転職に失敗したら人生終わり?クビになってどん底だったけどリカバリーできた方法を解説

転職失敗マン
転職失敗マン

4社目転職失敗…死にそう。人生終わったな…

転職失敗サン
転職失敗サン

初めての転職ミスったミスったミスった。
30歳でこれは人生詰んだかな

転職を数回ミスったことをきっかけに「うわ、もう人生終わった・・・」と絶望する人がとにかく多いです

私は20代で3回転職で失敗してその4社目で働く若輩者で、友達の8割は大手企業で順調にキャリアを歩んでる人ばかり

それでも「うわ、人生詰んだ」なんて一回も思ったことはないし、「むしろ人生これからだぜ」と謎のポジティブさを心に持って生きてます

今回は私が実際に転職で失敗した話と、なんとかリカバリーを図ってる方法をご紹介します

この記事を読めば転職で失敗してもリカバリーをして人生に満足できるようになるので、特に以下にあてはまる人はぜひ最後まで読んでみてください

こういう人は最後まで読んでみて!

・転職で失敗したら人生詰むだろうなあ・・・と思ってる人
・大手企業にいるからこそ転職するのが怖い人
・転職の失敗が怖くて一歩が踏み出せてない人

転職で失敗したら人生終了は嘘!全然関係なかった!

転職に失敗したとしても、そこで人生が終わることはあり得ません

転職に失敗しても人生は終わらず、続いていきます

なぜならバリバリのエリートキャリアを歩んでなくても生きてる人がほとんどだから

Kumaだって20代で3回も転職に失敗してますが、それなりに楽しく生きてるし好きなことに毎日取り組めてます

転職に失敗したぐらいで人生は終わらないんです

転職した11.4%もの人が転職を後悔してる

(出展:https://www.mhlw.go.jp/toukei/list/dl/6-18c-r02-2-03.pdf)

厚生労働省の調べによると転職者全体のうち11.4%もの人が後悔してます

特に給料や労働時間に不満をもつ人の割合が多く、入社後でも「もっと良い会社があるはず・・・」なんて思う人が多いです

  • 給料に不満もつ人の割合:27.1%
  • 労働時間に不満をもつ人の割合:16.3%

給料が低い職場や仕事に自ら転職していくと生活に余裕がなくなるので、日常的に窮屈さやみじめさを感じることが増えます

責任は変わらずもたないといけない分、仕事への不満は増えるし人生が詰んでいくのも納得です

転職活動に失敗して本当に人生終わりになる人の特徴3選

転職活動に失敗して本当に人生が終わる人には以下のような特徴を持ってる人が多いです

  • やりたいことや強みを理解せずに転職活動を始める
  • 応募する業種や職種への理解が薄い
  • 1人で転職活動をする

やりたいことや強みを理解せずに転職活動を始める

やりたいことや強みを理解せずに転職活動を始めると、応募する求人選定に失敗します

今の仕事を辞めたい理由って何?

  • 違う仕事に挑戦したい?
  • 将来性のある業種に入りたい?
  • 人間関係がもっと良い場所で働きたい?

いずれにしても、あなたのやりたいことや強みを発揮できる場所じゃないと、結局苦しみます

やりたいことや強みを明確にしない一番の問題点は「90%の確率で次の会社で活躍できない
」ということ

仕事で活躍して評価されるには、仕事で成果を出さないといけない

けどその仕事が本当にやりたいわけじゃない、活かせる強みが分からない、という状況だとライバルに負けてしまう

なぜなら、仕事の習熟度や成果を出す上で必要な能力を身に付けるには以下の方程式が必要だから

仕事の習熟度=熱量×時間×向き不向き

  • やりたい仕事じゃないと自分から勉強しにいけない、時間をかけなくなる
  • 得意なことを活かせないと熱量は上がらないし向いてない仕事の可能性が高い

仕事の習熟度が上がらないと社内で成果を出せません

成果を出せなければ社内で評価されないし、評価されなければ年収も上がらない上に人間関係だってまた悪くなる

違う仕事に挑戦するにしても、将来性のある業種や職種に挑戦するにしても、人間関係の良い会社に入るにしても、やりたいことと得意なことを理解しておくことが必須

なのにやりたいことも向き不向きも考えずに転職したら、90%失敗します

10%の確率でまぐれ当たりがあるので、試したい方はどうぞ・・・

90%の確率で転職に成功したいなら、自己分析をしてやりたいことと得意なことを明確にしておく必要があります

とはいえ、自己分析に半年も1年もかけてられない最短で最高の転職がしたいと思うのも当たり前

私も本やネットの情報で自己分析をしていたことがありますが、半年たっても自分のやりたいことや強みが全くわかりませんでした

本やネットの情報での自己分析は完全に失敗してるので、マジでおすすめしません

その後に活用したのが、キャリアコーチング

キャリアコーチングとはあなたのキャリアを解決するために自己分析をサポートしてくれるサービスです

キャリアコーチングを活用した結果、なんと3ヶ月程度で自分のやりたいことや強みを明確にできました

1人で自己分析をしていた時は半年たっても何も分からなかったから、結果が全くもって違いますね・・・

その後の転職活動は1か月程度で済んだし、確実にマッチ度の高い転職活動をするならキャリアコーチングを活用しましょう

キャリアコーチングには唯一問題点があって、それは自分からコーチング必要を払わないといけないこと

30万円以上の料金がかかるので、金で時間を買う感じはあります・・・

しかし30万円分のキャリアコーチングを、無料で受ける方法があります

それは以下のリンクから「初回無料コーチング」を受けること

マジキャリなら自己分析のサポートから転職支援までワンストップで支援してくれるので、転職成功したい人は必見

キャリアコーチングに加えてかのリクルートで使われてたノウハウを詰め込んだ転職支援も受けられるので、一石二鳥です

無料コーチングには1分で申し込めるので、サクッと申込をしちゃいましょう

【公式】1分でマジキャリの無料コーチングに申し込む

応募する業種や職種への理解が薄い

転職先のイメージを持たず、とりあえず転職活動をすると次の転職活動も絶対に失敗します

どんな仕事や会社で働きたいか決めずに転職活動を始めるということは、何がしたいか分からないけどとりあえず街に繰り出すようなもの

けど何をしたいか決めないと本当に楽しめないし、後から「こういうことがしたい!」と思ったら無駄な移動を挟まないといけなくなります

正直大変だし必要以上に苦労します

何より、うまく行く保証だってありません

目的を決めずに転職活動をするといろんな「おもしろそうな求人」に振り回されます

バラバラの職種や企業に応募して志望動機や転職理由など面接準備を毎回しっかりやることになります

これは転職活動は絶対に難航する原因です

仮に内定をゲットしたとしても「なんか、思ったのと違うなあ」と思ってまた転職を考え始める羽目になります

その結果、「応募した会社や仕事とのミスマッチ」が起きる

これだと無駄に転職回数を重ねてしまって、本当にやりたいことが分かったとしてもその頃には身動きが取れなくなってるでしょう

転職できず、やりたいことに挑戦できずに終わってしまいます

そうならないためには自分がどんな仕事に挑戦したいのか明確にして、応募する会社や仕事への理解を深める必要があります

自分がどんな仕事に興味があるか明確にするには自己分析が必要

自己分析をすることで自分の得意なことや好きなこと・興味をもってることを明確にできます

一番おすすめなのはキャリアコーチングを駆使して自己分析すること

キャリアコーチングとはあなたのキャリアを解決するために自己分析をサポートしてくれるサービスです

逆に、絶対にやってはいけないのは1人で本やネットの情報を参考に自己分析をしてはいけないということ

なぜなら非効率的で無駄に時間がかかるから

Kumaは本とネットを駆使して自己分析をしようとしたら、6か月以上かかって何も分かりませんでした

一言で言うと、1人での自己分析は完全に失敗・・・

あなた自身がやりたいことや得意なことを明確にするなら、キャリアコーチングを活用して最短で終わらせるのがベストです

マジキャリなら理想のキャリアを歩むための自己分析を支援してくれます

代表が元リクルートなので、自己分析だけでなく転職エージェントとしての知見もあります

自己分析が終わった後は転職の進め方や求人の探し方、書類や面接の対策まですべてサポートしてくれるんです

転職を見据えた自己分析したいなら、マジキャリ一択です

とはいえ、キャリアコーチングをお願いしようと思うと本来は30万円もします

ちょっとハードルが高いのも事実・・・

以下のリンクから初回コーチングを申し込めば、30万円もするキャリアコーチングを無料で受けられます

申込までたった1分で終わるので、自己分析を最短でやってみたい人はサクッと申込

【公式】1分でマジキャリの無料コーチングに申し込む

そして応募する会社や仕事に対する理解を深めるなら、転職エージェントとの連携は必須です

なぜなら応募先企業の人事や事業責任者と直接話してるのも転職エージェントだから

エージェントは採用企業から以下の情報を直接もらってます

  • なんで採用をしてるのか?
  • 入社したらどんな仕事をするのか?
  • どんな作業をする時間が一番多い?
  • 年収はいくら?昇進したらどれぐらい上がる?
  • 会社や事業はどういうフェーズ?
  • 仕事で一番しんどいのはどの業務?なぜ?
  • 一番やりがいを感じるのはどういう業務?
  • どういうお客さんが多い?

こういう情報があれば、会社の中で応募する仕事がどんな立ち位置で、何をする仕事なのか理解できますよね

あなたは、1人で転職活動をする時にここまで質問できそうですか?

実際、ここまで全て確認するのは割と大変です

答えてもらっても「だから何?」という情報も渡されたりするので、情報処理が追い付かないのはあるある

転職エージェントであれば事前にこの辺の情報を確認できるので、応募する求人を厳選できます

結果、最短ルートで転職活動が進む

特にdodaなら10万件も求人を扱っていて、取り扱い業界は20を越える

その分だけ企業にノウハウが蓄積されてるので、面接対策で特に助けになる

求人のリサーチ・紹介、書類の準備から面接対策まですべてやってくれて、完全無料です

ノウハウを聞きに行くだけでも十分価値があります

登録は1分で終わるので、まずは最初の面談で転職の悩みを伝えてみましょう

>>【1分で登録】dodaエージェントサービスで情報収集を始める【完全無料】

doda転職エージェントの評判はどう?実体験と実際の口コミを徹底解説

1人で転職活動をする

1人で転職活動をするのは論外です

絶対にエージェントを活用しましょう

なぜなら得られる情報量が圧倒的に違うし、転職活動を進める上でかかる工数を70%以上カットできるから

エージェントは長期的に採用企業と付き合いがあって、その期間は年単位に上ります

それだけ一緒に仕事をしていれば営業とお客さんという関係でも採用に関する悩みを共有できる

本音で話せる相手だからこそ、仕事の話になった時でも正直ベースで会社の状況や仕事の内容を教えてくれる

仮にあなたが面接でいろんな質問をしても、会社の事情で全ての情報を伝えられないかもしれない

採用企業とたった1日の付き合いのあなたと、1年以上も付き合いのエージェント

どちらの方が情報をもらえそうですか?

さらに言うと、転職エージェントはあなたの代わりに転職活動で必要な作業を肩代わりしてくれます

エージェントを頼らずに1人で転職活動をする場合、以下のタスクをすべて仕事と並行しながら勧めないといけません

  1. 履歴書・職務経歴書の作成
  2. 応募する求人の条件絞り込み
  3. 求人の検索・応募
  4. 企業の調査
  5. 面接の準備
  6. 書類・面接の状況管理
  7. 内定受諾後の条件や働き始めのタイミングの交渉

仕事をしながらだと家に帰ってご飯を食べたら、毎日1時間から2時間は転職活動に食われる計算

しかしエージェントを活用して仕事を探せば、仕事で疲れ聞いて帰った後にあなたがやらないといけないのは以下の3つだけになります

  • 職務経歴書一部作成(作成を手伝ってくれるエージェントが多い)
  • 面接の応募・準備(エージェントが準備を手伝ってくれる)
  • 内定条件の希望を伝える(交渉は不要)

1人で転職活動をしたとして、上で紹介した7つもの作業をすべて自分ひとりで出来そうですか?

今の仕事をこなしながら転職活動をしようとすると、どうしても転職活動に使える時間は限られる

だからこそ、有益な情報を得ながら、必要な準備や作業を手伝ってもらいながら転職活動を進める必要がある

dodaはエージェント業界でも最大手、これまで何万人、何十万人もの転職支援をしてきた

業界随一のノウハウが蓄積されてるので、スムーズな転職活動を実現できるよう手伝ってくれる

求人のリサーチ・紹介、書類の準備から面接対策まですべてやってくれて、完全無料です

ノウハウを聞きに行くだけでも十分価値があります

登録は1分で終わるので、まずは最初の面談で転職の悩みを伝えてみましょう

>>【1分で登録】dodaエージェントサービスで情報収集を始める【完全無料】

Kumaの転職失敗の実績

Kumaはこれまで、以下のような転職失敗をしてきました

こんな調子でも元気に生きてるし、まだ人生終わってない、と思いながら仕事を頑張れてます

これを読んでくれてるあなたも、一緒に頑張って前に進んでくれたら嬉しいです

  • 20代で3回転職、いずれも狙い通りの会社に入れなかった
  • 転職するも8か月でクビ!転職失敗してマジでどん底

20代で3回転職、いずれも狙い通りの会社に入れなかった

今Kumaは20代後半ですが、すでに3回転職していてその全ての転職で狙い通りの会社に入れてません

私の中で、以下の条件を半分以上満たせない転職は失敗だと定義づけています

  • 入りたい業界に入れなかった
  • 就きたかった仕事に就けなかった
  • 絶対に満たしたいTOP3の労働条件がどれも満たされてない

Kumaの2回目の転職で理想としていた転職と実際に行った転職は以下のとおり

目指してた転職

人材系の仕事で人のキャリアの悩みに寄り添える仕事
転職先に求める3つの優先順位は上から:
①転職者のキャリアの悩みに寄り添った提案をすること
②やりたいことを見つける支援をすること
③英語を使えること

実際にした転職

・人材系の転職エージェントのコンサルタントに転職
・求人のセールスに力を入れていて悩みに寄り添えない
・転職者が今できることをベースに求人提案
・社内公用語は英語

私が希望していた転職の条件を1つしか満たせていないので、完全に転職に失敗してますね・・・

転職するも8か月でクビ!転職失敗してマジでどん底

一つ上で紹介したエージェントへの転職ですが、実際に転職したら8ヶ月でクビになりました

会社と経緯は以下のような感じです

  • 外資系の転職エージェント、未上場で当時は50人ちょっとの会社
  • 数字に超シビアで3ヶ月ごとの成績をもとに昇進・昇給が決定
  • 1年以内に一定の売上がないと役職ダウンか解雇

私はなんとか最低限の数字を作りながらひいひいがんばって働いていました

基本的には朝9時半から夜10時ぐらいまで働いていて、見込み残業なので残業代は実質出ません

それでもキャリアの仕事で成果を出したかったので、時には週末に転職したい候補者探しや担当できそうな求人をリサーチしていました

しかしなぜか社長から目をつけられて「お前の態度が気に食わない」という謎の理由で、ある日突然クビにされました

有給消化する暇さえなく、クビを宣告されたその日が最終出社日

ポカーンとしたまま、とりあえず友達に連絡をして遊びにいくしかやることが浮かびませんでした

私はすでに結婚しているのですが、これが起きたのが結納があった次の日で、本当に地獄

奥さんのご両親に電話をかけてとりあえず謝罪して、次の仕事を突然探す羽目になりました

なんとか1ヶ月ちょっとで今の仕事の内定を獲得できましたが、今振り返ってもあんな経験はもうしたくないですね・・・

Kumaは20代で3回も転職に失敗!人生狂った?後悔してる?

私は転職をして後悔したことが全くないわけではありませんが、死ぬほどやり直したいと思うことはありません

なぜなら、実際にキャリアコーチングを受けて転職先に求める軸を決めていたから

Kumaは思い通りの転職ができなかった、という意味では3回転職に失敗してます

しかし一番直近の転職では完全に転職に失敗したわけじゃないので、それなりに満足して仕事できているんです

私が理想としていた転職と実際にした転職はそれぞれ以下のとおり
(キャリアコーチングで決めた軸)

目指してた転職

・エージェント以外の仕事で人材系の商材を扱うコンサル職
・転職先に求める3つの優先順位は上から:
・希望の業界もしくは職種に転職すること
・英語を使えること
・給料はできればUPすること

実際にした転職

・エネルギー系の外資系メーカー営業職
・英語は使える
・給料はUPした
(しかもワークライフバランスが良い)

一見、業界も職種も希望していたものとは違うんで、やはり大滑りしてるように見えます

しかしこれまでの転職と比べても段違いの満足度です

自分が希望した3つの条件のうち2つは満たしてるし、残業が少なくて済むので自分がやりたいことに挑戦する時間もあります

やりたいことに挑戦する時間がある分、希望していた業界に行けなかった不満を解消できてるんです

もしキャリアコーチングを受けてなかったらこんなに軸が明確じゃなかったので、完璧な条件の会社に入れないというだけで絶望していたはず・・・

そういう意味では、今の働き方が今すぐに取れる一番良かった選択しなのだと、今感じてます

30万円かかる自己分析を無料で!今から転職して一発逆転する方法とは?

「次はマジで失敗できない・・」と思うなら、まずはキャリアコーチングを活用して自己分析をしてください

まずはあなたが次の会社に求める条件をクリアにする必要があります

自己分析は失敗する人の特徴を覆すウルトラC

今ならまだ間に合います

自己分析を確実に終わらせるなら、キャリアコーチング一択です

本やネットの情報を駆使して自己分析をしてもやりたいことも得意なことも分析できず、失敗に終わる可能性が高いから

Kumaは実際に本やネットの情報を使って自己分析をしたけど、6か月かけたのに何も分からなかったんです

その後、悩んだ末に受けたキャリアコーチングではたった3ヶ月で自己分析が終わりました

本やネットの情報を駆使した自己分析は、以下の2点が原因でうまくいきませんでしたね・・・

  • 分析に詰まった時に相談できる人がいない
  • 間違った方法で自己分析をしても気づかない

本やネットの質問に対する答えをノートに回答していくんだけど、以下のようなことで悩むことが多いです

  • このまま進めて本当に分析できるのかな
  • この質問、こういう答え方で大丈夫なのかな
  • この質問はどういうことを振り返ってほしいのかわからないな

1人で自己分析をしてると、こういう疑問が湧いても解消できずに質問に答えていかないといけません

そうなると自己分析の結果がうまく分析できないし、途中で挫折してしまう原因になります

結果、自分のやりたいことがよく分からず、なんとなくで転職してまた失敗する人も・・・

キャリアコーチと二人三脚で自己分析ができれば、いつでもチャットで質問できます

どんなに細かい疑問でも気軽に質問・相談して答えを返してくれるので、間違った自己分析結果は出ないし挫折もありません

本やネットの情報だと細かい内容を間違って理解したせいで、間違った自己分析をしてしまうこともありえます

間違った手順に自己分析をしてしまうと思うように自分の得意なことややりたいことを言語化できず、結果に満足いきません

例えば、Kumaが1人で自己分析をしていた本に載ってる手順通りに、書いてある質問にひたすら答えていったとします

「やっぱ自己分析なんて意味なかった」「本当に自分にはやりたいことがないんだ」と感じて転職軸を設定できずに終わってしまう

キャリアコーチと二人三脚でなら、間違った方法で自己分析をしていてもすぐに軌道修正してくれる

具体的にどの部分で間違えて、本当はどのように進めたら良いのかまで教えてくれる

だから確実に自己分析を終わらせることができる

もっと言うと、マジキャリなら自己分析から転職活動の支援までガッツリやってくれる

わざわざエージェントに連絡せずとも、求人選定のサポート、書類作成や面接準備まで全部手伝ってくれる

自己分析も転職支援も、オールインワンで手伝ってくれるので、めちゃくちゃ楽をしつつ最大限の成果を得られるんです

1つデメリットを挙げるなら、通常マジキャリのキャリアコーチングを受けるのに30万円ほど費用がかかります

キャリアコーチはあなただけのために、あなたの自己分析から転職支援をしてくれる存在

採用企業から売上金をもらうエージェントとは違うので、こればかりはどうしようもないです

しかし、以下のリンクからコーチングに申し込めば、30万円払って受けるコーチングを無料で受けられます

30万円もするコーチングを無料で申し込むのに必要なのは、たった1分という時間だけ

「もう転職失敗したくないな・・」と少しでも思うなら、1分でサクッと申し込んでおきましょう

【公式】1分でマジキャリの無料コーチングに申し込む

転職失敗したから人生詰んだ・・・なんて思う必要は全くない!

転職に失敗したからもう終わり・・・なんて思う必要は一ミリもありません

「ヤバい!」と思った今こそ、行動と未来を変えるチャンスです

次の転職さえ成功させれば、そこから這い上がれます

そのためにはまず、自己分析をしてあなたがどんな会社でどういう仕事をしたいのか決めるところから始めましょう

本やネットの情報だとあまりにも非効率的、かつ不確実なのでおすすめしません

自己分析のプロであるキャリアコーチを頼って、最高の転職に繋がる自己分析をしましょう

マジキャリなら自己分析の支援だけでなく、転職支援まで一気通貫でやってくれます

求人の選び方や書類の準備、面接の対策まで全てコンサルしてくれるので。内定獲得まで頼りになる存在

本来は30万円という費用が必要ですが、以下のリンクからアクセスすれば初回コーチングは無料で受けられます

「もう転職失敗したくないな・・」と少しでも思うなら、1分でサクッと申し込んでおきましょう

【公式】1分でマジキャリの無料コーチングに申し込む

あわせて読みたい記事!

20代の転職回数が3回以上だと人生終わり?転職活動で逆転する2つのポイントを解説 20代で3回も転職に失敗したKumaの末路【転職失敗談】 【実体験】転職成功者に聞いた、転職に失敗しないための4つのルール

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です