを聞いてみましょう

>>Webマーケティングのスキルに興味がある

営業職

IT・Web系であれば業界全体が成長しているので成果を出しやすい

  • Webサービス系の営業求人は増加傾向にある
  • DX化が求められる今IT・Web系のサービスの需要が高い
  • 成長産業で営業をすれば普通に頑張るだけで普通以上の成果を出せる

せっかく営業として転職するのであれば、目標の売り上げ数字を達成してボーナスや評価に反映してほしいですよね

年収も社内評価も上がりやすいのが、IT業界などの成長産業で行うということなんです

もしIT・Web系の営業に興味があるなら、業界に特化しているGeeklyに相談するのがおすすめです

業界に特化して10年以上、9,000件以上もの転職支援をしてきたGeeklyだからこそ業界内随一の非公開求人数を誇っています

相談した76%もの人が年収アップもできているので、キャリアアップできる可能性が高いです

とはいえ、具体的にどんな求人に応募できるか見ないと、本当にキャリアアップができそうなのか分かりませんよね

無料で相談から転職サポートなど全てのサービスを受けられるので、まずは実際に話を聞いてみるところから始めると良いでしょう

興味があれば、以下のリンクから面談の予約をしてみてください

>>IT・WEB・ソーシャルゲーム業界への転職ならGEEKLY

ITエンジニア・プログラマー

ITエンジニア・プログラマーとは、ITシステムやWebサービスの中身を構築する人です

  • プログラミングスキルを持ってる人が日本で全然足りていない
  • まずは勉強してみてプログラミングとあなた自身の相性が良いか確かめられる
  • 仮にエンジニアに転職して活躍できなくてもSEやITコンサルタントとして稼ぐ道がある

今の日本ではIT人材が足りていないと言われており、業界内の需要が高まっているので学んでおいて損はありません

ただ、ITエンジニアに転職してすぐに活躍できるとは限りません

そもそも20代後半からITエンジニアの勉強を始めて、プログラマーの第一線として活躍できる人はほんの一つまみにも満たないでしょう

ただ、プログラミングを学んでおくことでITコンサルタントやSEとして働く道があります

ITコンサルタント、プロジェクトマネージャーとして働けば年収1,000万円を超えやすく、一般的に高収入を目指しやすいんです

もしITエンジニアやプログラミングに興味はあるけど、今更始めてもうまく行く自信がない、ということであればまずはプログラミングに触れてみることがおすすめです

Geek Job キャンプなら無料で勉強できるだけでなく、転職サポートまでしてくれます

とりあえず勉強を始めてみたい、という方も一度無料で相談に乗ってもらうと良いかもしれません

>>【完全無料】Geek Jobキャンプでエンジニア転職について聞いてみる

最低限のスキルや知識を身に付けて数年エンジニアとして耐えしのげば、ITコンサルタントという別の仕事にシフトできるチャンスがあるんです

注意しておきたいポイント

キャリアチェンジしすぎると専門性が高まらない

職種・業種を変えすぎると専門性を高められず、器用貧乏になりがちです

以下の2人のうち、純粋にスキルレベルが高そう、専門性が高そうな人はどちらですか?

Aさん:30代まで4つの会社で2年ずつ、営業や経理、Webマーケティングの経験を積んだ人
Bさん:1つの会社で8年間Webマーケティングの仕事をしてきた人

絶対に専門性で言えばBさんですよね

そして、この2人のうち、Webマーケティングの仕事を依頼したいと思うのはどちらですか?

これも、Webマーケターの経験が長いBさんの方が、成果を出してくれそうですよね

経験として様々な仕事をしておくのは、後々有利になる可能性が高いです

とはいえ、あなたは何が強みなのか、何ができるのかを明確にできなければ、キャリアでも選ばれづらくなるんです

20代のうちに何に専門性を置くのかを決めて、30代で経験を積んでいくことを意識しながら仕事選びをしてください

そうすれば、今はうまくいかなくても、後々になって花開く可能性が上がるはずです

求人に振り回されず、自分の軸を大事にする

あくまでも自分の転職の軸に沿った求人に応募するようにしましょう

転職活動で色んな仕事を探してると、興味を惹かれる求人ばかり目にして「どれに応募しよう」なんて悩みますのね

ただ、求人を作る人はマーケティングのプロで、求人を見ただけで興味を持ってもらえるように作っているんです

もしあなたが求人に興味を持っているのであれば、それは彼らのマーケティングが成功していることを意味します

より多くの人が自社に興味を持ってくれるように求人を作っているだけで、あなたが幸せになるために求人を作ってるわけでは無いんです

だからこそ興味を持った求人でもいざ働き始めると「そうでもないかも」なんて思うことも多々あります

求人に振り回されるのではなく、あなたが何をしたいのか、どんな仕事をしたいのかに基づいて仕事を探しましょう

本当に納得した会社に転職すること

本当に納得できる会社に入社しないと、1年後に「もっと違うとこ入ればよかった」と後悔することになります

転職活動で選考を進めていく中で「これもとりあえず受けとこうかな」と思って受ける会社ってありますよね

たまたまそんな会社から早く内定が出たら、まずは深呼吸をしましょう

当初転職活動を始めようと思ったきっかけは何ですか?

内定が出たその会社は、そのきっかけとなった問題を解決してくれますか?

ただ給料が今より上がるから、なんて短期的な目線で内定を受諾してしまうと、後で後悔するかもしれません

20代の転職を成功させるために

20代後半の転職は厳しいとはいえ、まだまだチャンスにあふれている時期です

未経験職種への転職も可能なので、やりたいと思ったことのほとんどに挑戦できる最後の時期です

転職を成功させるためにも、まずは自己分析をしてあなた自身の強みや向いてる仕事を明確にするところから始めましょう

ポジウィルなら自己分析だけでなく、実際に転職活動をする歳に必要な書類や面接の準備も手伝ってくれます

最初の45分は無料で相談に乗ってくれるので、仕事について少しでも悩んでることがあるならまずは話を聞いてもらうと良いかもしれません

一応以下のリンクから相談の申し込みもできるので、興味がある方は話を聞いてもらいましょう

>>【無料】ポジウィルに自己分析の相談する

あわせて読みたい記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です